愚石庵

日々思う愚にもつかぬところをぼちぼちと。毎日更新だけが取り柄。

冬トマト

2016年12月13日 | 

師走の雨。

シトシトと冷たく降っている。

ここしばらく、最低気温が一月並みとか。

そんな中、春に植えたフルーツトマトがまだ青い実を付けている。
2日前の姿がコレ↓

    

ちょっと大きめのミニトマトサイズ。
このまま、畑で赤くなるのは無理。

畑で霜に当たるともうアウト。

この段階で収獲して暖かい部屋の窓際に二週間ほどおくと赤くなる。
当然、盛期の味には遠く及ばない。

それでも捨てがたい。出来るだけ長く畑で育って欲しい。(^^;

一方では早く撤去して畑を耕したい欲求に駆られながら、このトマトに防寒のビニールを被せるってのは
オシッコを貯めて貯めて最後に排尿する快感を求めるのに似ている?

ん?ぜんぜんちゃうか。(笑)

とにかくは断捨離と戦う八ヶ月トマト。
老いの頑張りにも似ているね。(^^;

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 疑う | トップ | 俺の話を聞けぇ~ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
冬の000 (リチャード)
2016-12-14 23:11:58
 冬の動物園という向田邦子のエッセーがありました。
その言葉に惹かれて王子動物園にいったことがあります。
アフリカの動物たちが、しょぼくなっていた。
冬と夏っぽい言葉を組み合わせるとスパークして火花を散らす。
冬の花火、冬のハワイアン、冬の海水浴、冬のバーベキュー,冬の冷やし中華、冬のお化け屋敷・・
最近は、コンビニにアイスクリームがあるし、季節感が失われてますが・・。
 (リチャードさま/愚石)
2016-12-15 17:23:08
冬のリビエラってのもありましたね。(^^)
冬のリビエラ男ってやつは、、と言う歌詞。
好きです。(^^)
あ、そんな話じゃなかったね。
嫌だねえ、年寄りは。(^^)

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL