愚石庵

日々思う愚にもつかぬところをぼちぼちと。毎日更新だけが取り柄。

6月9日

2017年06月09日 | Weblog

梅雨晴れ間と言うべきか、実はまだ梅雨には早いのか、
とにかく入梅宣言すると雨は降らないという如く晴れていた。

トマトが鈴なりなれど、まだ色づくには時間がかかる。

    

夜になって、半年前に録画していた番組を見ていたら
太田和彦氏が阿倍野界隈を歩いていた。

あの明治屋では日本三大名居酒屋と思いっきり持ち上げていた。(^^;

続いて訪れたのが、これまた知る人ぞ知る名店、スタンドアサヒ。

ここは、何度か行ったが、確かに素晴らしい。
安心してお勧め出来る。(^^;

しかし、ハードディスクに半年も録画を保存したまま見ていないって、どうよ。

さすが、物持ちが良いというか、断捨離出来ない質というか、、。(^^;

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コリアンダー | トップ | 晴れ続き »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
守破離 (リチャード)
2017-06-10 09:08:29
 明治屋はうわさに聞く名店です。再開発でビルに移転しても、そっくりの店のたたずまいを移したとか。アサヒスタンドもうわさだけ。
そぞろ歩きという言葉がありますが、大阪はそんな繁華街の一角がおおい。

 断捨離ということばは、どうも守破離ということばを下敷きにしたというか、パクッたように想像します。
師の教えや手本を守り、やがて定型を破り、自分らしさを生み出していく。書道の道筋はこの通りで明確な感じですが、絵も同様だと思います。手本に還ったり、手本を出たり、結局自分らしさを出すまで格闘です。
ここに、好みの問題がからんできて話はややこしい。ははあ、なかなか上手だな、でも好みじゃないというやつ。
好みというのはなんでしょうね、我執のような気もしますが・・

評価 (リチャードさま/愚石)
2017-06-10 15:13:44
芸術の評価は誠に微妙。
時代の流行というのもあり、大衆受けしないものは
当初、全く評価されず、
のちに、多大なる賞賛をえたりする。
よく分からない世界。
自分が好きならええやん、とはなかなかいかない。(^^;
技術はきっちり評価される。
結局は地道に職人?の訓練を受けた人のみが
新しい世界に足を踏み入れられるってことでしょうかね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL