愚石庵

日々思う愚にもつかぬところをぼちぼちと。毎日更新だけが取り柄。

晴天続き

2016年11月05日 | Weblog

ここしばらく、晴の日が続く。

この時期毎年咲いていたこの花。年々歳々だ。(^^;

    

ハナカタバミと言う名を教えられたのはこの画像をUPしたから。
それも七年も前のこと。

今年はついにこの花を見ることはなかった。
撤去されてしまったから。(T_T)

冬には綺麗に枯れて、跡形もなくなり何もしないのに
いつの間にか毎年時期が来るとまた青い葉をだし、秋にはピンクの花を付ける。

なかなか優秀な宿根草だ。

同じ月によそ様の洒落た鉢植もUPしていた。

    

同じ花でも飾り方で随分趣が違う。

額縁によって絵の印象が変わるようなことか。

これも絵心やねぇ。(^^;

男はなかなかこんな芸はできませぬ。
なにしろ、花より団子ならぬ花より野菜植えるもんね。(^^;

あ、野菜の鉢植も結構絵にはなりますぞ。いずれまた。(^^;

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今どきの乗物 | トップ | 過去ログから »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (キャサリン)
2016-11-06 09:15:04
畔とか土手にメロンパン様式で咲いているのを
よく見ます
私もこの花が好きで、家の草採りの際残すように
していますが、なかなか増えません
2枚目の写真のようにすれば、素敵ですね
深夜食堂 (リチャード)
2016-11-06 12:57:10
 飾りかたによって花の印象が変わる、額によって絵の印象が変わる、御意でございます。
処世の要諦のようにも思います。
 人の印象は、自然な構え(顔つき、表情)でほぼ決まる。額みたいなもの。ついでに話し方や話す内容で確定。その人の評価は、かなりの程度動かぬものになる。あまり時間を要さない。今さら努力しても遅いが・・
 YOU TUBEで「深夜食堂」というのを見てます。食堂という額の中に、いろんな人の哀歓が、絵のように入っては、また入れ替わる。食堂の主人が額といってもいい。額は、前に出てはいけない。ワキに徹すことで絵が活きる。

増やす (キャサリンさま/愚石)
2016-11-06 21:16:46
この花の名はハナカタバミとキャサリンさんに教えて貰ってもう七年。
まだ二・三年前の事と思ってたんですがね。
時の経つのは、というより年を取るのは早いです。(^^;
これを増やすには株分けしていけばいいのでしょうが、
種で増えたりしませんかね。
急に飛び地に出現することがあるので、種じゃないかと思うのですが、、。
印象 (リチャードさま/愚石)
2016-11-06 21:24:23
顔つきや表情は、所謂第一印象という評価の対象ですね。
話し方や話す内容は、第二印象。
ま、この両者でほぼ決まりでしょうが、
何年も経ってからやっとその人の凄さが分かると言うこともあります。
死んでから分かることも多い。
特に親は。
見えてるようで見えてないことがいっぱいあるんでしょうな。

深夜食道は小林薫の出てる奴でしょうか。
見たことはないのですが名前だけは知ってます。
小林薫は先日あさイチに出てました。
なかなか渋い役者さんです。
しかし、ベトナムで見れるのって隔世の感一入です。(^^;

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL