愚石庵

日々思う愚にもつかぬところをぼちぼちと。毎日更新だけが取り柄。

冠婚葬祭

2017年04月04日 | Weblog

このところ所謂冠婚葬祭に接すること多々。

いつの頃からか、虚礼廃止の波はこの分野にもおしよせ
結婚式はひっそりと、時には家族だけハワイでとかになり
お葬式も文字通り家族葬というこじんまりした式が激増。

その基盤になっているのが経済観念ではないかと思う。

盛大なる結婚式、葬式は偉大なる無駄遣い!
そんなカネがあるなら他に回した方が利がある、という論理。

が、考えてみなくても、人生において自分が主役になれる場面はそう多くない。
この二つは、誰にでも機会が与えられる完全主役の場なのである。

そんな機会をカネがかかるからと言う理由で規模縮小するのは
あんさん、それは心得違いってもんでっせ、と言いたい。(^^;

そもそも、冠婚葬祭に出席するものは手ぶらでは来ないのだ。
ここに互助精神という社会の知恵があった。

然るに、葬儀において香典辞退という妙な風潮に乗って、折角の互助システムを
抹消してしまう流に知ってか知らずか加担しているのである。

勿論、主役といっても結婚式と違って葬儀は、そのことを本人は知り得ない。
本人は知り得ないが、それをとりおこなう家族は主役の代行をする。

そして、やがて自分が同じ主役になり、同じように誰かに代行して貰う。
これは時間差主役を演じているのであり、主役と同等ではないか。

カネがかかりすぎると言うのには、やり方の工夫というものがあるはず。
大きな事をするのはしんどい、と言うのはただの怠慢。(^^;

大きな事を多数の人に集まってもらってやり遂げることがどれだけ貴重な体験となり
以後の生活の糧となるか、ということをもっと次の世代に声を大にして言ってやらないと
不親切というものじゃないか。

と、年寄りが斯様におもう火曜の夜ではあった。(^^;

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不知火 | トップ | 非結婚率 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ベトナムは盛大な冠婚葬祭 (リチャード)
2017-04-05 05:47:43
 いやあ、まさに正論です。結婚式や葬式をケチってどうする。個人の祭礼にしてどうする。
派手にすることはありません、質素でやればいい。それはケチとは違う。
しかし他人をシャットアウトして、身内だけでやろうというのは大きな勘違い。
人は助け合いながら生きている。それを確認する場が結婚式や葬式。けじめであり、無駄とは違う。
 冠婚葬祭を縮小するという背景に人間関係の崩壊もあるように思う。
婚活といって民間企業の設定したお見合いの場に若者が集まるという。事前に履歴書で年収、勤務先などを教えあうという。伴侶の見つけ方としてセコイ、あさましいと思う。
昔は、世話好きのおじさん、おばさんがいて見合いの話を持ってきた。「ええ人やで」とアバウトな勧め方で。今じゃよけいなお世話です。
 昔は葬式でも家族葬などにするものなら、「何でワシを呼ばなかったんじゃ」と怒鳴り込むおじさんや友人がいたような空気があったように思う。家族葬や家族結婚式がしたくてもできなかった。
みんなの祝福をいらないと自ら宣言するような人はさびしい~~。

 団塊の世代は、個人中心、私中心で動いてきたが、世の動きは振り子のようなもので、皆重視、仲間重視に戻るのでは・・
 自分だけの幸せ、身内だけの幸せの追求、そんな幸せはパッチものやと思います。


Unknown (キャサリン)
2017-04-05 08:06:55
結婚式は派手な方が断然いい!!
喜び事は大勢で喜びましょー!

葬式は来る人、拒まずですから
その人その人の、人生の集大成ですからね
やはり大勢の人に参列して頂ければ
残された者にとって、少しは慰めになると
思っています
・・・が、自分のことになると、家族葬が
いいなぁ~と思ってます
その心は・・・私は友が少ないから・・・
主人は友や知人の多い人なので、
主人より私が先だったら、寂しい思い
をさせるし、残された主人に少しでも
老後の資金を残さねば・・・などの理由から
家族葬を強く願っている私です
社会性 (リチャードさま/愚石)
2017-04-05 22:09:23
同意頂きうれしいです。(^^;
「人は助け合いながら生きている。それを確認する場が結婚式や葬式。けじめであり、無駄とは違う」
まさにその通りですね。
いつの頃からか、自分が一人で生きているような気になっているみたい。
経済発展と共に個室化が進んだことと無関係とも思えません。
三世代同居が珍しくなった事とも無縁ではないでしょう。
「世の動きは振り子のようなもの」という
お言葉に、一縷の望みが、、。(^^;
家族葬 (キャサリンさま/愚石)
2017-04-05 22:13:37
家族葬を強く願う!?
あきまへんがな。
身勝手の象徴です。(^^;
自分など誰も手を合わせてくれないだろう、
との思いこそ身勝手だと私は思います。
日頃、あまり親しくなかった人でも
亡くなられたと聞くとお焼香させて頂きたかったと思うことは多々あります。
その気持ちをこちらからシャットアウトするって如何なものかと、、。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事