広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私的勝手に2016ドラマベスト8

2016年12月31日 | 日記
今日は2016年12月31日大晦日。
2016ドラマランキング、今年も勝手にやらせていただきます。
2016年のランキングを作成するにあたり、上半期を見直したのだけれど、
あれも良かった、これも良かったと思い出し、
また最近も面白いドラマがいくつかあったので、とても迷っている!
なので、今回はベスト5からベスト8に増やしました。
このブログ、見てる人なんていないだろうけど、これは私の大晦日の恒例行事。
ではさっそく、、


第8位

「昼のセント酒」(2016年4月10日~6月26日)
原案が孤独のグルメの原作の人だったので、また深夜に「食テロ」かとグルメにかなり期待をしたが、
こちらはあくまで「銭湯」の方が重要なようで、
銭湯が好きな東京近郊在住の人は、この番組を見て行きたくなったのではないかなと思った。
あと、風呂上がりのビールはたまらん!という演出がよかったと思う。
ストーリーも、ダメ社員の主人公が彼なりのポリシーを持って仕事に従事しているということが
最終回付近でなにげに描かれていて、よかった。


第7位

「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」(2016年10月14日深夜~12月23日深夜)
双子の姉妹が経営している吉祥寺の不動産屋に、吉祥寺で部屋を探したいとお客が訪れるのだけれど、
「もっと良い街がある」と、姉妹がその人に合った街を紹介する物語。
行ったことのある街もあれば、そのドラマを観て行ってみたい街もあった。
街の紹介番組をドラマ仕立てにしているだけかと思いきや、後半は、そのお客がどうして引越しを考えているのか、
そこにはそれぞれの悩みや、抱えている思いがあって、
引越しを決めた時の清々しい表情が、新しい街に引っ越すって新しいスタートでいいなあと思った。
良いドラマだった。


第6位

「お義父さんと呼ばせて」(2016年1月19日~3月15日)
上半期ベスト3に入れていなかったけど、このドラマは毎週かかさず見ていた。
同い年の保っちゃんとお義父さんの、会社や仕事に対する考え方の対比が、
より二人の水と油の関係を増長させていて、とても面白かった。


第5位

「侠飯〜おとこめし〜」(2016年7月15日深夜~9月23日深夜)
某騒動で撮り直しとか修正・編集があって、
このドラマを最初から見ていたから、やっぱり少し不自然に感じてしまい残念だった。
主人公が就職活動に悩み、時には甘い考えを持ってたりもしているのだけれど、
柳刃さんが料理を通じてアドバイスや、間違った考え方を窘めてくれたりして、
ただ美味しそうなだけではない、面白くていいドラマだった。
ドラマの中の料理は手軽に作れるし、実際作ってみたら美味しかった。


第4位

「ゆとりですがなにか」(2016年4月17日~6月19日)
上半期では3位だったドラマ。
アラサー世代が社会問題に直面し、恋愛に悩む様子が描かれているドラマだけれど、
宮藤官九郎の脚本だけに面白かった。
登場人物が、主要人物ではない脇役でも印象に残る。
とにかく、とても面白かった!


第3位

「逃げる女」(2016年1月9日~2月13日)
なぜ友人は偽証し、自分に殺人犯の罪を着せたのか、
それを探す旅に出た梨江子は、美緒に出会ったことでまた逃げることになり、
最初は美緒が鬱陶しかったのに、一緒に逃げていく中で、
美緒がなくてはならない存在になっていく。
エリートだった梨江子が、お金を得るためにある行動をとる、その変化に惹きこまれた。
最終回で海を見つめる梨江子の横顔がとても美しかった。
やはり今年もNHK土曜ドラマがランクイン。


第2位

「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年10月11日~12月20日)
社会現象にまでなるとは思わなかった。
とにかく、原作の漫画に思い入れがある作品。
まさか海野つなみ作品がドラマ化されるとは~
なかよしの「ロマンスのたまご」から好きになったのだけれど、
「逃げるは恥だが役に立つ」がドラマ化され、一大ブームになるなんて、、感慨深い。
「ロマンスのたまご」「西園寺さんと山田くん」「KISSの事情」
「ゴールデン・デリシャス・アップルシャーベット」「回転銀河」他。
この人の漫画が好きだから、社会現象になるまでの人気となって嬉しい。
ドラマが始まる前は、平匡さんの配役が微妙だったら嫌だと思ったけど、
このドラマがここまで人気となったのは、星野源と星野源の主題歌と、あのダンスがやっぱり大きいよね。
星野源さまさま。


そして、、、2016年私的勝手にドラマランキング

第1位

「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」(2016年7月17日~9月18日)
上半期1位のこのドラマが、2016年の年間通して1位に決定。
大企業にインターンとして働き始めた歩が、さまざまな人と出会い、
困難に直面しながらも、社会人として成長していく物語。
コネで入社できたこともあり、最初は色々な人から敵視されたり、
受け入れてもらえなかったりするのだけれど、
歩の、ひたむきに仕事に取り組むさまや努力が認められて、
会社の上司や先輩、同期の仲間との絆を深めていく。
会社や仕事をテーマとしたドラマは身近でもある。
もうフレッシュじゃないし、歩のようにひたむき頑張るなんてなかなかできないけれど、
織田課長の「踏ん張れ、踏ん張った先に希望がある」という言葉が胸に沁みる。

他、単発だけれど、印象に残った2016年ドラマを挙げます。

「模倣犯」(9月21日・22日)
 後編の最後30分は、何度も何度も見た。最後のどんでん返しの爽快感、何度も見たくなる。
 坂口健太郎をこのドラマで初めて知った。「ケケケ」は違う人物が言っていたのだけれど、
 他のドラマやCMで見かけても、ケケケだ!と思ってしまう。

「渡る世間は鬼ばかり 2016秋スペシャル」(9月18日・19日)
 やはりこのドラマははずせない。
 だけど、今回の最新作での五月に感じられる「老い」やリニューアルした幸楽が、なんだかさみしかった。
 シリーズ5の再放送を見てきたからか、大吉さんや幸楽のキミさんがいないのはやっぱりもの足りない。
 過去のシリーズは何度見ても飽きないから、繰り返し、繰り返し再放送をしてくれないものか。。

「連続テレビ小説「とと姉ちゃん」総集編」(12月31日)
 今日、朝起きて「とと姉ちゃん」にハマった。
 花山さんとの最後の会話に感動した。
 「暮らしの手帖」は素敵な雑誌だよ。

「シリーズ江戸川乱歩短編集Ⅱ 妖しい愛の物語」「人間椅子」(12月28日)
 これはシリーズ全て再放送をしてほしい。
 たまたま28日の「人間椅子」を見ることができた。
 NHKでこのような映像化をするとは!エロスと幻想。素晴らしい。
 満島ひかりが妖艶で美しかった。見惚れるほどに。

以上、私的勝手に2016ドラマベスト8でした。
2017年もハマるドラマに出会いたい。

2017年、よい年になるといいな。踏ん張った先に希望があると信じて!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私的勝手に2016上半期ドラマ... | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。