ぐるぐるねこぐるま

ねこぐるま別館です(=^・^=)

宗教のこと

2017-06-09 23:28:51 | 宗教・教会

 日本人は宗教に関して本当に関心がない。
 というか、多いに関心があるのかもしれない。
 何かというと神社にお参りに行ったり、
 お寺に行くと仏像に感心したり・・・
 一体「神道」なのか「仏教」なのか分からないのが日本人。
 
 でも「あなたは何教ですか?」と言われたら、
 多くの人は多分家の仏壇を思い浮かべて「仏教?」とクエスチョンマーク!!
 本当は宗教に頼って生きている人のほうが少ないと思う。

 私はずっとここでも書いているようにクリスチャンだけど、
 あるとき「ムスリムに重荷はない?」と聞かれたことがある。
 「重荷」とは教会で言うところの「関心」とか「特別な思い」のこと。
 私は特にイスラムの人に対して何も思うところはない。
 でもその問いかけは「イスラム教からキリスト教への改宗」を祈る。
 そういう提案だった。
 
 私はアフリカとかの未開の地で、
 変な呪術者とか魔術とかを信じている人達には、
 キリスト教を宣教したいと思っている。
 そういう土着の慣習みたいなものは、
 得てして非常時に何の役にも立たないからだ。
 悪くすると呪術者に病気の治療も受けさせてもらえなくて、
 殺されてしまう怖れもある。
 
 しかしイスラム教は世界でキリスト教に次いで2番目に教徒の多い宗教だ。
 それを信じているにはその人なりの信念があるだろうし、
 それは私がキリスト教を信じているのと同じ「神さまの召し」なのだ。
 そんなムスリムの人達を改宗させることが、
 キリスト教徒として正しいのだろうか?

 イスラム教、仏教、ヒンズー教そしてキリスト教。
 それぞれ真剣にそれぞれの神さまを信じている人に、
 「それは邪教だ」「改宗しよう」などと口が裂けても言えない。
 それをキリスト教で「宣教」と言うのだろうか?
 
 まぁ、世界中がキリスト教になるなんてあり得ないのだけど、
 日本でキリスト教徒が人口の10%になるわけでもないって、
 初めから諦めるのもどうかと思うけれど、
 人には人の信条というものもあるのだから、
 無理強いはいけないな・・・・
 「伝道」と「宣教」が「押しつけ」になってはいけないと思う。

 宗教を信じるも信じないも日本国民にはその自由がある。

 

 

 

 くぅ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 決断するとき | トップ | 老人の一人暮らし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。