ぐるぐるねこぐるま

ねこぐるま別館です(=^・^=)

最近さぼってるな〜〜

2016-10-13 11:55:47 | 音楽

 このところ、気候のせいか身体がだるくてピアノをさぼっていた。
 前、弾けていたところまで、まだ弾けるかな?ってちょっと心配だけど、
 疲れているときに練習しても頭には入らないし、指も上手く回らないし・・・
 練習できなかったのは仕方ないのかもしれないな−−。

 でも弾けなくなっていたらどうしようという恐怖感から、
 今日は1時間半くらい弾けた。
 8月の終わり頃から、譜読みをしているときは2時間くらい、
 ほとんどのパッセージが難しいので、
 ゆっくりでも弾けるようになったら自然と暗譜できていたのが大きい。
 今も、あの曲はテンポが速くて、
 譜面と手の両方を見ていたら弾けないところが多いので、
 暗譜しているところが増えてきた。

 ただ、難点なのは、曲が大きすぎて「一回通してみよう」と弾いてみると、
 もうその一回目のCodaで疲れていて、
 最後の三連符のアルペジオがくちゃくちゃになってしまうことだ。
 この「華麗なる大ポロネーズ」は簡単な「AーBーAーCoda」という、
 分かり易い構成になっているのに、
 その「A」だけの部分も、「B」だけの部分もやたらと長大で、
 (だからこそ「大ポロネーズ」なのだろうけど・・・)
 その中にこれでもかっ!というくらい煌びやかな技巧が詰め込まれていて、
 その難易度の高さに付いていけていない。
 
 それと、その部分だけを部分練習すると弾けるのに、
 最初から通すと、その部分にきたときにすでに指が疲れていて、
 腕にも乳酸が溜まっていてボロボロっと崩れていく。
 「脱力」できるところではしているつもりなのに、
 それだけでは追いつかない根本的な体力のなさを感じるな〜〜〜。

 さてさて、ぬり絵もしていたのに載せられなかったので今日UPしよう。
 今回は「JAPAN」
 桜と梅と富士山・・・これぞ日本だよね。
 枠の4色の色は、昔、奈良の「大仏殿落慶法要」で、
 団伊久磨さんの曲を合唱しにいったときの印象が強かったので、
 こんな色にしてみたの〜〜。

 ☆ぬり絵 「JAPAN」☆

 

 ☆昭和55年 奈良 大仏殿落慶法要☆

 

 なんかこんな大がかりなこと凄いな〜〜。
 確か関西合唱連盟でかり出された人数は千人くらいだったと思う。
 でもよくまぁ、お寺の前で「合唱」なんか企画したよな〜〜。
 故団伊久磨先生がそれほどいい曲を提供されたのだろうと思うけど、
 今となっては、どんな曲だったか全然思い出せない・・・・

 

 

 くぅ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オリーブのはちみつ漬け | トップ | 陽だまりが暖かい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。