ぐるぐるパンチ

鈴木草麻生のバドミントン日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イメージに近づける

2012-10-17 15:57:32 | Weblog

早いもので娘が誕生し5ヶ月が経ちました最近では寝返りも上手になり動きも激しくなっています女の子だから大人しくおっとり…という感じでは全くなく、短気で気性が激しいのがこの時期からでも分かります誰に似たんでしょう

このブログがだんだん育児日記化しているというご指摘を受けそうですが、すいません親バカでひとつ言えるのは女の子はかわいい

 

いよいよ来月には中学生・高校生(団体戦)の県新人戦が開催されます3年生が抜けたあとの勢力図はどのようになるんでしょうね不安もありますが、とても楽しみです

それぞれのカテゴリーで次の大会に向けて取り組む中でジュニアでは、ストロークの精度を上げるというテーマに取り組んでいます簡単に言えば『狙ったところへ正確に打つ』ということですが、これはこだわればこだわるだけ難しいテーマですよね闇雲に狙う場所だけ決めて打っても正確なショットなんて打てませんので、私は選手たちに『シャトルをとんなスピードでどんな軌道で飛ばすかまでイメージしてから打つ』ということを要求していますこの練習期間ではイメージした上でどんどんミスしてほしいと思っていますミスしていいから工夫して色んな打点やスイングスピード・グリップの握り方まで試してほしいと思いますそうして自分のイメージに近付けていく作業を繰り返すことで自分のショットは完成するのですこれは感覚の問題ですから、自分で掴むしか方法がありませんねでは指導者はどういうお手伝いをするかというと選手がイメージしやすいように見本をみせたり、目印を与えてあげることですこれはすごく大事な仕事だと思いますよ細かいことは企業秘密直接お問合せください

 

女の子はかわいい…と言うと語弊がありますが、男の子もまた別のかわいさがありますね先日、息子と2人でラーメンを食べに行ったところ私が生ビールを飲んでいる姿を見て息子がポツリ『俺も早くビール飲めるようになってパパと乾杯したいわ』と、なかなか泣かせるようなことを言うじゃありませんか私がシャレで『じゃぁ高校生になったら乾杯しよう』と言うと息子に『お酒はハタチになってからしか飲んではいけません』と一喝されました自分の息子とは思えない真面目発言にビックリしたのと同時に我が子が真っ直ぐ育っていることを実感し、ホッとしたのでした

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フットワークと言うけれど… | トップ | 曲者 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む