ぐるぐる・ぶらぶら

歌舞伎と映画と美術と読書の感想

【映画】パッセンジャー

2017-03-30 00:47:23 | 映画
しんしんと怖い前半。
 
宇宙空間のただ中を進むアヴァロン号はすでに地球から遠く離れているが、
目的地はもっと遠い。
アヴァロン号の外観デザインがまた、ゴシックなテイストが少々禍々しくて
ジム(クリス・プラット)の焦燥・孤独とともに不安をそそる。
 
オーロラ(ジェニファー・ローレンス)が登場してからは暫し人間ドラマ。
オーロラ、ワイルドだわ。
 
そして、、
後半は"動"。絵的に面白い。状況は分かり易い。
 

随所に人工機械の"あるある"な小ネタ演出が効いている。
今観るSFとしてのテイストは、現実の生活空間から連想可能な未来を表す
幾つもの小ネタに表現されている。
 
一番うまいと思ったのは、アーサーの「一年前のジム」のくだり。
さらっと描いていたけど。
アンドロイドは言葉を言葉通りに受け取るものね。
 
-----
公式サイト:http://www.passenger-movie.jp/
 
食料は足りたのだろうか。
足りなくなったから最後ああなったのか?
 
(2017.3.29)
『映画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【読書】中世芸能講義 「勧進... | トップ | 【映画】ムーンライト »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。