ぐるぐる・ぶらぶら

歌舞伎と映画と美術と読書の感想

【映画】無限の住人

2017-05-02 01:32:45 | 映画
立回り×立回り×立回り!
文字通りの百人斬りが圧巻です。
 
コミックテイストな(原作がコミックだし)武器にケレンな装束。
仇討ちベースだし、あんがい歌舞伎っぽいかも。
立回りはやっぱ海老蔵さん上手い。演技は"回復"後がよかったです。
 
万次(キムタク)が想定外によくやられてる。
斬られてなんぼの不死の身体だもんね。
 
吐(田中泯)と伊羽(山崎努)重厚。
北村一輝の黒衣鯖人がお気に入り。
満島真之介の凶戴斗がさわやか。
戸田恵梨香の乙橘槇絵、倒れ方がすごかった。おみごと。そのあとも。→碇知盛。
 
-----
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/mugen/
 
(2017.5.1)
『映画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気になる本20170501-07 | トップ | 【読書】〈インターネット〉... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。