ぐるぐる・ぶらぶら

歌舞伎と映画と美術と読書の感想

【読書】戦争にチャンスを与えよ

2017-08-05 22:25:20 | 本と雑誌
中途半端に仲裁するなかれ。
暴力を理解するということ。
「生命の法則」に従え。
etc.
 
日常で言われたら、どう反応していいか分からないような話である。
教育が私に付けた折り目が機能しているということだから、
よしとすべきなのでしょう。
 
国家の生存のような、俯瞰を、リアルに、体験する機会はない。
これからもないだろう。
 
だからルトワック氏の本は面白い。
 
戦略(企業戦略に非ず)の特徴が2点挙げられていて
 『成果の積み重ねができない』
 『戦略の世界では矛盾や逆説だけが効果を発揮する』
わたしには、どう逆立ちしてもこれを直感的に理解することは
できないだろう。2点目などは特に。
 
ひんやりと冷たいレイヤ。冷静な視点。
 
「無関心なんだろ、だったら安易に介入なんてするなよ」
ちょっと近所のおじさんの温かみがあったりする不思議。
 
-----
戦争にチャンスを与えよ
エドワード・ルトワック 著
文春新書 2017/04
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166611201
 
(2017.7.15)
『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【読書】トヨタのカタ | トップ | 【読書】デザイン・ドリブン... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。