生かされて

乳癌闘病記、エッセイ、詩、童話、小説を通して生かされている喜びを綴っていきます。 by土筆文香(つくしふみか)

臆病な戦士(その1)

2016-11-05 20:45:12 | 聖書から
旧約聖書士師記にギデオンという人物が出てきます。気が弱くて心配性のところは、自分とそっくりなので親しみを感じます。

水曜礼拝で士師記を学んでいるので、教えられたことと感想を書かせていただきます。


イスラエルの人たちは7年の間、ミデアン人に苦しめられていました。収穫の時期が近づくと、畑の作物を根こそぎ取られてしまいます。それでも立ち向かってくことができず、洞窟で隠れるようにして暮らしていました。

イスラエルの人たちは、神様に助けを求めました。
神さまは、みつかいを送って、酒ぶねの中で小麦を打っている青年に話しかけられました。
その青年こそ、ギデオンです。酒ぶねの中で小麦を打っていた訳は、ミデアン人にみつかったら恐ろしいので、酒ぶねに隠れていたのです。

みつかいがギデオンに言った言葉がすごいです。
「勇士よ、主があなたといっしょにおられる」
酒ぶねに隠れているような者に『勇士よ』と呼びかけてくださったのです。

みつかいはさらに言われました。
「あなたはイスラエルを、ミデアン人の手から救い出すことができる。わたし があなたを遣わすのではないか」

ギデオンはさぞかし驚いたことでしょう。

ギデオンは「どうすればイスラエルを救えるでしょうか」と尋ねます。
みつかいは「わたしがあなたと共にいるから、あなたはミデアン人をあたかも一人の人を倒すように打ち倒すことができる」と言いました。
こわがり屋のギデオンは、そのあと何度も神さまに確かめながら、それでもミデアン人に勇敢に立ち向かっていきます。

ギデオンは①恐怖②心配③神に対する畏れという3つのおそれを抱いていました。
①や②は誰でも持っている恐れですね。③は恐れではなくて畏れです。

畏れとは、『神に対するつつしみ深さを伴った敬い』だと教えていただきました。これが大切なのだと聞きました。

神様に対して恐ろしいと感じるのは、たたりがあるかもしれない、ばちが当たるかもしれないと思うからでしょう。でも、天地万物を作られた神様は、たたりを起こしたり、ばちを当てたりしません。だから恐れるのではなく、畏敬の念を持つ意味で畏れるのです。

写真は知人からいただいたフランスのノートルダム寺院。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
↑ここをクリックしてください。そうすると、より多くの方がこのブログを読んでくださるようになります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前に進めないとき | トップ | 今、生きている »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書から」カテゴリの最新記事

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バックナンバー

ブックマーク

生かされて・・・土筆文香
土筆文香のHPです
土筆文香の本「リピート・シンドローム」
若者のリストカット、ドラッグ、摂食障害の問題を扱った小説
日本クリスチャン・ペンクラブ
信仰のあかし文章を書くことを志す者たちの団体のHPです
カリス
「生かされて」から、神様の恵みが書かれている記事を転載していきます。
希望の風
kibounokazeさんのブログです
聖書の緑風
希望の風さんのもうひとつのブログです。聖書から教えられたこと、感じたことがわかりやすい文章で綴られています。
メメントドミニ
優子さんのすてきなブログです。
土の器(この土台の上に)
クリスチャンシンガーちゃきさんの新しいブログです
金子ゆか・花ブログ
花の写真が奇麗な知人のブログです
土浦めぐみ教会
わたしの通っている教会です
地球の番小屋
児童文学者本木洋子さんのHPです
お茶の水聖書学院
五つのパン
祈りと賛美の会社のブログです。
ふくいんのなみ
キリスト改革派教会によるテレビ・ラジオ番組
シニアタイム
介護情報誌です
PBA太平洋放送協会「ライフ・ライン」
キリスト教番組を制作・放送している超教派の伝道団体のHPです。
いのちのことば社オンラインショップ
キリスト教書店のオンラインショップです
  • RSS1.0 RSS2.0