gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

僕は友達が少ない4巻の感想レビュー(ライトノベル)

2010年07月22日 17時01分07秒 | ライトノベル・小説
MF文庫Jのラノベ、『僕は友達が少ない』(平坂読先生原作、ブリキ先生イラスト)の4巻が発売中です。

表紙は定番のシスタースタイルでご登場のマリア。
『実妹』である小鳩がいるのに『妹的ポジション』の美幼女に兄として慕われる小鷹には嫉妬せざるを得ないわけですが、サービスイラストを含め、本巻ではマリアの出番がどど~んと増えているので、紳士の皆様は特に必見です。
意外と胸があったっていいじゃない、ロリっ娘だものw

お話的には、夜空の髪型に大きな変化が!という前巻ラストの直後からスタート。
小鷹の思い出の親友『ソラ』と夜空の関係が遂に明らかに…!と、しょっぱなからエンジン全開で見逃せません。
そんな大きなイベントが起こる一方、リア充を目指す隣人部の活動もまたつつがなく進行し、いつも通りの残念さを遺憾なく発揮するのでご安心を。

というか、今巻は目次から全力で釣りに来ていた件。
『104P サービス回(柏崎さんの裸シーンあり)』
そんな見え透いたエサにこの俺が釣られクマー!!ですよねw
しかも、ある意味釣りじゃなかったでござる。
いや、むしろ見えていたけど!見事な割れだったけど!(○○的な意味でw)
未読の人はさっぱり意味が分からないとは思いますが、星奈との仲も縮まって、シチュエーション的にも何かが起こりそうな雰囲気まで醸しだされていた分、まんまと術中にはまってしまいました。

そしてまさかの
『130P ホモゲ部』
某俺妹のラノベ部パロタイトルネタの意趣返しキタコレ!(いや、直接示唆しているというわけではないかも知れませんが、ツッコまざるを得ないw)
むしろ普通にタイトルに使われていたので、すんなり本シリーズ1~3巻からのセルフパロディかと思っていた私が通りますw
はがない版ではエロゲではなく、アニメでしたが、『ウホッ、こういう作品だったんだ~!』という感じでニヤニヤしてしまいました。
直前にあの裸イラストが来ていたのも絶妙な間のとり方だったと思います。

個人的にツボったのは上記の2ネタだったわけですが、正直、今巻ではもっと夜空と小鷹の関係の大きな進展がクローズアップされて来るんじゃないかという予想をしていたので意外でした。
全体としてはマイルドなイメージだったというか、嵐の前の静けさ的な意味で、星奈関係の伏線を張って次巻で回収する下準備的展開なお話だったかと。

小鷹自身がハーレム系主人公らしく恋愛関係についてニブいということもありますが、夜空にしても星奈にしても、いざという時には素直に気持ちを表現することが出来ない恋する乙女らしさがあるわけで、そこがもどかしくも可愛らしくてニヤニヤなポイントかと。
現在は外堀の方が先に埋まりつつある状態ですが、ガチなラブコメバトルに発展したあとの二人のやりとりが今から楽しみですね。
特に夜空は伏線っぽい文章が多いので、『友達』という言葉の持つ意味がどう位置づけられていくのかが気になります。

逆に、あけっぴろげに好意を伝えられるのがマリアや小鳩といった年下組で、そのギャップ効果もあって天真爛漫な姿が感じられたのは大きかったと思います。
(全裸イラスト的な意味でも期待を裏切らなかったですしw)
同じ年下組でも某よつば系天然さんなマリアと、何かにつけて大人っぽく振舞おうとする小鳩ではキャラの方向性が違う部分も多いですし、個性がうまく描き分けられているので飽きが来ないですね。
『非血縁ED』と『血縁ED』、シスプリ的な意味でどっちが人気があるのかちょっと気になったりw

今後もコミカルな隣人部での日常パートと、シリアスな恋愛模様の両面が、バランス良く描かれていくと良いですね。
実際問題として『仲の良い友達化』が順調に進んでいる現状ですが、友達同士だからこそ、同じ相手を好きになってしまうことがより辛く切なく感じられるわけで、ますます目が離せません。

MF文庫J8周年フェアの要項が書かれたオビに加え、隣人部特大タペストリーが当たる、いたち先生のはがないコミック版1巻との合同フェア応募用紙も同梱されているのでファンの方はお早めに。
また、7月27日発売の月刊コミックアライブの方では、ブリキ先生による本巻の掛け替えカバーと、平坂先生による書き下ろし短編を収録した小冊子が付録として付いてくるそうなので、そちらもゲットされるのが良いかと。
(個人的な印象に過ぎませんが、アライブに付録として小冊子が付く作品というのは、既にアニメ化された作品であったり、後にアニメ化される作品が多い傾向があるので個人的に期待せざるを得ない件w)

更に、僕は友達が少ないの公式サイトが7月23日からオープンするそうなので、まだまだ勢いは増していきそうです。
今後も本シリーズに要注目ですね。


気になった方は是非、チェックなさってみて下さいませ。

僕は友達が少ない 特設サイト

僕は友達が少ない公式サイトはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン






http://blogs.yahoo.co.jp/whenby2006/trackback/79806/50705238
http://mykaze.sakura.ne.jp/mt/mt-tb-sylph.cgi/10448
http://thesecondstar.blog108.fc2.com/tb.php/383-27dd1e1b
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1273-e7d9f8d0
http://hyumablog.blog70.fc2.com/tb.php/2433-91edc53f
http://kenkenmk2.blog94.fc2.com/tb.php/636-5bc06170
http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/225-26f40792
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月21日(水)のつぶやき | トップ | 魔法少女リリカルなのはViVid... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ライトノベル・小説」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

僕は友達が少ない 4巻 (にばんぼし)
髪型がかわっても残念は残念 前回はかなりのシリアスな終わりだったこの「はがない」ですが、このアオリ文を見てすっかり安心w ってな具...
【ライトノベル】 僕は友達が少ない 第4巻 感想 (メルクマール)
あいかわらず笑えるし、読んでいると元気になる作品。やっぱこの作者はすごいな。 MF文庫のライトノベル、僕は友達が少ない 第4巻の感想で...
僕は友達が少ない4 [平坂読] (彩彩華美)
[[attached(1,center)]]         MF文庫J発行     [http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/484013457X/whenby2006-22/ 僕は友達が少ない4]     著/平坂読     イラスト/ブリキ {{{ 髪型がかわっても残念は残念 夏休み明けに衝撃的な...
僕は友達が少ない 4 (黙々読書)
あらすじ 夏休み明けに衝撃的な出来事があったものの、 羽瀬川小鷹は相変わらず友達のいない学校生活を送っていた。 一方隣人部では、夜...
僕は友達が少ない 4巻/平坂 読 (新しい世界へ・・・)
衰えることのない面白さ! ※以下、ネタバレしています。読まれる方はご注意ください。 僕は友達が少ない 4 (MF文庫J)(2010/07/21)平坂 読商品詳細を見る
僕は友達が少ない? 感想 (ゆらゆら気ままに)
僕は友達が少ない 4 (MF文庫J)(2010/07/21)平坂 読商品詳細を見る ▼ネタバレ内容含みます ~あらすじ~ 夏休み明けに衝撃的な出来事があったものの、羽瀬川小鷹は相変わらず友達のいない学校生活を...