gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女の感想レビュー(ライトノベル)

2016年01月20日 23時24分32秒 | ライトノベル・小説
富士見ファンタジア文庫のラノベ、『アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女』(天城ケイ先生原作、ニノモトニノ先生イラスト)が発売中です。
第28回ファンタジア大賞・大賞受賞作ということで話題ですね。

表紙は、主人公のクーファとヒロインのメリダ。
健康的でしなやかな美脚が目を惹きつけますね。
無垢な美少女にアブない技術を手取り足取り教えるというシチュエーションがそこはかとなくインモラルで(・∀・)イイネ!!

お話的には、貴族ながらマナを持たない少女、メリダの家庭教師として派遣された主人公のクーファ。
彼女を一流のパラディンへと導くという任務の裏側では、もしも彼女にその才が無かった場合はその手で彼女を暗殺せよという命令が同時に下されていて……という暗殺×ボーイ・ミーツ・ガール師弟バトコメ展開です。

己の一存で1人の少女の運命が決まってしまうという設定がとてもドラマチック!
パラディンを排出する名門貴族の家庭教師が汚れ仕事を請け負う組織の人間とは皮肉ですが、相手によってはとことん非情に徹する事が出来るその道のプロであるクーファがメリダとの出会いで何を見出すのかが本作の大きな見どころかと。
また、そこまで無能扱いでいじめられ続けてきたメリダが、クーファによって未来への希望を与えられ、彼に対して異性として淡い恋心を募らせながらも貪欲に強さを求めて師事を受ける様子もとても健気で、保護欲をそそられました。
一蓮托生となったふたりが厳しい特訓を続けながら深い絆で結びついていく様子に心温まりましたし、基本クールなクーファが、メリダのピンチに颯爽と駆けつけ、怒り心頭で敵を完膚なきまでにボコボコにしてしまう辺りも、お約束ながら爽快感があって良かったです。
一見、二律背反的な突拍子も無いテーマですが、それを不自然じゃないと感じられるような設定を織り込んでいくことで自然と説得力を感じられるように配慮されているのがお見事でした。
メリダとの信頼を育み、その輝かしい未来を見届けるためには命懸けでクライアントや組織を裏切り続けなければならない。しかし後悔はしていない( ー`дー´)キリッと、筋の通った行動をとるクーファが格好良かったです。
これにはメリダも、女性ファンもメロメロですわw

バトル面では、最初から最強レベルなクーファ無双はもちろんのこと、彼の教えを受けたメリダが、引き出された新たなる力とたゆまぬ努力で身につけた剣技とを自分の中で融合させてメキメキとその才能を芽吹かせていく様子が丁寧に描写され、スポ根成長モノ的な熱さと面白さを感じさせてくれました。
典型的ないじめっこキャラであるネルヴァへの下克上とは別に、かつては姉妹同然の幼なじみとして育ちながらも本家と分家の争いのせいで疎遠になってしまっていた実力派少女、エリーゼとの関係も見所。
負けないための戦い方だけではなく、心を強く持って生きる方法をも教えるクーファですが、彼もまたメリダから人として大切なモノを教わっていく流れが尊いですね。

ラブコメ的には、メリダに対してまだまだ子どもと考えながらも度々その魅力に引き込まれ、歳相応なウブさを見せるクーファと、全身から先生好き好きオーラを出しまくりなメリダの「早くくっついちゃいなYO!」感が(・∀・)ニヤニヤでしたね。
女子校にイケメンひとりという環境ならではのチヤホヤ感もあって何気にハーレムっぽい雰囲気ですし、エリーゼの家庭教師として赴任してきた同世代の天才少女・ロゼッティからも一目置かれたりと、デキる男はモテモテですなぁw
非現実的と思いながらも、そんなモテモテを疑似体験してテンション上がるのは自分だけではない&良ラブコメ作品の必須事項なはずw
イケメン鬼畜とレッテルを貼られ迷惑顔のクーファですが、メリダに対しては積極的に裸を見たり服を脱がして触ったり、あまつさえ初めてを奪って苦いものを飲ませたり(!)で、何気にむっつりスケベなのがまたウラヤマけしからん(;゜∀゜)=3ムッハー

ようやくひとつの山を乗り越え、上を目指す覚悟を決めたふたりですが、3年間という就学期間を無事に乗り越え、悲願を達成することが出来るのか楽しみ。
伏線や話の鍵となる要素は多いながらも、バトル一辺倒になるでもなく、それぞれが上手く絡み合いながら本筋を盛り上げるよう綺麗に回収されていくので、読後の満足感がとても高かったです。
特に、暗殺者の慈悲か、暗殺教師の誓約か、アサシンズプライドというタイトルに込められた意味が明かされるラストは必見♪

次巻への引きも盛り上がりそうな要素が目白押しでしたし、流石は大賞作!ということで今後も見守っていきたいと思います。


気になった方は、是非チェックなさってみてくださいませ。


富士見書房公式サイトはこちらから

第28回ファンタジア大賞スペシャルサイトはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

blogram投票ボタン
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月19日(火)のつぶやき | トップ | 1月20日(水)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL