gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

ましろ色シンフォニー第10話『なみだ色の雨やどり』の感想レビュー

2011年12月07日 09時01分41秒 | 現在放映中のアニメ
雨宿りしたほうもしてあげたほうもHPは0よ!なルート確定回でした。
多分そうなるだろうと原作プレイ組の言っていた通りになったわけですが、みう先輩√確定→紗凪&愛理身を引くとか切な過ぎるのう…。

まさかゲームの顔役であるメインヒロインの愛理が脱落してしまうとは、いくら最近お当番回が無かったとはいえ予想外でしたね。
ここから怒涛の愛理ルート復帰とかあるのかしらと思っていた部分もありましたが、完全に望みは無くなったと見て良さそうかも。

ちゃんと新吾の方から「好きです」→「私で良いの…?」な王道展開になったわけですから、主人公が流されてOKしたのではなく、自分の意志で想いを伝えたと捉えて問題ないでしょうし、みう先輩はみう先輩で“実は新吾は紗凪の事を好きだと思っていた”のに自分のことを選んでくれたので素直に気持ちを受け入れることが出来た、と、非の打ち所のない相思相愛っぷりで妬けるぜ!&ひゅーひゅーだよ!(何時の時代だよw)
あくまで「ふたりきりで良いムードになったから」ではなく、「改めてみう先輩の優しさやら健気さを知り、ぬこ部のみんなと別れる寂しげな様子に守ってあげたくなったから思わず抱きしめてしまった!」的な演出になっていたのも嫌味がなくて好感度高かったです。
ふたりとも胸の中に色々と貯めこみつつも言えなかった想いをようやく打ち明けることが出来た!という感じが初々しくて良いですね。

反面、そんなふたりのラブラブな抱きあっている所を見てしまったのが紗凪のツイてないところですね。
新吾とみう先輩がふたりきりになれるように桜乃&愛理も空気を読んで席を外していたっぽい辺りがまた切ないでござる…(アンジェさんマジ空気読めてないw)。
というか、なるべく早く新吾への想いを断ち切って元通りの友達関係、後輩関係へと自分を戻そうとしている最中の出来事だっただけにツラいですね。
元通りを目指しつつも、ハンカチを借りるだとか、重いものを持ってもらうだとか、ふとしたことで喜びを感じてしまう「超未練たっぷり」状態なわけですが、本人がそれにあえて気付かないというか目を背ける感じになっていたあたりに心理的な防衛反応が出てるっぽいのが妙にリアルな感じかも。
(大丈夫、私はいつも通りやれている)ように紗凪自身は感じていたのかも知れませんが、それを端から見ている視聴者と愛理にしてみれば痛々しいことこの上ない&カワイソス。゜(゜´Д`゜)゜。なわけで。

心をひらくとそりゃあもう…!!な感じになる猫のような気質の紗凪でしたが、自分の気持ちを見せないように猫をかぶるのは上手くなかった、といった感じですね。
出会うのが遅かったわけではなく、みう先輩とほぼ同時期でしたし、ツンツンせずに自分に素直になっていれば新吾と恋人になるチャンスは十分にあったかと。
残酷なぐらい新吾に気付いてもらえてなかったのがアレでしたが、自分で何度も勘違いするな!と念押ししていたわけですし、そりゃ新吾も「こいつ、ひょっとして俺のことが…?」とか思えなかったのも無理なし。
いくらイケメン指数が高くても、いや、むしろ高かったからこそ、下心で仲良くなりたい気持ちとは無縁だったという側面もあるでしょうし、猫アレルギーの辛さを自身の喘息となぞらえて理解するあたり、人の心の機微に疎くない、むしろ聡いはずの新吾ですが、それ以上に相手の言葉を素直に受け止める純粋さを持っていたことが紗凪の敗因だったかも知れませんね。
これがもう少し、男女比のバランスがとれたグループ内での話であれば、冷やかすなり相談するなりでお互いに情報交換しあったり出来るところですが、ヒロインズは大体新吾の事が好き、各人とは大体1対1の状況でイベントが進行するギャルゲー的状況ならではの落とし穴というか弊害というかにものの見事にはまったしまった感じでしょうか。

いや、唯一、愛理だけは自身が新吾に惹かれていただけに紗凪の胸中を察していたわけですが、ここでも遺憾なく発揮される紗凪のツンと、愛理も愛理でそこまで割り切って自分の感情をコントロールできていたわけではない、むしろいっぱいいっぱいだった分、それとなく破局を予想しつつも避けることが出来なかったわけで。
ふたりで思い出のブランコで抱き合い、涙を流す姿が痛ましいったら。゜(゜´Д`゜)゜。
いや、新吾にフラれたもの同士、ここから百合ルートキマシタワー!とか言える雰囲気じゃ無かったですねw
ようやく素直に泣けたと思ったら時既に遅し!な紗凪、紗凪の面倒を見つつも自分も泣いてしまう愛理、ひとりで全てを胸にしまう桜乃と、三者三様の切なさが奏でるハーモニーが絡みあう様子が、まさにましろ色「シンフォニー」、みたいな感じですね。

…こうなってくると、アレだけ大胆に旦那様との距離を詰めた割に、今は至って普通なアンジェの様子に物足りなさを感じていた自分ですら、むしろ事実上の告白っぽいイベントまで辿りつけただけでも良かったねと思えてくる不思議w
あと、桜乃ルートが見たい人は原作をプレイしてね!ってことですね、わかりますw
もしくはブルーレイの売れ行きが良かったらOVA版が作成される→桜乃無双が見れる日が来るのかも…胸熱!という希望的観測w
仮に出たとしてもハーレムお色気サービス回になってしまいそうというか、そっちの方が需要有りそうではありますが。


次回、第11話『ましろ色シンフォニー』

いきなり最終回っぽいタイトルになってるが大丈夫かw
ラストは愛理ママ(実は猫みうを飼っていた良い人♪)と愛理の親子関係の修復と、学園統合問題の結論について、あたりに絞られてきましたね。
そのまえに、今回フラグが出たぱんにゃを森に帰すお仕事が来そうな気もします。
号泣回→大団円みたいな感じで綺麗にまとまると良いですね。
このまま紗凪は自分の気持ちを新吾に告げずに抱え落ちしてしまうのか、気になる所でもあります。


TVアニメ『ましろ色シンフォニー』公式サイトへはこちらから

PC版原作ゲーム公式サイトへはこちらから

PlayStation Portable専用ソフト『ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana』 公式ホームページへはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン




http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1719-b1a07288
http://sironsiron.blog70.fc2.com/tb.php/1977-c4601900
http://norarincasa.blog98.fc2.com/tb.php/661-d039d1ae
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/t_cherry398/51637441
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/tb.php/1400-9ee5c7cf
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fa_oka/51982426
http://shino134.blog22.fc2.com/tb.php/2475-7ea38a23
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/53426077
http://nanabachimemory.blog.fc2.com/tb.php/237-04601f56
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/52235942
http://zspecium.blog.fc2.com/tb.php/102-467be94c
http://soraxcan.blog59.fc2.com/tb.php/3034-18007123
http://kira47.blog58.fc2.com/tb.php/1322-4529314b
http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/1865-62b990d6
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/8969522ea2
http://disorellan.blog61.fc2.com/tb.php/1357-48cb5342
http://animumeso.blog101.fc2.com/tb.php/2930-085d51d0
http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/6288-a9a14c3b
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nylon66/51766925
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/9b66f9c1da
http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/355-eb0363a3
http://kyotofan.net/books_anime/mashiro/color10/trackback/
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1501
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月6日(火)のつぶやきその2 | トップ | 境界線上のホライゾン第9話『高... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ましろ色シンフォニー 第10話「なみだ色の雨やどり」 (のらりんすけっち)
うわーお みう先輩ルート確定のお知らせでしたね。 あそこまではっきり描かれちゃうと逆転のしようがないような。 紗凪ちゃんがしょんぼり係で愛理ちゃんは受け止め係かあ。 愛理ちゃんは名前呼びにならな...
ましろ色シンフォニー #10 (桜詩~SAKURAUTA~)
【なみだ色の雨やどり】 ましろ色シンフォニー Vol.1 [Blu-ray]出演:水島大宙メディアファクトリー(2012-01-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 自然に返す・・・それがぬこ部なんだ ...
ましろ色シンフォニー 10話 (アニメ徒然草)
二人は負け犬になることを…強いられているんだ!(集中線) というわけで、 「ましろ色シンフォニー」10話 背中ごしにセンチメンタルの巻。 みう先輩大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!! ええ...
なみだ色の雨やどり (雨晴時曇)
そらあんなの見せられたら阿鼻叫喚にもなるさ! みう先輩ルートの確定、それは脱落者の確定でもあります。 話数を重ねるごとに可愛らしさを増していた紗凪でありましたが、残 ...
【ましろ色シンフォニー】10話 当然の結果だったろ?何も驚く事はない (にわか屋)
ましろ色シンフォニー -The color of lovers- #10 なみだ色の雨やどり 493 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/12/07(水) 02:27:35.84 ID:dVDLNrO+0 みう先輩完全...
ましろ色シンフォニー テレ玉(12/06)#10 (ぬる~くまったりと)
第10話 なみだ色の雨やどり 鳩を自然に返すぬこ部。駕籠を持とうとする新吾の手から駕籠を奪う 紗凪、このクズ虫がみう先輩に近づくんじゃない。あんた好い加減にしなさいよと愛理。あんな野郎がみう先輩に近づくのは許さない。自棄に突っかかって来るな。あんた自分が...
ましろ色シンフォニー 第10話 (HARIKYU の日記)
ましろ色シンフォニー 第10話 今回は「紗凪」完全失恋の回・・・・・ ・・・・なのですが、・・・・・ ちょっと今回はストーリーは置いておいて、これまでの本作の展開をもう一度見直してみると、やはり本作は<a href="http://disorellan.blog61.fc2.co ...
ましろ色シンフォニー 10話「なみだ色の雨やどり」感想 (グレイの気ままな体験記)
誰かが幸せになったら、 その分誰かが幸せを失う。 今話を表す言葉はこれ以外にないと思います。そして みんな幸せなんてあり得ない、 そんな当たり前の事を再確認した10話でした。
ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 第10話 12/7 あらすじと感想 #mashiro_tv (ζ[ZETA] Specium blog)
 紗凪ちゃん、せつないなぁー(号泣)。  「ぬこ部」の活動で、野鳩?を野生に返す作業が行われる。この時までは、紗凪ちゃんも元気だった。  その後は、部室の整理。みうさんの計らい?で、紗凪ちゃ...
ましろ色シンフォニー 第10話 なみだ色の雨やどり (ゲーム漬け)
貰われていったミウに元気がないという話に、紗凪が引き取ったシンゴも同様という話になり、原因はお互いが離れ離れになった事と推察。 ミウも引き取ると紗凪。 実はミウの里親だ ...
ましろ色シンフォニー 第10話「なみだ色の雨やどり」感想 (空色きゃんでぃ)
「これまでも、これからも、ずっとこのままでいいんだ…」 自分の気持ちを誤魔化す紗凪ちゃん・・・切ない(´;ω;`) 愛理ちゃんに諭されたΣ(>ω<ノ)ノ 愛理ちゃんメインヒロインなのにすっかり傍観者ポジションw ぱんにゃ水が苦手なんだ(*´ω`*) かわい...
ましろ色シンフォニー 第10話 【なみだ色の雨やどり】 感想 (キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記)
鳩は鷹と鷲に勝つことが出来る条件ってなんですかね? この事がみう先輩(鳩)と沙凪(鷲)と愛理(鷹)に被って見えてしまったのはおそらく自分だけでしょうねw それはそうと、荷物持ちにまで嫉妬し始めた紗凪。 みう先輩と新吾との仲を認めたくないんですね。 ましろ色シ...
ましろ色シンフォニー 第10話 「なみだ色の雨やどり」 (SERA@らくblog)
▼ ましろ色シンフォニー 第10話 「なみだ色の雨やどり」  瓜生の告白きた! 意外に早いような(笑)  引き取られたけど元気が無く猫のみう。 新吾といっしょじゃないとダメなのですかね(^^; 紗...
ましろ色シンフォニー 第10話「なみだ色の雨やどり」 (明善的な見方)
キャラソン キャラクターパレットVol.1逝ッたぁーーーーーー!!!! ルートが確定し、頑張っても何とんも出来ませんでした(汗
ましろ色シンフォニー 第10話「「なみだ色の雨やどり」 (瞳にアル世界)
告白は突然に…
ましろ色シンフォニー 10話感想 (つぶかぼアニメ感激ノート)
季節はもうすっかり秋ですね。河原に出かけて鳥を空へ放つなど、ぬこ部で保護している動物もずいぶんと自然に帰すことができました。 みう、紗凪、そして愛理。新吾をめぐるヒロインレースは大詰めです。わ...
ましろ色シンフォニー 第10話「なみだ色の雨やどり」 レビュー・感想 (ヲタブロ)
降りしきる雨と溢れ出す涙想い、 そして紗凪の止め処ない涙は・・・ 新吾の告白とそれを受け止めたみう先輩のやり取りを目の当たりにしてしまった紗凪、どちらも好きな人だけにそ ...
ましろ色シンフォニー 第10話 「なみだ色の雨やどり」 (ゆらゆら気ままに)
水彩キャンディー(2011/11/09)marble商品詳細を見る やはりそうなったか・・・。 というわけで感想です。
ましろ色シンフォニー 第10話「なみだ色の雨やどり」 (しるばにあの日誌)
<感想>  ぬこ部の活動はつづいていた。今日は治療した小鳥を放してあげた。旅立ちの日であった。ぱんにゃは一番元気であった。紗凪は、あいかわらず、瓜生くんに八つ当たりしていた。 みうさんに何かした? いえ 何もないです・・。 あんなクズ虫が・・近づ...
ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 第10話「なみだ色の雨やどり」 (ボヘミアンな京都住まい[gooブログ版])
なんかネット界の一部でいつの間にか某作品をもじって“正妻戦争”と言われるようにまでなってましたけど、今回でその“正妻戦争”に決着がついたということでしょうか。 続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/mashi...
ましろ色シンフォニー 第10話 『なみだ色の雨やどり』 (こいさんの放送中アニメの感想)
新吾が告った!!個別ルートに行くのか或いはぬるま湯ハーレムで終わるのか。そう思っていたら自分からみうに告白した。みうもこの告白を受け入れて晴れて二人は恋人同士になりましたね。 ルート的には納得なんですが、タイミングがかなり唐突。先輩の高潔さに胸打たれた...
ましろ色シンフォニー 第10話 『なみだ色の雨やどり』 (こいさんの放送中アニメの感想)
新吾が告った!!個別ルートに行くのか或いはぬるま湯ハーレムで終わるのか。そう思っていたら自分からみうに告白した。みうもこの告白を受け入れて晴れて二人は恋人同士になりましたね。 ルート的には納得なんですが、タイミングがかなり唐突。先輩の高潔さに胸打たれた...