gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

Angel Beats!第12話『Knockin’on herven's door』の感想レビュー

2010年06月20日 14時07分19秒 | 今まで見てきたアニメ
TwitterのTLを見ていたら、先発組の皆さんのつぶやきが荒れていてドキドキしてしまった件w
出来る出来ないではなくて、やるかやらないかの問題だった気がする本作の各キャラ&世界観諸々の設定説明ですが、あえて掘り下げ無かったのは斬新ではあったものの、やっぱり不完全燃焼に感じてしまう今日この頃です。
『クラナドが人生』なら、『AB!は勿体無い』みたいなキャッチコピーになりそうな、そんな感じ。
薄い胸はステータスだけど、浅い掘り下げはノーサンキューだよ!とでも申しましょうか(汗)。
嫌いではないけど、ツッコミだすと色々アラが目立ってしまう罠。

制作者サイドからはあらかじめコンセプトも伝えられていましたし、オープニングやエンディングの歌詞もストーリーに直結していたわけで、特に視聴者を混乱させる意図は無かったと思うのですが、謎めかせていた部分を引っ張っていた割には、説得力のある解答になるように肉付けできていなかった気がします。
土台を積み重ねずに名場面を繋げたというか、大河ドラマなら派手な合戦のシーンだけをダイジェストで繋いだ的な印象に、どうしてもなってしまうんじゃないかなと。

各話毎の起承転結はしっかりしていたと思うので、例えば初見の人が途中のエピソードをいきなり見たとしても、それなりに理解できるような作りだったかと。
しかし、物語の伏線に期待し、全体的なストーリーラインに一喜一憂したかったというのが、アニメファンの本音だったのではないかと思うわけで。

12話になって、一気に長ゼリフでことの発端が説明された訳ですが、ゆりっぺ自身が実感としてそれを理解し、受け止められたのは良いとしても、視聴者的には『そーゆー事だったんです。』では納得いかないなと。
なるほど、今までの○○は、こんな理由があったからか!的カタルシス感が無かったのは否めないですね。

ガルデモメンバーはともかく、無名の戦線メンバーもたくさん昇天してしまったのにはちょっと驚かされました。
各人がそれなりに後悔を抱えつつ戦っていたのが、ある程度戦線での戦いで解消、音無の説明を聞いて色々と得心したから昇天というのはわかりますが、あっさりし過ぎかと。
戦いによって解消されたのではなく、他のメンバーとの生活で心が充実したからと考えたいところですが、やっぱり淡白ですね。
せめて名前付きのメンバーには、一瞬でも生前描写が欲しかったなと。

一部では最近出番無しという理由を深読みして、松下五段ラスボス説もあったわけですが、まさかのダイエット一発ネタキャラだったとは。
TKの人気を見ても、キャラのアクションだけでインパクトを与えていける可能性について、十分証明されたことは貴重だと思いますが、ここに過去エピソードが加われば、もっと感動出来たはずかなと。

ラスボス=謎の少年についても、彼自身が語った人物のNPC化した存在という雰囲気はほのめかされていましたが、確定していないので、なんだかスッキリしませんね。
伏線0での登場に、視聴者置いてけぼりでござるの巻。

というか、ゆりっぺ自身が推測していたことが、普通に誤解でした乙!という前提のため、どちらかと言えば謎が明かされないままバッドエンドを迎えたノベルゲー的展開になる方がむしろ自然だった気が。
最後の説明をしたのも、第2コンピューター室までの道のりを残しておいたのも、長らく頑張った戦線メンバーと、ここまで見続けた視聴者に対するご褒美的意味合いに見えるというか。
個人的には、この部分こそ、わからないならわからないままで終わらせて、ゆりっぺには別の部分で自分の行為に意味を感じさせて昇天…の流れにしてしまっても良かった気がします。

…とまあ、くどくどと不満語りをしてしまいましたが、自分の好みの展開にならなかった愚痴という風に切り捨ててしまうべき部分なので、視聴者の代表的な意見だというような書き方にするのはフェアじゃないですね(反省)。
なんだかんだでゆりっぺの神への抵抗に共感を抱いていた戦線メンバーですから、最後に彼女に協力するべくギリギリまで残るも良し、彼女の指示で作戦に参加してきたことで満足を得て、納得して昇天するも良しだったわけで。
立派にリーダーやれてんよ!状態のゆりっぺの果たした役割は大きかったですし、それが彼女自身にも救いを与えた、と、結果だけを見れば綺麗にまとまっていたと思います。
神よりも人を選んだわけですし、その点では人生賛歌という触れ込みに偽りはなかったかと。
神に許しを請うのではなく、自分の心の中で妹たちに許しを得て涙を流したゆりっぺの姿にも、それが象徴的に表れていたのではないかと。


次回、第13話(最終回)『Graduation』

ラストは卒業式回のようですね。
今後も新人がこの世界に迷い込み続けるのか、この世界そのものに他の変化が訪れるのか気になるところです。
メンバー達の次の人生が見れるかどうかも楽しみですね。
個人的には、ガルデモが岩沢&ゆいにゃんのツインボーカルでデビューしていたり、医者の音無と看護婦の天使ちゃん(天使ちゃん、マジ、白衣の天使w)が一緒にいたり、日向とゆいにゃんが再会していたり、ゆりっぺが兄弟と幸せに暮らしていたりすると良いなと思います。
ベタでも最後はハッピーエンドを希望したいです。


Angel Beats!公式サイトへはこちらから

Angel Beats!公式サイトはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン





http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/4602-a68f4f8b
http://ayatokamina.blog112.fc2.com/tb.php/647-27d93810
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/5a4bbf76b6
http://karmasoma.blog3.fc2.com/tb.php/126-ec38f46e
http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/1479-8dbe2bca
http://alicetail904.blog42.fc2.com/tb.php/223-7aa64107
http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/tb.php/1902-f2a51037
http://chunou2.blog97.fc2.com/tb.php/1125-53cb2986
http://blog29taka.blog107.fc2.com/tb.php/1098-ecb5c8b8
http://ilikemanga.blog87.fc2.com/tb.php/787-df4cd43f
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/3b72761a4ffaaf2c2c88b73d0955fa45/3f
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1222-cecaa60d
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/tb.php/2290-1db3b569
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/9ce28d5f1d
http://mapdiary.blog37.fc2.com/tb.php/675-78d2cafe
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/1226-f600ba31
http://wendykai.blog60.fc2.com/tb.php/947-2d83a8be
http://karmasoma.blog3.fc2.com/tb.php/125-76fad3f5
http://yusyu.blog34.fc2.com/tb.php/452-e8f881fd
http://toshibou1213.blog48.fc2.com/tb.php/352-7492ee9e
http://mondooftheworld.blog115.fc2.com/tb.php/259-6295bd33
http://akashiima.blog57.fc2.com/tb.php/114-6d762d58
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210189/48665333
http://kokonoi.blog93.fc2.com/tb.php/339-fd716a54
http://sugarlight.blog41.fc2.com/tb.php/178-4b696111
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/48669167
http://blog.crosschannel.jp/TrackBack/2268/
http://aniponda.blog119.fc2.com/tb.php/453-af0ae833
http://junkheadnayatura.blog24.fc2.com/tb.php/1213-eb86df61
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/dfecb2f292266f58d42338526a08f636/b4
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/3986-53090d93
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/m_yossy_m/51483444
http://kakioki60.blog129.fc2.com/tb.php/211-b75742c0
http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/2990-63545261
http://manaduru3.blog24.fc2.com/tb.php/454-84abb92b
http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/trackback/1033706/25897595
http://najigo.blog31.fc2.com/tb.php/86-90160ba0
http://khstar.blog110.fc2.com/tb.php/113-620e5b78
http://tokkurin.blog109.fc2.com/tb.php/1236-2a84adc3
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/tb.php/1647-f621d6fc
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/tb.php/1858-0508e705
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/tb.php/3070-489575dc
http://arpus.blog121.fc2.com/tb.php/1089-9eb2e590
http://hakuroupunk.blog56.fc2.com/tb.php/1933-03cb87a2
http://itigototyoko.blog109.fc2.com/tb.php/110-de9182ac
http://gunjyou8010.blog134.fc2.com/tb.php/7-ca2ca3fe
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/888-628774e5
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/katsux2/51579246
http://danceofeternity.blog76.fc2.com/tb.php/2170-45907684
http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/tb.php/295-67f74c13
http://blog.so-net.ne.jp/gomarz/2010-06-19-2/trackback
http://shino134.blog22.fc2.com/tb.php/613-493ac6ff
http://atdiary.blog4.fc2.com/tb.php/2524-e3fe6ad9
http://gototoraku.blog14.fc2.com/tb.php/67-aaf24322
http://kyariyas.blog115.fc2.com/tb.php/17-5808339f
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kansaianime/51561121
http://kachiani.blog121.fc2.com/tb.php/366-3c66a4e0
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/1840-2c406cad
http://tarararattara.blog40.fc2.com/tb.php/384-d831daa3
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/d71262695bb782fea7edd141b1ac2546/a0
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/51718960
http://satosilove.blog117.fc2.com/tb.php/561-ca9143ec
http://tomokunno.blog108.fc2.com/tb.php/220-99426250
http://ekitti.blog71.fc2.com/tb.php/456-fd6ce877
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月19日(土)のつぶやき | トップ | GENEZ(ジーンズ)4巻... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (野良猫)
2010-06-21 16:29:05
>あえて掘り下げ無かった

掘り下げなくても
理解できると思ったのでは?
曲はまるで.hackの如く
オープニングの奏はまるでバルムンク
エンディングは司のテーマ

あとは推して知るべしってことだったのではないでしょうか?

それに各キャラの言葉にもそれが出ていたようにも思えます
日向はクリム
野田は銀漢


あとは自分の経験で行間埋めれば理解できると思ったのでは
見ていて危なっかしい心配な人っていませんでしたか?
メンバーの大半はゆりに共感していたのではなくゆりが心配だっただけで、
ゆりがここを卒業できる、
もしくはゆりを託せる誰かさえ見つかれば自分の意思でここを出ていけるメンバーだったのではないでしょうか。
理不尽な人生を抱えていても、
のり越えられるだけの支えを得て
ここを旅立った卒業生たち。

ここでの愛とはそういう愛
心配な誰か思う気持ち(?)
だったではないでしょうか?
そんな優しさで満たされてしまうと
この世界はゆりのような人間にとっての楽園になり出ていく気がなくなってしまう。
優しさにも毒になる優しさと薬になる厳しさとある
だからリセットしなくてはならない
ここにいいる彼は現実にも存在して
ここでなくとも彼らのように救ってくれる優しい誰かにであえるから。
ってことだったのではないでしょうか。

>次の人生
人生讃歌を謳うなら
次ではなく今を見たいです。
理不尽な人生すら越えていく姿を。
例えば、
車いすを押す日向、笑顔で話しかけるゆい、その横を走り抜けていく制服姿のゆり
って感じの。

長くてすみません
>野良猫様 (gurimoe)
2010-06-21 19:25:36
・コメントありがとうございます。
とても気合の入った&詩的なコメントだな~、と思ったら、案の定ブロガーさんだった件w(http://noranekoblogpc.blog50.fc2.com/
アニメ版.hackテラナツカシス!
あれを見てその後、FF11をやろうと思った私が通りますw

野良猫様の解釈は全然アリだと思いますし、視点によって作品全体をどう評価するかが変わってくることもまた自明だと思います。
ただ、私の場合、EDの2番の歌詞を先に知っていましたので、最終回ではみんなバラバラ、死んだ世界での記憶は無くして、全く別の生を送っているところが描かれるのではないかというのが本命予想なので、すでに寿命の尽きている人生はあくまで過去、自分好みな最終回はこんな感じという提示をしてまとめる方向に持っていった次第です。

スタッフさん方が、説明が出来なくて放棄したのではなく、説明をしないという演出方法を選択したと予想したことは最初に述べた通りですが、戦線メンバーが世界の謎や自分の満足について考えたのは、音無の演説シーン時が初めてのことだったと思います。
リーダーとして一目置いていたのは間違いないですが、その時点ではじめて、それでもゆりっぺの戦いを見届けようと思った人は残って戦うグループと、ゆりっぺならきっとなんとか真実までたどり着くだろうし、自分はもう十分だと思って昇天したグループに別れた、という受け取り方にしました。

愛については、NPCの解説が全てで、特につっこもうとは思わなかったのでバッサリ切ってますw
恋愛的なラブと、仲間としての親愛の差異や、底に至る経緯を論じるのも面白いかなとは思ったのですが、それよりも先に自分が感じた欲求不満な部分を、記事としてまとめたかったので。
dis要素が多めなネガティブな記事になってしまったのは申し訳なかったのですが、そのあたりは他のブロガーさんを巡回して意見を聞いている間にある程度折り合いがついた気もするので善し悪しかなと。

推して知るべしというか、必要最低限の情報のみを提示する手法を使用したのは斬新でしたが、この手法がたくさんの視聴者に受け入れられて、後発の作品にも似た傾向のものが増えるとしたら、伏線とその回収に説得力を感じて喜びたい私としては、結構辛いものがあります。
なので、基本的なスタンスとしてこのようなまとめかたになった、と考えて頂けると幸いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

58 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (記憶のかけら*Next)
「ありがとう、もう十分だよ」
Angel Beats! 第12話 Knockin' on heaven's door (つれづれ)
 ひさびさの松下がちょっと格好良くなっていて驚きました。
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話『Knockin' on heaven's door』 (リリカル☆スアラ)
やっぱりゆりっぺさんが一番好き。 肌蹴た服にアワアワして、照れつつ「さあ行くわよ!」 >ゆりっぺ可愛すぐるwww 逝きかけた時...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 感想 (ひえんきゃく)
あたしも皆の後を追いかけて行きたくなっちゃたよ 長い間、お疲れ様。お姉ちゃん 今回がクライマックス!黒幕との対決!? ゆりの物語に...
[アニメ感想] Angel Beats! 第12話 Knockin’ on heaven’s door (窓から見える水平線)
Angel Beats! 第12話。 戦線のメンバーが選んだそれぞれの道、 そして神を気取る真犯人の正体とは―――。 以下感想
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」の感想 (新さくら日記)
 ハァハァ、俺の天使ちゃんマジ天使。俺の天使ちゃんがちっちゃ可愛すぎて死ねる。俺の天使ちゃん、謎の影の化け物との戦いでも大活躍。そ...
Angel Beats! EPISODE.12「Knockin' on heaven's door」 (* Happy Music *)
天使が影と戦ってる間に、SSSメンバーを説得しに行こうとした音無達で。 そこにガルデモの3人が現れて、音無に別れを告げて一足先に卒業しち...
「Angel Beats!」12話 Knockin' on heaven's door (蒼碧白闇)
なんていうかいろいろツッコミを入れたくなるなぁ…。 でもツッコミを入れたら負けのようなそんな気もするし…。 だけどやっぱりちょっとだ...
「アニメノミカタ」 Angel Beats! を視る (物理的領域の因果的閉包性)
見えない世界 - The Endless Love -
Angel Beats! 第12話 感想 (KYARIYASの思考錯誤ブログ)
つめこみすぎだと思う・・ 考えることが多すぎて感動できないよ・・・ やっぱりネタキャラがいらないなあ 戦闘のシーンでキャラが一人一人...
Angel Beats! 第12話「Knockin'' on heaven''s door」 (アニメレビューCrossChannel.jp)
この世界の謎の鍵を握ると思われる影、または影を操る存在に挑むゆりとSSS。これまでは抗い続ける仮想敵が天使や生徒会やらだったのだが、キャラクターと世界観の紹介に適した構成だったのかは何ともいえないところだ。天使の裏にある存在が“神”やらラスボスに思ってい...
Angel Beats! 第12話 (ニコパクブログ7号館)
第12話『Knockin' on heaven's door』Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・この世界のことが明らかに?
Angel Beats! 12話 「Knockin' on heaven's door」 感想 (狼藉者)
「世界に、愛が芽生えました」 Angel Beats! -Track ZERO-(2010/06/23)麻枝准(Key)商品詳細を見る
Angel Beats!12話 (アニメ徒然草)
ラスボスはカヲル君でした。というわけで、「Angel Beats!」12話ゆりっぺ補完計画の巻。 すっかり戦闘要員に落ち着いてしまった奏ちゃん。 羽はゼロカスだけど、ハンドソニックver.5はナ...
Angel Beats!(エンジェルビーツ)~第12話 感想「Knockin' on heaven's door」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
Angel Beats!(エンジェルビーツ)ですが、ヴォーカルを失ったガルデモの他のメンバーも消えることになります。音無が立会いますが、直井は「下々のお見送りご苦労様です」と言い、日向と口論します。音無たちが大量の影と闘うなか、ゆりっぺはギルドを探索中です。(以下...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on Heaven's Door」 (シュガーライト)
天使ちゃんマジ神々しい。 音無の言葉に納得したガルデモメンバーは成仏することに。 「酷い歌だったなぁ」とユイにゃんに苦笑すると...
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話「Knockin' on heaven's door」感想 (マナヅルさん家)
そうか、愛なら仕方がない。
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (ミナモノカガミ)
私の人生。
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話「Knockin' on heaven's door」 (SERA@らくblog)
卒業していく場所で生まれたものは――。 ガルデモ解散や、松下5段山篭りダイエット完了とかはスルーで(ぉ) SSSは音無たちの戦いに加勢。 ...
Angel Beats ! Episode 12.『Knockin' on heaven's door』(感想) (アニメ-スキ日記)
消え無かったんだねw ゆりはみんなを守れ満足して成仏したのかと思った! 次回、卒
Angel Beats!・第12話 (新・たこの感想文)
「Knock’n on heven’s door」 大量に現れる「影」たち。必死に抗う音無たち。そして、ギルドへ向かうゆり…… な...
(アニメレビュー) Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 (月を見上げる丘)
どうみても月光蝶です本当に(ry 色々と謎解けた回でもあったAngel Beats!第12話。でも一番の見所はSSSメンバーの大反撃と奏の月光蝶にあった...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (妄想詩人の手記)
ラスボスのキャストは、あまりにも当然すぎる配役で笑ったw ※ちょい批判的な記事ですので、ご注意ください。TBは返信のみで。
AngelBeats! 第12話 Knockin'onheaven'sdoor (極上生徒街-Anamorfosi-)
天使ちゃんカッコイイw TKが美味しいところをw 松下5段が痩せたw TKのポジションが昇格してないか?w  ゴーグルの奴はおっさんじゃないのか?w  ゆりが&nbs...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (空色きゃんでぃ)
影との戦い!そして、ゆりの卒業! ラスボスはとっても美形! 松下五段も実は美形?(*゜д゜*) 影を生み出したラスボスの正体は、愛を失った...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on Heaven's Door」 感想 (第三の書庫)
 グラウンドに湧く多数の影。  それに挑む奏。  音無、日向、直井はSSSの面々ともう一度会おうと扉を開けると、そこにはガルデモのメン...
Angel Beats!(エンジェルビーツ)12話 のまとめと考察と感想 (赤嶋情報)
今回は駆け足展開で分かりにくかった。 そこで話を見返して、話の内容を整理してみました。 また今回は、自主的に成仏した人も多数いました...
Angel Beats!12話感想 (しろくろの日常)
Angel Beats!の感想です。 ゆりの気持ち。
Angel Beats! 12話 『Knockin' on heaven's door』 (無常の流れ 新館)
Angel Beats第12話。ゆりの物語についてはこれで一応の決着はついたのでしょうか。 …やはりこの作品は13話では足りなかったと思います。描写不足...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」の感想、ついでに作品全体の感想 (モンド of the World)
 まだ最終回が残っていますが、今回の放送で評価は決定したかなって気がするんで簡単に感想でも。  この作品、ロケ地が母校って事でそれ...
「AngelBeats!」第12話 (日々“是”精進!)
  EPISODE.12Knockin'onheaven'sdoorそれは、愛。奏は影退治。ガルデモのメンバーは“踏ん切り”がついたと音無に告げる「じゃあな、新人!」大量の影が襲って来て、野田、大山、藤巻、TK...
Angel Beats! EPISODE.12 前半 (本隆侍照久の館)
“Angel Beats! EPISODE.12『Knockin' on heaven's door』前半”
Angel Beats! EPISODE.12 後半-1 (本隆侍照久の館)
“Angel Beats! EPISODE.12『Knockin' on heaven's door』後半-1”
Angel Beats! EPISODE.12 後半-2 (本隆侍照久の館)
“Angel Beats! EPISODE.12『Knockin' on heaven's door』後半-2”
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話 「Knockin' on heaven's door」 感想 (wendyの旅路)
愛は勝つ―
Angel Beats!  12話 (まあまあいいじゃないですか。)
難しい。石田彰がこむずかしいことを言ってきます。 正確に言うと、日向とユイにゃんの間に愛が生まれてしまったのがだめだったのでしょ...
Angel Beats! 第十二話 (ぶろーくん・こんぱす)
 ゆりが頑張っている内にSSSの皆を卒業させようとする音無の前にガルデモメンバーが現れる。
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (明善的な見方)
Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]愛が世界を変える ついに、最終回直前ということで世界の成り立ちも明かされました!
Angel Beats! 12話 「Knockin' on heaven's door」 (穹翔ける星)
愛の賛美歌
Angel Beats! #12 (桜詩~SAKURAUTA~)
【Knockin' on heaven's door】 Angel Beats! 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:櫻井浩美販売元:アニプレックス発売日:2010-10-27おすすめ度:クチコミを見る ここから消えたらやり直せますかね? 
Angel Beats! #12 (関西版地上アニおた波)
影のカラクリについては、これで出揃ったか。手違い(記憶喪失)でこの世界に迷い込み、ここで人を愛し、消えてしまった人との再会を目指し...
Angel Beats! 第12話  (刹那的虹色世界)
Angel Beats! 第12話 『Knockin’on herven's door』 ≪あらすじ≫ 理不尽に奪われた弟妹たちの命。だからこそ、ゆりは彼らの為だけに生き、そんな奪...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (せーにんの冒険記)
『愛』が生まれた日。 ためらわない事さ Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/07/21)櫻井浩美神谷浩史商品詳細を見る
Angel Beats!第12話『Knockin’on heaven''s door』 (アニメ好きのケロポ)
ティスティ~~~~~・キュ~ティ~♪ 皆さん最後の見せ場です♪ 愛が芽生えたのなら、きっとずっと一緒にいたいと思うのです><; もう一度逢いたくて・・・・、報われるのかな・・・、 何を選ぶのかは、あなたしだい・・・、 ...
(感想)Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (aniパンダの部屋)
Angel Beats! 第12話  「Knockin' on heaven's door」 【キャスト】  ・音無   神谷浩史    ・椎名    斉藤楓子  ・ゆり   櫻井浩美...
Angel Beats! 第12話「Knockin’on herven's door」 (全て遠き理想郷?なブログ)
「下々共のお見送りお疲れさまです」 お前の一言で色々と台無しだwww まさかガルデモがこんなあっさり成仏してしまうとは…3人にどん...
Angel Beats! 第12話「Knockin'on heaven's door」 (からふるdays)
Angel Player―愛を追い続けた孤独な男の遺産。 これは愛と死の物語。
AngelBeats! 第12話 『Knockin’on herven's door』 感想 (メルクマール)
書きたいことはたくさんあるのですが、他のブロガーさんも長文書くでしょうから、なるべくシンプルに2点に絞って書きます。「神について」...
Angel Beats!【12話】 「Knockin''on heaven''s door」 (生徒会の放課後 こーひーたいむ)
まさかの「石田」さん登場! 「おぉ?」と思う声優さんで、自分の中で男性声優ベスト3には入ると思います。 Angel Beats!12話でした。 今回はいよいよ謎の影についての真相が明かされる時でした。 というよりも、真犯人(謎の青年)の声がやっぱ印象に残り...
AngelBeats! 第12話「Knockin'onheaven'sdoor」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
新たな敵の出現--------------!!これが最終決戦となるのか。まずはガルデモのメンバーが音無の言葉を受け入れたよう。でも、自分たちが音無に説得されて消えたのではのではなく納得し...
『Angel Beate!』 第12話 観ました (「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋)
あの世界の改変を狙っているのはいったい誰なのか? 影はデータ改変でできたものらしい。ならば、データを改変した奴が居るってことで、その改変をした奴が居るのはパソコン室から繋がる地下通路の先、ギルドに居る筈。 と、言うことでゆりは単身ギルドへ向かった...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 (ゆる本 blog)
新たな脅威に対抗してまだまだ抗う者、心の充足を受け入れる者。「Angel Beats!」の第12話。 ネタ「格闘中」を追加。 数を増す影をひたすら撃...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 (黄昏温泉旅館)
この世界は、愛を知るための世界。 分かるような分からないような、そもそも大して説明にもなっていなかったような気がしますが、 一応...
Angel Beats! 第12話の感想やら画像やら (水たまり)
「神様もびっくり仰天かなって!」
Angel Beats! 第12話 「Knockin’on herven's door」 (中濃甘口 Second Dining)
そして、最後に愛は勝つ!! かなり強引だけど力技でねじ伏せにかかった感じです! という事である意味最終回っぽくもあるAngel Beats!、第12...
Angel Beats! 第12話 感想 (荒野の出来事)
 Angel Beats!   第12話 『Knockin' on heaven's door』 感想  次のページへ
Angel Beats! 第12話 感想 (ともくんのアニゲー日記)
#12 「Knockin' on heaven's door」 音無の話を聞いて吹っ切れた人達。 ゆりっぺ単独でギルドへ向かいます。 今回は核心に近づくストーリー上、ギャグ...
Angel Beats! #12 (Shooting Star☆彡)
第12話『Knockin' on heaven's door』  お前もとことん一途な奴だな! 影の正体とは―  全員が一体となって敵に立ち向かった結果・・・