gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

ただ、それだけでよかったんですの感想レビュー(ライトノベル)

2016年02月10日 21時36分35秒 | ライトノベル・小説
電撃文庫のラノベ、『ただ、それだけでよかったんです』(松村涼哉先生原作、竹岡美穂先生イラスト)が発売中です。
第22回電撃小説大賞<大賞>受賞作ということで話題ですね。

表紙は、主人公の拓とヒロインの琴海。
はかなげな雰囲気が切なさを感じさせますね。
ラノベの表紙としては結構珍しいかも。

お話的には、弟である昌也がいじめを苦にして自殺したことに納得の行かない姉・香苗は、友人の力も借りて独自に調査を始めることに。
『菅原拓は悪魔だ』という遺書の真実を確かめるべく、加害者であるはずの少年・拓の元を訪れた香苗は、彼の口から予想外の真実を伝えられることになって……というサスペンスタッチのいじめ問題全容究明展開です。
主人公がぼっち出身という作品はハーレムものにしろ無双ものにしろたくさんありますが、彼ほど徹底的に不遇で四面楚歌なぼっちというのはなかなか居ないかも。

あらすじからもただならない雰囲気が醸し出されていましたが、テーマがかなり重くて驚かされましたね。
直接手を下していないとはいえ、主要因たる拓は既にクラスや世間から猛然とバッシングを受けている=事件解決ではなく、その向こう側に隠された真実や意図を解き明かしていこうとする過程を被害者の家族視点で描くというドキュメントライクな構成が個性的で、一気に物語に惹きこまれてしまいました。
また、香苗の調査シーンと平行して、拓視点の回想・独白シーンが度々挟まれることで、事件が起きるまで、起きたあとに彼らのクラスで何があったのか少しずつ全貌が見えてくる演出も素晴らしかったです。

基本的にぼっちタイプの拓が、クラス内ヒエラルキー上位の昌也達4人をいじめていたという構図自体は明らかに異常なのですが、加害者・被害者双方の証言に食い違いはなく、むしろ拓自身が早々に自分がいじめていたと認めている不思議。
読者的には、そこになんらかのヒミツが隠されているという前提で読み進めていくことになるわけですが、小出しに追加される新事実のせいで次々と予測が外されてしまうのが悔しくもお見事でした。
普通の推理ではなく、それこそ悪魔的な発想でないと辿りつけない真実とは何か、是非ご確認いただきたいと思います。

本作独自の“人間力テスト”という制度のせいで、学校全体が完全な序列社会となっているのがより一層息苦しさを感じさせるわけですが、他人の目を特に意識し始めるはずの中学生にとって、ましてや不人気ぼっちタイプの人間にとってはそれがどう映っていたのかが本作の大きなポイント。
ただ、現実でそこまで露骨な相互評価監視システムが実践されてはいないとはいえ、似たような境遇は既に存在・形成されているような気もしますし、あながち完全な他人事・フィクションだと笑い飛ばさせないだけのリアルさは感じられたので良かったです。

ぶっちゃけ、現実で拓と似たような行動をなぞったとして、全てが彼の計略と同じ様にはいかないのは本作を見ればわかりますし、いじめや、学校という名の一種の閉鎖社会の中での人間関係の問題についてどうすべきか?については、古典にして王道な解決策に頼んだほうがメリットが多いであろうことも劇中で示唆されていたりするあたり渋いわw
クラスメイト達の反応がやたら利己主義と集団主義まみれで俗っぽかったり、裏サイト的なチャット等でも弱者叩きがあったりと、現代の学生社会の闇を垣間見るような内容に((((;゜Д゜))))ガクガクブルブルさせられましたが、第三者から見て完全に絶望しかないような状況であっても、当事者にとってはある種の救済が残されていたりで、読後にもいろいろ考えさせられるものがありました。

ライトノベルというよりは、ハードカバーや一般文芸といった読者層の方がウケが良さそうな気がしましたが、既存のラノベとは違ったものが読みたい!という方には特にオススメかと。
ただ、事件については今巻だけで裏も表も全てが語られてしまいましたし、おそらくは単巻完結となりそうっぽい予感が。
次は同様の作風で新作となるのか、更に想定外な要素追加で掘り下げていくのか気になります。


気になった方は是非、チェックなさってみてくださいませ。


電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE公式サイトはこちらから

第22回電撃小説大賞特設サイトはこちらから


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

blogram投票ボタン
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月9日(火)のつぶやき その2 | トップ | 2月10日(水)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL