gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

機動戦士ガンダム00セカンドシーズン第9話『拭えぬ過去』の感想レビュー

2008年12月01日 17時30分07秒 | 機動戦士ガンダム00 2ND SEASON
『逃れられないのね、私は・・・(あの、忌まわしい過去から・・・拭えない過去から・・・)。』
スメラギさんの戦術予報が冴え渡る!
地上から宇宙へと脱出するという僅かな時間が中心のお話ですが、様々な人の思惑が交差し、迫力のあるバトルシーンとあいまって、良回だったのではないでしょうか?

『ものたりねぇな、ガンダム!』

スローネの発展型、アルケーガンダムで襲い掛かるサーシェス。
近接武器の剣といい、早さを増したファングによる全方位攻撃といい、ガンダム2機を相手にしても始終優勢なまま戦い続ける姿には驚かされました。

『お前らのせいで体の半分が消し炭だ!野郎の命だけじゃ足りねぇんだよ!再生治療のツケを払え!てめぇの命でなぁ!』

二―ルの攻撃は届いていたものの、完全に息の根を止めることは出来なかったという訳ですね。
ルイスの様に再生が出来ない状態にはならず、体自体は元通りに復活したみたいです。
機体の操縦技術を見る限り、特にハンデとなる要素はなく、4年の間に完全にもとの状態に戻ってしまったみたいですね。
残り半分も消し炭にして、二―ルの敵を討つのはティエリアか、それともライルなのか気になります。

『ガンダムで行かせて正解ね。』

先週のパーティー潜入にワザワザガンダムで乗りつけたのは何でだろうと思う部分もありましたが、アロウズの追っ手を考慮したスメラギさんの予想だった訳ですか。
最近のスメラギさんは絶好調ですね。

『貴様がロックオンの仇か!敵討ちをさせてもらう!』

『自業自得だ!右目が見えねぇくせに戦場に出てくるたぁ!』

ティエリアが復讐に燃えていますが、サーシェス自身はあくまで冷静に判断している模様です。
右目の怪我について指摘されたことで、それに負い目を感じているはずのティエリアはますます闘争心に火がついたのではないでしょうか?
セラヴィーの秘密武装、「隠し腕」がアルケーを襲いますが、

『隠し腕!?・・・こっちにもあるんだよ!』

アルケーにも隠し腕がww
足先から生えたビームサーベルがカッコヨスです。
セラヴィーの隠し腕はジ・オっぽい、いかにもな感じでしたが、アルケーの方ははじめから使用されることが前提っぽいデザインだった気がしました。
両手両足全部にサーベルで4刀流みたいな感じになったら強そうですね。

ダブルオーの援護も入りますが、依然サーシェスの優位は動かず。

『まとめてお陀仏・・・ん!?援軍?4対1か・・・。さすがに分が悪い。』

アレルヤたちが駆けつけ、戦況が不利になると同時に撤退するサーシェス。
プロっぽくて良いですね。
このまま戦い続けていたら、どこまで倒すことが出来るか見たかった気もしますがww

『そうこなくちゃいけねぇよなぁ!こうでなくっちゃ!』

簡単には全滅させられませんでしたが、戦闘狂であるサーシェスには戦い自体がご馳走です。
死闘の予感に喜ぶ姿が印象的でした。
サーシェスの戦い方はいつも生々しい感じがして迫力があるので、今後の出番にも期待ですね。

『彼らには僕達に対抗して欲しいのさ。』

リジェネはティエリアを仲間に引き込む気があったようですが、リボンズはマイスターたちを泳がせて、それと戦うアロウズの正当化を図る方が重要だと思っていたようです。
リジェネは行動がかなり突飛な感じがしますが、ツインドライヴシステムをはじめ、イノベイターが知らないところでイオリアが何らかの目論見を持っていたのではないかと疑っているみたいですね。
リボンズが裏をかかれるようなイレギュラーがそのうち起こるのか、それすらねじ伏せてマイスター達の障害となるのか、今から楽しみです。

『私の体について、お聞きにならないのですか?』

『聞いて欲しいか?』

『いえ・・・。お気遣い、感謝します。』

ルイスと会話するアンドレイの毅然とした受け答えがカッコ良いなと思ったのですが、ルイスのいないところで先回りして調べていたのにはちょっと残念。
家族を失ったことはもちろん、細胞障害のことも既にチェック済みでしたか。
すぐにデートに誘ったりせずに、まずは外堀から埋めていく作戦なのかもww

『宇宙に上がる?』

スメラギさんの予想で、アロウズに包囲されることを考慮し、宇宙へ脱出することに。
ガンダムのGNドライヴで発生したエネルギーをトレミーに繋げて、出力を上げれば高速での大気圏突破も可能なんですね。
何にでも利用できるGNドライヴの便利さに脱帽です。

『連絡、取ってないのか?』

『うっ・・・。』

ルイスと会ったことを沙慈に伝える刹那。
これで沙慈もルイスがアロウズ関係者だということがわかったのでしょうか?
ビリーだけならともかく、護衛にアンドレイがいたので、やはりアロウズに関係していると判断するのが妥当な線かなとは思います。
気持ちが離れている訳ではないのに、一緒に入られない2人にヤキモキしてしまいますね。

『敵の作戦指揮官も、今のオーソドックスな戦術は先刻お見通しでしょうし。』

『ぶ、無礼な!上官である私を愚弄する気か!』

『ライセンスがあります。』

『なんだと!?』

リント涙目ww
結構やり手な印象だったリントですが、カティだけでなくリヴァイブにも指揮能力で太刀打ち出来なさそうです。
短い栄華でした。
かつてセルゲイに威張り散らしたのと同じような返し方をされてしまったのがニヤニヤです。

『貴官もワンマンアーミーだというのか?』

思わず聞き返したカティでしたが、リヴァイブはカティの戦術に従うことを確約。
ブシドー=ワンマンアーミーは確定wwですが、ライセンス=ワンマンアーミーなのかどうか気になりますね。
権限はあるけど、隊を乱すつもりは無い、というところでしょうか。

『なるほどね・・・。兄さんは家族の仇を討つためにそのサーシェスってやつを・・・。世界の変革より私怨か・・・。兄さんらしいと思ってな。』

『不服なのか?』

『いや、尊敬してんだよ。』

二―ルを殺したのがサーシェスだと知らされたライルでしたが、取り乱したりせず、静かに受け止めたのがカッコ良かったです。
刹那も自分がライルたちの家族を殺した組織、KPSAのメンバーだったことをうち明けます。

『あの時、俺が仲間を止めていれば・・・。』

『その時、お前が止めていたとしてもテロは起こってたさ。・・・そういう流れは変えられねぇんだ。すべて、過ぎたことだ。昔を悔やんでもしかたねぇ。そうさ、俺たちは過去じゃなく、未来のために戦うんだ。』

驚きはしたものの、刹那を責めるような事はしなかったライル。
軽薄に見せていたのは上辺だけで、本当は信念の固いキャラだったんですね。
かなりポイントが上がったというか、見直しました。

(己の正義に準じて生きる・・・。だがそれが、本当の未来に繋がるのか?イノベイターに敵対することが、本当の未来に・・・。)

むしろ、ライルの考え方に触れて心が揺らいだのはティエリアでした。
先週の事件で決心が付いたのかと思っていたので、個人的には意外でしたが、色々と悩むようになったこと自体がティエリアをより人間らしくさせていく要因でもあると思うので、しっかり悩んで、良い結論を導き出せると良いなと思います。

『やはり新型を開発しているか。』

『グラハ・・・いや、今はミスター・ブシドーだったね。』

『勝手にそう呼ぶ。迷惑千万だな。』

『気に入ってるのかと思ったよ。ところで今日は何の用だい?』

『貴官の開発主任就任の祝福を。それと、試作段階のあの機体を「私色に染め上げて」ほしい。』

『ふっ、どうやらそっちがココに来た本命だね。要望はあるかい?』

『最高のスピードと、最強の剣を所望する。』

『合点承知☆・・・そのかわり確実に仕留めて欲しい。ソレスタルビーイングを・・・。』

『ん?無論だ。私はそのためだけに生きている。』

『ふっ。あ、そういえば君のいる部隊、作戦行動中のはずじゃ・・・。』

『艦隊戦に興味はないな。』

『そこまで作戦を読んで・・・。』

『心眼は鍛えている。』

ビリーさんもノリノリにww
というか、ツッコミどころが多すぎるのにもかかわらず、本人達は大真面目なのがさらにツボを刺激しますね。
ようやくミスター・ブシドーの正体がハム様だと公式に明らかにされてファンも一安心、といった所でしょうか。
スピードで翻弄するタイプなのに剣で戦うということは、順当に考えて軽量&一撃離脱系の辻斬り殺法が得意な機体になるということでしょうか。
早く武者フラッグの雄姿が見たいですね。
しかし、作戦を先読みしていたとはいえ、モビルスーツに飛び乗って堂々とサボるフリーダムさは既に最強クラスかもww

『やりますよ、大佐!』

トリロバイトの展開と同時に、アロウズ部隊も配置につきます。
コーラさんも出撃!
果たして腕はどれくらいあがっているのか?期待が高まります。

『あのときの続きを聞かせてくれ。お前が見つけた世界の歪みとはなんだ?』

『それは・・・。』

スメラギにも報告せず、考え続けるティエリア。
しかし、アロウズの接近とともにトレミーも離脱体制に。
今週もイノベイターたちのことを告げられなかったティエリア。
このまま何かのアクシデントに巻き込まれて伝えられない状態になったりしないか心配です。

『中東をあのままに、宇宙へ上がる。アロウズから逃げるために・・・。』

コクピットで呟く刹那。
マリナのことは口に出さないところが彼らしくもありますが、自身の過去のことだけでなく、彼女のことも気にしてないわけではない・・・と良いなぁww
今回マリナの出番は無かったですが、もうちょっと登場シーンを増やしてあげないとかわいそうかなと。

大型魚雷の爆発力を初期加速に利用し、大気圏突破を図るスメラギさん。
いや、そんな不確定要素を計算に入れるのはどうなのかとも思いますが、演出としては最高にカッコ良かったですね。

『効かねぇじゃねぇか!・・・このぉ~!』

艦船の常識を超えるスピードで上昇するトレミーに、何とか追い付こうとがんばるコーラさん。
しかし、ミサイルの一発が機体にヒット。

『またかよ~~!』

不死身のコーラサワー伝説は、まだまだ続きそうですね。
ルイスも最後まで粘っていましたが、ピーリス機に乗り換えたということでしょうか?

『上昇角度の変更は、たったの3度・・・このガデッサには、たやすいこと!』

アロウズ部隊の追撃を振り切ったトレミーでしたが、上空からの狙撃を受けてしまいます。
リヴァイブの乗る機体は長距離砲戦仕様だったみたいです。
これはライルとの撃ち合いが楽しみな感じですね。
直撃こそ受けたものの、軌道がずれただけで爆発はしませんでした。
それとも、出力を手加減されていたのかも?
どちらにせよ、破壊できなくても味方のいる空間に誘導する二段構えの罠を張っていたカティの作戦勝ちか?と思われましたが・・・。

『敵の数は?』

『敵・・・巡洋艦1隻、モビルスーツ6機です!』

『そう・・・予測範囲内ね。』

それすら読んでいたスメラギさん。
そこにしびれる、憧れるぅ!

『ガンダムです!』

『援軍がいた?いいや、あの機体は違う。もしや!大気圏離脱中に緊急発進させたというのか!?』

『・・・一気に本丸を狙い撃つ。ダブルオー、目標を駆逐する!』

指揮官だったジェジャン中佐が宇宙の塵に。
配下の機体も退散。

『読み勝ちだな。』

『どうにかね。』

一息つくスメラギさんたちの後ろで、マリーの寂しそうな表情が映されたのにグッと来ました。
元同僚や上官を倒して前に進むことになったのですから、ピーリス時代の記憶が思い返されるのも当然かも知れませんね。

『敵モビルスーツから有視界通信によるメッセージが届きました。読み上げますか?・・・「ソレスタル・ビーイングのリーサ・クジョウの戦術に敬意を表する。独立治安維持部隊大佐 カティ・マネキン」』

(マネキン・・・カティ・マネキン・・・。そんな、彼女がアロウズに・・・。)

スメラギさんの脳裏に、学生時代、ビリーと同じく同級生だったカティの面影がよぎります。

『逃れられないのね、私は・・・(あの、忌まわしい過去から・・・拭えない過去から・・・)。』

サブタイトルの意味は、ここにあったんですね。
個人的には二―ルの死についてライルが思い悩むような展開を予想していたのですが、彼はスッキリしていましたし、ならば、ティエリアが昔と今の自分の考え方を悩んでいるのを象徴する言葉としてそうつけたのかと思っていたのですが。
今回はスメラギさん大活躍という感じだったので、最後にちょっとケチがついてしまったような気もしました。
刹那にしても、他のキャラにしても、過去を忘れてしまうのではなく、抱えたまま前に進んでいく、という姿勢を貫けるかどうかが重要なのかもしれませんね。

Cパート

『ジェジャン中佐が戦死・・・。これ以上の犠牲を出す訳にはいかん。彼らに要請するしかあるまい。イノベイターを・・・。人類を超えた存在を・・・。』

ビリーパパことホーマーが重い腰を上げることに。
というか、中佐が1人欠けたくらいで頼るのって早すぎな気がしますがww
せめてもう少しジェジャンの活躍が描かれていたならもう少し説得力があったのかもしれませんが。

『おお~、こいつか!』

『形式番号GNR-010、機体名「オーライザー」よ。』

『よくやってくれた、リンダ!こいつがあれば、ダブルオーは無敵だ!』

リンダって奥さんですか?
やるなぁ、イアンさんww
ミレイナはお母さん似ってことでしょうか。
あとで設定チェックしないと。
それはともかくとして、リボンズにたいしたことの無い性能だと思われているダブルオーですが、合体することで無敵の強さを発揮できるのか、次週が楽しみですね。

次回、第10話、『天の光』

「それは、罪を背負った天空の輝き」、というナレーションがありましたが、どんな意味が隠されているのか気になりますね。
オーライザーが届けられるまでに誰かがやられてしまったりするのでしょうか?
天で光るといえばオーガンダムのイメージもありますが、今週に引き続き、派手なバトルシーンが見られることに期待したいです。



『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (77)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月刊コミックアライブ1月号... | トップ | 『ガンダム』 ガンダムVSガ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
毎度どうも (westernblack)
2008-12-05 17:51:21
スメラギさん、今カッコよすぎて後で落ちるのが心配です。自分のセリフから「過去から目をそむけているのが自分の弱点」と自覚してください。多くの視聴者がそう感じたことでしょう。でもgurimoeさん、憧れるというお言葉もわかります。彼女はいろいろと視聴者をイライラさせますが、作戦家として得がたい天分を持っていることが前期以来一貫して描写されてきたちょっと羨ましい人。それに加えて私がコメントでほぼ彼女の悪口を言わないのは、前期の最初のOPで爆炎を抜けてなお前だけを見続ける彼女に社会人として「憧れる」からです
今期こそ本編でも最後にはそう感じさせてくださいな
でも危ないか、脚本書いてるのがアノ人ですからね~
でもやっぱり期待しちゃいます♪
それでは失礼します
>westernblack様 (gurimoe)
2008-12-06 00:50:41
・いえいえ、こちらこそ恐縮です。

というか、スメラギさんの活躍自体が結構意外(というか、あのダメラギさんが!みたいな書かれ方をされている方が多いのがww)みたいですね。
1期の時は特に彼女の予報が駄目だと思わないで見ていたので、個人的にはそっちの方が驚いた感じのgurimoeです。

というか、母艦のリーダーというポジショニングをつとめているという時点で、個人的に惹かれてしまう部分も多いのですがww
アムロはアムロ、シャアはシャア、でもブライトはブライトさん。と、無意識につけてしまったり。

部隊の指揮を執る立場の人間なら、もっとクールに物事を割り切っていかないと駄目だというのがセオリーですが、スメラギさんの場合は、マイスターやトレミーのクルーに対しても意外と気を回しているあたりが人間臭くて良い感じかなと思います。
お酒に逃げるあたりもある意味ではリアルかもww

ただ、常に長としてあり続けなければならない彼女自身の心を支えるには、4年前のクルー達は若すぎたのかな、という風にも考えられるかもしれません。

4年という歳月を経て、成長した刹那達が、ともに戦う仲間としてスメラギさんのことを信頼してくれたからこそ、彼女はもう一度トレミーの一員として、聡明な戦術予報士として現場復帰できたのではないかと思います。

ビリーやカティと敵対することを余儀なくされたスメラギさんですが、今後の活躍にも期待したいですね。
リヴァイブやハム様など、戦術予報士じゃないのに凄い戦術眼を持ったキャラが増えていますが、頑張ってほしいところです。

関係ないですが、あのプロポーションを維持し続けていることにも憧れてしまうかもww

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

77 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ガンダム002nd 9話 拭えぬ過去 (日常のぼやき)
さて、そろそろあのスミルノフJr.に良い呼び名を考えるか
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン #09 『拭えぬ過去』 (■モニョロ箱■)
アリー・アル・サーシェス、襲来!!
機動戦士ガンダム00 2nd Season 第09話「拭えぬ過去」 (日常と紙一重のせかい)
なんというチート合戦  この場合は高度な心理戦といった方がよろしいか…そんな9話。
逆襲のひろし…じゃなくて、アリー。そして舞台は宇宙(そら)へ! ガンダムOO 2nd 第9話『拭えぬ過去』 (シュージローのマイルーム2号店)
 潜入調査は一定の収穫を得られた潜入調査だったが、今度はアリーの新スローネの襲撃を受けてしまった刹那とティエリア機。  たった1機だ...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #09・「拭えぬ過去」を観て寸評 (サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改)
 …え?ブシドーって自称じゃ無かったんですか!?
ガンダム002nd 感想 第9話「拭えぬ過去」 (★♪灰色の月と白色の太陽♪★)
         過去と未来。
機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第9話「拭えぬ過去」 感想 (コツコツ一直線)
 今回は主にソレスタルビーイングが地球から宇宙へ脱出していく話。スメラギとマネキンの戦術の戦いに注目です。また今回はブシドーとカタギリの再会シーンもあって面白かったです。やっぱりバレバレ…。今後新機体が完成する日がますます楽しみです!
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第9話 拭えぬ過去 (レベル999のマニアな講義)
『拭えぬ過去』内容アロウズ幹部が出席していたパーティーに潜入していた、ティエリア、刹那であったが、ルイスの登場により、全て破綻していく。。。撤退するダブルオー、セラヴィーの前に現れたのは、アルケーを駆る、アリー・アル・サーシェス!!!サーシェスの力の苦...
「機動戦士ガンダム002ndseason」第9話 (日々“是”精進!)
#09「拭えぬ過去」刹那とティエリアは、サーシェスの駆るアルケーガンダムと対峙する。ティエリアはロックオンの敵と怒りを向けるが、相手の攻撃力に圧倒されてしまう。一方、ライルはティエリアの言動からサーシェスが兄、ニールの敵であることを知る・・・。「俺たち...
機動戦士ガンダムOO ? 第9話「拭えぬ過去」 (ひびレビ)
機動戦士ガンダムOO ? 第9話「拭えぬ過去」 先週、アルケーガンダムと遭遇した刹那&ティエリア。てっきりまた何事も無かったように帰ってくるかと思ったら、真面目にバトってますw 個人的にはXアストレイのドラグーンシステムっぽい武器(ファンネル)でかく乱し、...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話 「拭えぬ過去」 感想 (メルクマール)
『大気圏離脱時の戦闘』 とは萌えるシチュエーションでした。機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話 「拭えぬ過去」 の感想です。 フ...
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」 (Happy☆Lucky)
第9話「拭えぬ過去」
機動戦士 ガンダム00 2nd SEASON 第9話 『拭えぬ過去』 本編感想? (腐麗蝶の柩-ティエリア愛~ガンダム00+コードギアスファンサイト(祭一歩手前))
感想 イラスト ガンダム00 セカンドシーズン ガンダムOO 拭えぬ過去 9話 9話 感想記事? ティエリア †: ↓ストーリー概...
機動戦士ガンダム00 2nd season 9話「拭えぬ過去」 (Spare Time)
『サーシェスの駆るアルケーガンダムと対峙した刹那とティエリア。ロックオンの仇と怒りを向けるティエリアだが、その攻撃力に圧倒されてし...
ガンダム00 セカンドシーズン 9話 (ハルジオンデイズ)
9話「拭えない過去」
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」 (脇街道)
【感想概略】 今回は、ほとんど全身凶器のサーシェス専用MS・アルケーガンダムと、ダブルオー及びセラヴィとの戦闘が描かれ、ライルの実は理...
機動戦士ガンダム00 2nd season「拭えぬ過去」 (獄ツナBlog5927)
アニメガンダム00感想。 今日は「再生治療のツケ」がテーマらしい。 サーシェスもルイスも、今は「再生治療のツケを払うはめになった原因」を憎んでるんだろうか。 サーシェスの場合は刹那で、ルイスの場合はネーナなのか。 サーシェスさんは、あやかし
機動戦士ガンダム00・第9話 (新・たこの感想文)
「拭えぬ過去」 プトレマイオスへ帰還する刹那とティエリア。彼らの前に立ちはだかるは、アリー・サーシェス。危機に陥る刹那たちだが、そ...
『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』 第9話 「拭えぬ過去」 (★一喜一遊★)
「敵討ちをさせてもらう!!!」 刹那もティエリアもサーシェスには特別な思いがありますからね{/kaeru_en2/} でもやっぱ一番ティエリアが熱くなってます{/good/} その気持ちはよ~くわかるけど、無茶だけはしないでください{/face_yoka/} ライルがサーシェスについ...
機動戦士ガンダム00 2nd season 第09話 感想 (荒野の出来事)
 機動戦士ガンダム00 2nd season   第09話 『拭えぬ過去』 感想  明日はパソコンが勝手にシャットダウンしませんように・・・。  ...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #09「拭えぬ過去」 (ちょっと寄ってって)
アリー「再生治療のツケを払え!」 そのまま死んどけば良かったのに。 でもやっぱりこいつは強いし、ブシドーの様なライバルキャラというのとは違うけど、最後にぶっ倒して爽快なキャラとして残っててもらわないと困るかも。 で、そのブシドーは、 ビリー「グ...
機動戦士ガンダムOO 2nd. 第8・9話 『無垢なる歪み・拭えぬ過去』 感想 (メガネ男子は別腹☆)
えー先週は生きていれば誰しも起こりうる、のっぴきならない家庭の事情で1週お休み頂きました。 2話纏めて書かせて頂きますね。 あぁ先週分めっちゃリアルで見て感想書きたかったわ。 ティエリア回な上、コーラサワーまで出てくるんですもの!
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第9話 「拭えね過去」 (「ミギーの右手」のアニメと映画)
処がギッチョン野郎サーシェス! ガンダム同士によるとんでもない戦争を ガンダムファイト~~~~~レディーーーーGO!!!!! (ちげ~~~よ!!) バカ言っている間に戦闘開始! ・・・今の状態ガンダムファイトで間違ってないよう無い気も・・・ っ...
ガンダム00  第9話  拭えぬ過去 (カッシーニの観測)
*ライル、刹那、スメラギ、ルイスの 「拭えぬ過去」が印象に残った。  
機動戦士ガンダム00 2nd #9「拭えぬ過去」 (White wing)
開発途上のダブルオーとセラヴィーではサーシェスのアルケーには歯が立たないのが証明されたな。ケルディムとアリオスの援軍が側まで来ていると知ったサーシェスはリスクを考え撤退。 流石ですな。それに比べるとティエリアはロックオンの仇だからというのもあるけど、熱...
ガンダム00 ♯09拭えぬ過去 (★ぽめくめぽ★)
グラ…ッ!! …ということで、今週も面白かったですね!爆笑
ガンダム00:拭えぬ過去 (まじぞうの閑雅なる日々)
『ガンダム00』(セカンドシーズン)第9話。 傭兵さん VS ガンダム! なんと
機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話「拭えぬ過去」 (ミナモノカガミ)
迷い。
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #09「拭えぬ過去」の感想 (新さくら日記)
「そうさ、僕達はガンダムで世界の歪みを破壊する」  イノベイター達とのやり取りから、彼らが世界の歪みであり、倒すべき存在であること...
ガンダム00セカンドシーズン #09 (コキュートスの記憶)
<#09 拭えぬ過去> トレミーへ帰艦中の沙慈とティエリアを襲うサーシェス。 サーシェスの機体は、その外観からスローネの発展型と思しきもので、 ダブルオーとセラヴィーを相手に驚異的な性能を発揮いたします。 装備のファングは、かつてのツヴァイ以上の動きを見せ...
機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話 「拭えぬ過去」 感想 (ソウロニールの別荘)
それぞれの背負うもの
「機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 」9話 拭えぬ過去 (蒼碧白闇)
サーシェスの機体もティエリアの機体もギミック満載だなぁ。でもティエリアの方が動きがやっぱり見た目どおり重くて1対1だったらやばそう...
ガンダム00 2nd 第9話「拭えぬ過去」 (見ていて悪いか!)
えー、スローネツヴァイに乗ったら「行けよファング!!」って言わないといけないお約束なんでしょうか(苦笑
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第9話「拭えぬ過去」 (WONDER TIME)
「貴様がロックオンの仇かっ!!」 ついにサーシェスとの戦いっ!! ロックオンの仇と言う事でティエリアが感情的になってました 過去から逃げら...
『機動戦士ガンダム00 2nd』#9「拭えぬ過去」 (ジャスタウェイの日記☆)
「俺達は過去じゃなく、未来のために戦うんだ」 リボンズと接触して逃げる刹那たちの前に立ちはだかったアリー・アル・サーシェス。 ロッ...
機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第9話「拭えぬ過去」 (MAGI☆の日記)
機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第9話を見ました。第9話 拭えぬ過去「すまない、俺のミスだ」「だが見つけたぞ、刹那。世界の歪みを…そうさ、僕達はガンダムで世界を歪みを破壊する!!」「ところがぎっちょん!!」「あのガンダムは…!?」「スローネの発展型…?まさか!?....
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第9話「拭えぬ過去」 (アニメのストーリーと感想)
  アレルヤが発見された報告を受けたティエリア。その前に同じ容姿を持つリジェネ・レジェッタが姿を見せた。イオリアの計画に必要な存在として、生み出されたイノベーターであるリジェネ。何も知らなかったティエリアに対し、計画の詳細について話始めた。計画は3段階...
ガンダムOO2ndシーズン 9話「拭えぬ過去」 (まざまざの萌えを叫べ!)
ヒゲ親父来襲ーーー!!(・□・) スローネの発展型ガンダムはかーなーり強い!!(・□・) ヒゲ親父は結局ロックオンの攻撃で体半分やられちゃって再生治療で元に戻った みたいだね。 まったく、おとなしく死んどけばいいのに! 久々のガンダム同士のバトルはかなり...
(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON 第9話 「拭えぬ過去」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD] 刹那とティエリアの前に現れたアリー。圧倒的強さの前に為すすべのない刹那達。だが、その時・・・!
乙女はティエリアに恋してる 00第9話 (【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式)
 アロウズってちょっと悪く言われすぎだよね。連邦にしてもそうですけど、そんなに反体制が正義って事にしたいんでしょうか?そんなんだか...
「拭えぬ過去」 機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話 (Welcome to our adolescence.)
機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話「拭えぬ過去」 「やはり生きていた…アリー・アル・サーシェス」 身体の半分が消し墨になった…とな。 ...
ガンダムOO 2nd 第9話 拭えない過去 (みかんじま)
サーシェスは体半分 ケシズミになっていたらしいです。ロックオン(ニール)が一矢報いていたようですね。再生治療で元の体に戻った模様。連邦もこんな危ない人ほっといて下さい。いや、ほっとかなかったのはイノベイターか…。このサーシェスとゆうクレイジーなぎっちょ...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #09 「拭えぬ過去」 (ゼロから)
世界のゆがみを見つけたティエリア・アーデ。しかしところが、ギッチョンbyサーシェスサーシェス、お前は既に死んでいる。そんな死語を吐くくらい格好悪いならとっと死んでくれ!
ガンダム00 09話「拭えぬ過去」 (大吉!)
<日曜日> 途中で宅配が来たり、洗濯物を忘れていたりしたので、あちこち見損なってしまいました。 ロックオン弟は、兄の仇がアリーだと知り、間接的な仇が刹那だと知った訳ですが、割と前向きでしたね。反応が兄より穏やか。 「過去ではなく、未来のために戦っているん...
アニメ「機動戦士ガンダムOO 2nd season」 第9話 拭えぬ過去 (渡り鳥ロディ)
そういう流れは変えられねぇんだ。 「機動戦士ガンダムOO 2nd season」第9話のあらすじと感想です。 止めていたなら。 (あらすじ) 刹那と...
ガンダム00 2nd 第9話 (WHITE GATE No.6)
「ガンダム同士の戦争を始めようぜ!」と始まったサーシェスとティエリア、刹那との戦い。 サーシェスの圧倒的な強さに翻弄される2人。 セラヴィーの膝だかスネだかから腕が出てきたかと思えば、アルケーからも爪先からビームサーベルらしきものが出て来たりと、隠し武...
【ガンダム00】Counteroffensive.09「拭えぬ過去」 (彩賀の徒然なるままに…)
今週の『機動戦士ガンダム00』第9話(通算で第34話)「拭えぬ過去」の感想記事です。
機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #09「拭えぬ過去」 (無限回廊幻想記譚)
帰還していた刹那・F・セイエイとティエリア・アーデの前に、アリー・アル・サーシェスの乗るスローネの発展型アルケー・ガンダムが立ちはだかる。高速のファング(ファンネル)での攻撃にセラヴィーガンダムが被弾する。先の戦いで身体の半分を失ったサーシェスは、刹那...
機動戦士ガンダム00 2nd Season #09 拭えぬ過去 (Ηаpу☆Μаtё)
逃れられない、忌まわしい過去
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」 (たらればブログ)
 サーシェスと遭遇、交戦となった刹那とティエリア。ロックオンの仇をとろうとするティエリアと刹那ですが、サーシェスの前に仇をとるどころか堕とされそうになってしまいます。ロックオンとアレルヤが援軍に来たおかげで難を逃れました。 しかかしスメラギの予測ではプ...
機動戦士ガンダム00 2ndSeason #09『拭えぬ過去』 (風庫~カゼクラ~)
色んな人が繋がって来て俄然盛り上がってきた!?なガンダム00。 ビリーとブシドーが再会するやら スメラギが敵指揮官がマネキンであることを知るやら 2人目のライセンス持ち(笑)が登場するやら、でございました。
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」感想 (Lounge ”Himajin” Killer)
ひろs・・・サーシェスつぇぇぇぇぇぇぇぇ! あれじゃ敵いっこねぇだろwwww 二人相手であのレベルってもはや人外!てか体半分作り物だけどw ...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話 「拭えぬ過去」 感想 (カタコト日記~日々の徒然~)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話 「拭えぬ過去」 以下感想です。
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第9話(11.30) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
「さあ、始めようじゃないか。 ガンダム同士によるとんでもねえ戦争ってヤツをよお・・・」 刹那のダブルオーガンダム・ティエリアのセラヴィーガンダムの前に立ちはだかったのは、 アリー・アル・サーシェスの駆使するアルケーガンダム 二体のガンダムを圧倒。流石、...
機動戦士ガンダムOO #09 (桃色のラボラトリー)
「アァァァァ‥‥」 プトレマイオスが急速浮上、突然斜めになった廊下を転がっていくハロ! か、可愛い!(笑) 機動戦士ガンダムOO 第9話「拭えぬ過去」の感想です~。 「お前らのせいで、体の半分が消し炭だぁ」 プトレマイオスに向かう刹那とティエリアの前に...
機動戦士ガンダムOO 2nd Season #09 「拭えぬ過去」 (Curse priest)
気づくと3週間位、放置してましたね。 たくさん心配のメールや拍手を戴きましてすいません。 ディグレがないと、もうWJも全く読まなくなって(笑) 土日も出勤、残業続きで腱鞘炎気味ですので、サラッと。 機動戦士ガンダムOO 2nd Season #09 「拭えぬ過去」
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第09話 拭えぬ過去 (猫が唸る感想日記)
アリーが強い!刹那とティエリア相手で勝ってやがりますよ。さすがは因縁の相手と言ったところでしょうか。アリーは体の半分が再生治療で補完されたらしく、かなり瀕死だったようですな~。それでよく生きてたもんだわ・・。
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第09話 「拭えぬ過去」 (中濃甘口 Second Dining)
もう、逃れられない! 「機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン」の第9話感想です。 今回もまた、密度が濃い回でした。 一期で提示したエピ...
機動戦士ガンダム00 2nd #09 (RAY=OUT)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD](2009/02/20)宮野真守三木眞一郎商品詳細を見る 機動戦士ガンダム00 2nd 第9話
機動戦士ガンダムOO 2ndシーズン#9「拭えぬ過去」 (名無しヲタのAnimeStrike)
スタッフ 脚本 黒田洋介 絵コンテ 寺岡厳 演出 宅野誠起 作画監督 キャラ しんぼたくろう メカ 高瀬健一 あらすじ アロウズのパーティで正体がばれてしまいその空域から離脱するティアリア と刹那。ティエリアが見つけた世界の歪み・・・その二人の前にあ...
機動戦士ガンダム00 2nd season 9話『拭えぬ過去』 (Girlish Flower)
ちょっとばかし時間がないので簡易感想で失礼します。 気になったところを…。
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第9話 「拭えぬ過去」 感想 (モリーゾ愛地球ガンダム1/60ガンプラ博)
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第9話 「拭えぬ過去」 感想 人気ブログランキングへ 今回も前回に引き続き、物語が標準的ロボアニメくらいの面白さがありました。これが最終回まで持続してくれれば嬉しいのですが。
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #09 拭えぬ過去 (焼きプリン定食(2個目)
この年末の忙しい中「HGセラヴィーガンダム」買ってきたヽ(´ー`)ノ HG 1/144 セラヴィーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~おすすめ平均 ボリューム満点さすが合体なんかはないと某誌で発表済み楽しい。背中…Amazonで詳しく見る by G-Tools 「HGセラ...
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」  (電撃JAP)
博士「スメラギさんの恥ずかしい過去www」 助手「違うだろっ!!」
ガンダム00セカンドシーズン 第9話 (プチクリ)
第9話「拭えぬ過去」 前回あらすじ 本当の敵を探すためにパーティへ。 脱出のさいにサーシェスと衝突!
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第9話「拭えぬ過去」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
僕たちはガンダムで世界の歪みを破壊する-----!!いよいよ再会したサーシェス。なんとか生きていたようですが、身体の半分はメカってことらしい。だから半端なく強い。「再生治療のツケを払え!!てめえの命でなぁ!!」だが今度の機体。ファングを使うのでまた厄介(>....
機動戦士ガンダム00 第9話「拭えぬ過去」 (つれづれ亭)
宇宙へ上がろう大作戦!+α
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第09話 「拭えぬ過去」 感想 (完成版) (新・天の光はすべて星)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)アバンから暴れまわるサーシェス。アルケーガンダムの性能とサーシェスの腕も相まって2体のガンダム相手に脅威のチート力を誇ります。セラヴィーの隠し腕に吹いた。ジ・O以来かもしれないなこういうの。そのサーシェ...
機動戦士ガンダムOO第9話『拭えぬ過去』 (アニメ好きのケロポ)
ところがぎっちょんちょん~♪
ガンダム00 2nd #9 「拭えぬ過去」 (「艶美★キレイとアニメの部屋」)
ガンダム00 セカンドシーズン(公式HP)  毎週日曜 5:00~ TBS系列にて その再生を破壊する  amazon Prototype [Single] [Maxi] [Soundtrack] ~ 石川智晶 ガンダム00 ED  日曜日は、家でゴロゴロ。テレビをつけると、たまたま...
ガンダムOO  第九話  感想 (サンショウ魚のしっぽ)
第九話    拭えぬ過去 パーティー会場から逃走する途中、刹那とティエリアはアリーに遭遇してしまう。 攻撃を仕掛けてくるアリーは、4年前の戦いで体の半分が消し炭になっていたらしい。   「再生治療のツケを払え!てめえの命でな!!」 圧倒的な力で二人を圧...
機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)セカンドシーズン 9話 (ワタクシノウラガワR)
#09 「拭えぬ過去」 「ところがぎっちょん!」 の言葉と共に現れました、アリー・アル・サーシェス。 この言葉を聞いた家人に変な顔を...
【機動戦士ガンダム00】 第9話 ~拭え得ぬ過去~ (エコロジー研究所)
Mr.武士道の弟子が突如、セツナ立達の前に参上!! その名もサーシェスだ。ロックオンの兄貴の命を奪った奴だ。 でもその原因を作...
機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話 感想 (黒猫コミック館)
「拭えぬ過去」
機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) #09 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
「拭えぬ過去」 脚本:黒田洋介 キャラクター作画監督:しんぼたくろう メカニック作画監督:高瀬健一 絵コンテ:寺岡巌 演出:宅野誠起 「よおくやってくれたリンダ!こいつがあればダブルオーは無敵だ!」 アロウズのパーティーへの潜入がばれ、逃走するティエリア...
ガンダム00 2nd 第9話「拭えぬ過去」 (ゆぐどらしる えくすぷれす)
いやぁ~、6話の再来か?と悪い予感がチラ
「機動戦士ガンダムOO」2nd S.#9【拭えぬ過去】一週間遅れの感想ですみません(汗) (橘の部屋)
なんてところで終わってくれるんだ!と 皆が拳を握ったに違いない、前回のラストシーン。 毎回良い引きですよねぇ。おかげで一週間、ハラハラしてましたわよ。 やっと続きです。 刹那はアザディスタンで一度アリーの機体は見ているので、 生存再確認ってとこでしょうが、 ...