Grand!Kangooで行こう

我が家のグランカングーを中心に相方と二人三脚で仲良く(笑)書いてます。
とはいえ最近はラーメンの記事も多いけど…

大人の修学旅行 奈良の夜は更けて・・・ 

2017-05-14 13:15:32 | カングーでお出かけ
今回のお宿は、近鉄奈良駅すぐ近くにある『ピープルズイン花小路』
G.W期間でしたので、なかなか連泊が見つからなく苦労しましたが、なんとか予約取れました
ハイシーズンにもかかわらず(3日は覚悟したんだけど)、連泊同じ金額で思いの外お安く
少し古めのホテルで、すりガラスで外が見れない窓も少ししか開けれずしかも…な、風景ですが、思いの外広い部屋に当たり、テレビの小ささ(笑)を除けは、十分なお部屋でした。
相方は、ベットの硬さがちょうどいいと言っていました。
朝ご飯は、バイキングではなく、和定食、洋定食を選べて、和定食には”大和ポーク”の鍋が付きます!連泊では、内容を変えてくれる心遣いが嬉しいですね
ご飯(茶粥もあり)とお味噌汁は自由で、ドリンクバーもあって、なかなか豪華な朝ご飯でした

沢山歩いて、沢山仏像見て、沢山運転して(こちらは相方のみ
さて、奈良での最初の夜!お疲れ様~会です

特にお店を調べていなかったので、ホテルを出て近くを探索
相方が「ここが良さそう」と、入ったお店、『じゅん平』です。
カウンターに小上がりがあるお店です。
店長さん一人で切り盛り?と思ったら、入店した時間も早めだったこともあったのでしょう、接客係のが後から出勤しました。
そうなると、一気に提供が早くなるし、追加注文もしやすくなりました。


牡蠣


のどぐろの刺身


金目鯛の煮つけ


コシアブラの天ぷら

帰ってから知りましたが、なかなか評判の良いお店でした
『大和旬彩・魚・鶏』を謳っておりまして、確かに付け合せの野菜はどれも美味しかったです。
鶏も押していたなんて相方は食べられないけど、私用になんか注文すれば良かったかな~



奈良って、地酒の種類が結構あるんですね。
なんだかんだと、相方は4種類くらい?頼んでいました

料理はどれも美味しく、上品な雰囲気、旅先で良いお店に出会えました


さて、一軒で終わるうちらではありません
次のお店は『さくら町バール』


県下最大級のワインセラーらしいです。

ということで、こちらではワインをいただきました。


生ガキのレモンカルパッチョ


メニュー名なんだっけ 早い話がラクレットぽい料理


お肉盛り合わせ

女子会が似合う感じのお店でした。
飲み放題付のコース、ワインの種類が豊富で、人数が多い時は予約して、コースの方がお得みたいですね。


2日目
またもやホテル近くを散策(笑) 前日とは反対の方向へ

なんか、雰囲気の良い小路を見つけました。
『な・ら・ら』 ~レストランと美容サロンが集うくつろぎ空間~ だそうです
ハイボール好きの相方のアンテナに引っかかった『ハイボール酒場 WESTERN 純 』へ。
二人なのでカウンター席へ、ドリンクサーバー前に座りました。

当日でも食べ飲み放題ができるそうですが、ここは飲み放題のみといたしました
しかし、後で知りましたが、なんとハイボールが一杯180円!
相方がしまった~と、言っていましがた、大丈夫私がガンガン飲みましたから


こちらの名物?メガジョッキ!1リットルのメスシリンダー? 次ぐのが大変みたいです


思ったよりもボリュームのあったピザ、Lサイズにしたからね。奈良をイメージして、生地が桜色

ドリンクを注ぐために、店員さんが良く来ていたので、先輩後輩の名コンビのお二人と、お話し相手になっていただきました
思いの外、けっこうお話も弾み、旅先の良い思い出となりました

良い調子でお酒がススムと、カラオケを欲する相方 店員さんに聞くと、グループのお店を教えてもらいました。
BOXじゃないけど、これも思い出だ~~ということで


『& SPACE 純』
途中から貸切となり、楽しいママさんとおしゃべり、関西にきた~って感じでしたね
ステージで熱唱の相方も、ご満悦だったかな?

楽しい奈良の夜でした
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大人の修学旅行 2日目 橿... | トップ | 大人の修学旅行 最終日 そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。