米のとぎ汁乳酸菌で大豆まるごとヨーグルトに・・・

2012-01-19 10:35:10 | 大豆丸ごとヨーグルト
先日作った、大豆まるごと?米のとぎ汁乳酸菌入りヨーグルトです。





ong>
米のとぎ汁乳酸菌t豆乳ヨーグルトを作っていて、
オカラ大量に出ます。
ご飯を炊く時、オカラを入れてみたり、味噌汁の中に、煮物にと
いろいろ使っていたが、オカラは貯まる一方で、冷凍したりしている。

そしてフツフツと思った。
大豆まるごと、ヨーグルトに出来ないか?

味噌を作るときは、大豆を軟らかく煮る。
・・・・・
大豆を軟らかくして、ミキサーで攪拌したら
あのオカラのブツブツの口当たりの良くないものも
滑らかになるのではないか?


ちょっとその方法で、作ってみたい!
うまくできたら、
とぎ汁乳酸菌大豆まるごとヨーグルトの出来上がりだ~
いつも、熱い呉汁を、豆乳にするために、
ゴム手袋をして絞らなくてもいいし~
オカラも出ない・・・・
良いことずくめではないか?

で~


とりあえず失敗したら困るので大豆を
100グラムを3倍の水に8時間くらい浸す。


で~
8時間経ちました。

いつもなら、ここでミキサーに掛けるけど、
今回は、煮ます~
10分くらい煮ます。






煮た大豆です。
まだ固めなので、保温します。
新聞に包み、大きめのタオル、毛布に包み








発泡スチロールの箱入れ蓋をして、3~4時間保温します。


・・・・・時間経過








4時間経過したので、大豆と浸け汁を分けます。








ミキサーに大豆と分けたつけ汁を入れて1分間くらい攪拌。









2回に分けて攪拌します。
煮たことにより、ツブツブがないです。
滑らかです。



攪拌した大豆汁を容器に入れて、
米のとぎ汁乳酸菌100ccと
オリゴ糖をいつもより多めに50グラム入れました。









なんせ、大豆まるごとなので、
分量がどのくらい入れていいのか分からない。
水を足して1000ccにしました。









保温します。
4時間後に見たら、固まってなくて
豆乳の時よりも長く保温しました。










9時間経過、蓋を開けて見ると
分離している。
上はホエーっぽくなっていて下は、かなり軟らかそう。
ホエーのような上澄みを取り冷蔵庫で冷ます。

何か心配・・・・


・・・・・・・








どんなふうなの?・・・・
豆乳ヨーグルトと違って軟らかい~
きな粉のような味だ~
当たり前だわね~大豆だもの・・・
酸っぱい~
ピリピリ感はない~
オリゴ糖を入れすぎたのか甘いです。








次の日

恐る恐る味見~
ん?
かすかにピリ?~
酸っぱさはある。
昨日より良い感じです。
昨日よりも美味しいと思う。

でも、もう少し何とかしたい~



これでも良いのかなぁー
米のとぎ汁乳酸菌のヨーグルトになっているのか?

不安・・・・
なってないか?・・・・
変なことを思いついたわ~
・・・・・
・・・・でも・・・これで・・・
とぎ汁乳酸菌大豆?ヨーグルトになっていたら、良いよなぁ~
・・・・聞いてみたい・・・聞きたい~
うろうろ、家の中を、歩き回り・・・・
・・・・・・・・

で~電話しました。


あの有名な、飯山一郎先生に!


2回目の電話です。
この大豆まるごとは、乳酸菌ヨーグルトになっているのか、
聞いてみました。

飯山先生は
「大丈夫ですよ~」とのこと。


貴重なオカラの活用方法も、
教えて頂きました。

教えて頂いたオカラの活用は、
グレープおばさんには、作れそうにないので
飯山一郎先生の掲示板に載ることを
期待して待っている事にします。

飯山先生、ありがとうございました。

米のとぎ汁乳酸菌は、飯山一郎氏のホームページで知りました。


↓の掲示板に米のとぎ汁乳酸菌の作り方が載っています。
飯山一郎氏のホームページ






ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 棚の上で眠っていた・・・・... | トップ | 米のとぎずる乳酸菌で、大豆... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (椀 捨三郎(わんすて))
2012-01-20 08:20:31
なるほど、煮豆をペーストにして発酵させたってことですな。たしかに豆乳を絞ればおからが大量発生。処分に困ります。
全部利用できる方法があれば、そうしたいのは自然な流れですな。

我が家はパンやらニョッキやらお菓子やらに加工してますけど、「まるごと発酵」試してみます。

いいヒントありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL