ビートの水飴を使って乳酸菌を~

2013-11-26 16:02:18 | 乳酸菌
先日ビートの水飴を作った。
ビートの水飴を作るとき弱火でコトコト煮ます。
沸騰させても、その熱に耐えられる微生物がいると思う・・・
ビートの水飴にも様々な微生物が残っていると思う。

で、米のとぎ汁に黒砂糖ではなく
ビートの水飴で培養します。



1日目


500㏄のペットボトルに3合米のとぎ汁です。
とぎ汁が濃いと後で思いました・・・
でも、もう入れてしまったのでこのままで・・・

塩5グラムです。





2日目

ビートの水飴です・・・
このスプーンは10㏄です。
2杯入れました。えっと20㏄入れたことになります・・・






多分少ないと思います・・・
水飴勿体ないので・・・





ビートの水飴を入れたら・・・・
とぎ汁は固まって上がってきました・・・・
やはりとぎ汁が濃すぎるのか・・・・







3日目







温度は低いせいなのか、おとなしいです。
小さい音でプッシュ・・・
醗酵がおとなしいです・・・
温度が低いのでしょうね~





PHは、黄色の4です。





5日目


5日目でもPH試験紙で計りました。
3日目と同じく黄色の4です。







飲んでみました
お味は酸っぱいです(^o^)
当たり前ダスね~



それからしばらくそのままに~

・・・


作って10日過ぎ~

・・・




PH試験紙は下がりました~







3に近いオレンジです~
超酸っぱいです~



ビートの水飴には微生物がいることになると思います。

白砂糖で培養した場合は、ここまでPHが下がらないです。
白砂糖は微生物などが何も居ないので
黄色の4止まりです。


ビートの水飴は、黒砂糖と同じく微生物(乳酸菌)がいると思う・・・。
発砲がおとなしいのは、コトコト煮たことで
酵母の数が少ないか、居ないのだと思う・・・。

シカゴさん、皆さん、どうでしょう?・・・

砂糖の原料ビート(甜菜)で~水飴を・・・続



ジャンル:
その他
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 枯れ葉で乳酸菌・・・ | トップ | 手前味噌づくり・・・続 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
濃いとぎ汁 (シカゴ)
2013-12-03 12:20:37
グレープおばさん、こんにちは。

濃いとぎ汁!

似たような実験、私もやっています。おもしろいですね。
結果が出たら記事にするつもりですが、当初のもくろみ通りになるでしょうか。1日後の増殖した乳酸菌の数から判断しても興味深いことになるような気がしています。

クヌギの落ち葉の乳酸菌についても実験中です。こちらは思った通りにはならない感じ。乳酸菌の増殖という現象は奥が深いですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
乳酸菌を培養する(23)――〔発展編3〕濃いとぎ汁と乳酸菌の増殖率 (ことば・その周辺)
▼ 植物性乳酸菌の培養に関する記事をまとめて読む。 ▼ 乳酸菌を培養する(1)~(23)をまとめて読む。 「〔発展編1〕驚異の玄米(浸漬)培養液」という記事を書いた後、玄米を浸漬した培養液ではなぜ乳酸菌密度が高くなるのか、つまり玄米培養液...