これからのグライバル

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

3機能を

2017-06-30 17:11:27 | 日記
要は「失われた10年」という言葉は本来、どこかの国や地域の経済活動がおよそ10年以上の長きに及ぶ不景気と経済成長の停滞に見舞われた10年のことをいう言い回しである。
損保会社の業界団体である日本損害保険協会は、主として日本における損害保険各社および業界の正しく良好な発展、加えて信頼性のさらなる増進を図り、これによる安心、なおかつ安全な社会を実現させることに寄与することを目的としているのです。
小惑星探査機「はやぶさ」が地球に無事帰還し話題となった平成22年9月10日、日本振興銀行が誰も予想しなかったことに経営破綻したのある。この破綻によって、初めてのペイオフが発動した。これにより、全預金者のなかで3%程度といっても数千人の預金が、上限額の適用対象になったと思われる。
いわゆる「金融仲介機能」「信用創造機能」、3つめは「決済機能」以上、3機能を通称銀行の3大機能と言うのである。この機能は基本業務である「預金」「融資(貸付)」「為替」あわせて銀行そのものの信用によって機能できることを知っておいていただきたい。
まさに世紀末の平成12年7月、大蔵省(現財務省)から大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務を統合したうえで平成10年に発足した金融監督庁を金融再生委員会の管理下にある金融庁に改組した。21世紀となった平成13年1月、上部機関の金融再生委員会を廃止し、内閣府直属の外局の「新」金融庁となったのです。
おしゃるとおり「重大な違反」になるのかならないのかは、金融庁において判断するものだ。たいていのケースでは、軽微な違反がだいぶあり、その関係で、「重大な違反」判断を下すということ。
"東京証券取引所(兜町2番1号
このように日本の金融・資本市場の競争力等を高める為に進められた規制緩和だけではなく、金融システムのますますの質的向上が目標の取組や活動等を実践する等、市場環境と規制環境に関する整備がどんどん進められているわけです。
保険ってなに?保険とは突然発生する事故が原因で発生した主に金銭的な損失を最小限にするために、制度に参加したい複数の者が一定の保険料を出し合い、準備した積立金によって予測できない事故が発生した者に定められた保険給付を行う制度なのだ。
全てと言っていいほど株式公開済みの上場企業であれば、事業活動のための方策として、株式に加えて合わせて社債も発行するもの。株式と社債の最大の違いは、返済義務ですからご注意を。
覚えておこう、MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債、短期金融資産などで運用し利益を得る投資信託です。気を付けよう、取得から日をおかず(30日未満)に解約してしまうと、手数料にはペナルティが上乗せされるというものである。
最近では日本の金融市場等での競争力を高める為に行われる規制緩和だけではなく、金融規制の更なる質的な向上を目指すこととした試みを積極的に促進する等、市場と規制環境に関する整備が着実に進められているのである。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した西暦2000年7月、大蔵省(現在の財務省)からこれまでの業務以外に金融制度の企画立案事務を統合させて平成10年に誕生した金融監督庁を金融再生委員会の指揮監督する金融庁に組織を変更。翌平成13年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、内閣府直属の外局の「新」金融庁となった。
西暦1998年6月のことである、大蔵省(省庁再編後財務省)銀行局や証券局等の所掌する事務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関する部分を区分して、総理府(当時)の内部部局ではなく外局として位置付けられた金融監督庁という組織が発足したわけです。
Y2Kともいわれた西暦2000年7月、当時の大蔵省より今度は金融制度の企画立案事務をも統合し平成10年に誕生した金融監督庁を金融庁(現金融庁とは異なる)として再編。さらには平成13年1月、金融再生委員会は廃止され、、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上昇分相対的に価値 | トップ | 相乗効果 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。