ぐらのにっき

主に趣味のことを好き勝手に書き綴っています。「指輪物語」とトールキンの著作に関してはネタバレの配慮を一切していません。

RotK観おさめ(多分)とRotKの機内上映のこと

2004年05月29日 | 旧指輪日記

今日の写真はロンドンで見たRotKのDVDの宣伝ポスターです。これは地下鉄のパディントン駅構内です。今回あまりポスターみかけなかったのですが、パディントン駅構内にはなぜか3つもありました。TTTの時はバスの広告とポスターは同じ柄だったのですが、今回はなぜかバスの広告とはデザインが別でした。
さて、今日は地元のシネコンでRotK17回目を観てきました。もう見納めかな、と思っていたのですが、100人ちょっとの小さいシアターとは言え、ほぼ満員状態でびっくりでした。これは来週もやるかも(笑)
今日はちょっと慌てて飛び出してハンカチを忘れてしまったのですが、こんな時に限って結構泣けてしまいました(汗)イギリスの飛行機の中でも行きも帰りもRotK観たのですが(しかも行きは途中でシステムのリセットされてしまったので、シェロブの洞窟まで見たあとにまた最初から見てたりして・・・)、やはり大きい画面の方がいいですね。飛行機の中では音楽もよく聞こえなかったし・・・
でも、機内上映だと画面のサイズが違うので、ちょっと面白いところもありました。普通は両端を単純にカットしているのでしょうが、(なので灰色港に着いたシーン、フロドとビルボまでしか映ってなくてサムが映ってなかったり。あそこのサムの笑顔は好きなのになあ)ボロミアの死の回想の場面で、メリーとピピンのアップが一人ずつ順番に映ったり、灰色港でフロドに笑顔を返す場面では、メリピピ、サムと順番に映ったりして。
それと、機内で見ていて初めて気がついた場面がありました。最後のサムの帰還の時、だっこされてるアレクサンドラちゃん扮するエラノールがすごくかわいかったんですよ。フロド坊や(実は女の子だそうですが)にちょこっと手を出して、その後パパに抱きついたりして。それでその後フロド坊やがエラノールのことじーっと観てたりして、ちょっと姉弟っぽくていいなあと。
こんなのあったっけ、と今日見ていたら、画面の下の方に切れていてエラノールの手はあんまり映ってなかったんですね。よく観るとわかるかな、という程度で。エラノールを見つめるフロド坊やの表情はしっかり映ってますが。
そう言えばFotRでもボロミアが射られた場面、メリーが手に持った石を落とすのが劇場版ではわからないけどDVDだと見える、というのがあったような気がしますが、このエラノールの場面もDVDだと見えるかもしれませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェニックスのコンサートの評判

2004年05月28日 | 旧指輪日記

今日の写真はForbidden Planetのロンドンメガストアのウィンドウディスプレイです。さすがに凝ってますね~(笑)小さくてわかりづらいと思いますが、妙にお目目キラキラのガンダルフとフロドの人形が笑えました(笑)かわいい! 特にガンダルフが(笑)
実は柱の影でどうしても一緒に撮れなかったんですが、剣をかざしたエオウィンの立看もあったんですよ。店内でもいっぱい売ってました(笑)
ガンダルフとフロドの足元には、これもわかりづらいですが、ギムリ、アラゴルン、レゴラスのフィギュアが。この人選もいいですね~。なぜかレゴラスがアラゴルンにスライディングタックルかけようとしているのが気になりますが・・・(←倒れたんだと思うよ・・・)
一番気になったのは、左下のゴンドールの盾でしょうか。ちょっとカッコイイなーと思いました。店内ではみかけませんでしたが。ま、こんなもの買って帰れませんけどね(汗)私の小さいスーツケースにはとても入らないし、機内持ち込みするしかなかったですからね・・・(大汗)
さて、ロンドンの3日後に初めてショア以外の指揮で行われたフェニックスでのLotRコンサートですが、TORnのレポートによるとあまり評判良くないようで・・・。まだ2人しかレポートしてませんが。
まあ、このレポートの「映画のあの場面の曲がなくてがっかり」とかいうあたりには異論があるのですが、今までのショアが指揮をしていたコンサートは全て評判が良く、マイナス意見のレポートは初めてだっただけに、指揮が変わると演奏も変わるのかなあと思いました。まあ、ジョン・マウチェリーは映画音楽の指揮者としてもベテランですし、東京のコンサートはその点はそんなに心配しなくても良いかなあと思いますが。
しかし、ショアの指揮は面白いと評判のようで。私は楽器チェックに腐心していてあまり見てなかったのですが(汗)「カザド=ドゥムの橋」のあたりでは踊りながら振っていて、思わず微笑んでしまいました(笑)ロンドンのレポートをしている人には「面白くて目が離せなかった」なんて書いてる人も・・・(interestingを「面白い」と訳すのはちょっと違うかもしれませんが(汗))
やっぱり東京にもショア来て欲しかったかも・・・。でも、ショア以外の指揮で聞けるのもまた楽しみなんですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イギリスRotK発売前夜

2004年05月27日 | 旧指輪日記

とりあえず写真取り込みましたので、ぼちぼち日記に載せて行きます。
今日のは今回もありました(笑)のDVD宣伝二階建てバスです。わかりづらいですが、左端にフィーチャーされているのはじゅうです。ポスターなどではアラゴルンがフィーチャーされていてやっぱり「王の帰還」なんだなあと思っていたので、ちょっと嬉しかったです(笑)TTTはゴラムでRotKはオリファントなんですねー。(TTTの時はポスターもゴラムばっかりでしたけど・・・)
しかし、今回あまりロンドン市内を歩かなかったのもあるかと思いますが、3回くらいしか遭遇しませんでした、RotKバス。VAN HELSINGの広告を一番たくさん見たかなあ・・・
という訳で、写真撮るのはあきらめてたんですが、なんと撮れてしまいました。いやー自分を褒めたいです(笑)バスの写真撮るならピカデリーサーカスに限りますね。信号待ち長いですからね。
今回、前回の8月同様、DVDの発売直前にイギリスに行ったのですが、前回ほど派手に宣伝してなかったような。まあ、ロンドン市内をあまり歩き回らなかったせいもあるかもしれませんが。前回のような派手なディスプレイがあるかと期待してピカデリーサーカスのCDショップが並ぶあたりに行ったのですが、ごく普通にポスターが貼ってあるだけでちょっとがっかりでした。まあそのおかげでバスの写真撮れたのですが。
TTTの時は、25日発売のはずが23日くらいには店頭でガンガン売っていてびっくりしたものでしたが、今回はそれもなし。25日になったら空港内でもずらーっと並んでいましたけど。TTTの時は次に控えているRotKの劇場公開もあって、盛り上がっていたのかもしれませんね。そう思うと、いよいよ映画も終わりなんだなあと寂しい気持ちになるような。
TTTの時もあったのかもしれませんが、各店でDVD予約特典が色々あるのが面白かったです。HMVはキャラクターのしおり、VERGINではマウスパッド、WH SMITHでは表はフロドとサム、裏は一つの指輪、のプリントのマグカップでした。発売日前日にもまだ予約の用紙が置いてあったりして、時間さえあればちゃっかり予約特典をもらってDVD買って買えることもできたかも・・・(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰って来ました。

2004年05月26日 | 旧指輪日記
出発一日遅れてお騒がせいたしましたが(汗)無事帰って参りました。
詳しくは旅行記また書く予定ではありますが、とりあえずショアのイベントにも行けて、ショアにも会えまして、コンサートにも無事に行けました。
オックスフォードでは身軽な一人だったせいか、前回2日かけて回ったところを一日で余裕で回れてしまいました。もう道覚えてましたしね。新しいポイントも開拓したりして。
ただ、時間は充分あったのですが、体力が追いつかず・・・(汗)まだちょっと筋肉痛です(汗)
そして今回は色々な方にお会いした旅でした。予定どおりの方に、予定外の方との意外な出会い?に・・・
予定どおりと言えばショアでしたが、とてもサービス精神旺盛で笑顔が素敵な方でした。
予定外としては・・・トールキン教授のお墓に行ったら、なんとお孫さんに遭遇してしまいました~(汗)2番目のお孫さんとおっしゃってました(女性)。名前お聞きしたのに右から左で忘れてしまったです~(大汗)詳しくは後日旅行記でも・・・
あと、オックスフォードのBLACK WELL書店で買ったトールキンの写真のポストカードを見たら、なんと岩波書店のハードカバーの「ホビットの冒険」を見ている姿の写真があってびっくり! 後ろの本棚に二冊入っているのが映っている写真もありました。うーん、なんで日本語の「ホビット」なんだろう・・・???
あと、イアン・マッケランとのニアミス?もありました。コンサートの日にシャフツベリーアベニューのODEONで「Special Q&A with SIR IAN MacKELAN」というのがイアン・マッケラン主演?の映画「EMILE」の上映前にあったのです。間に合うかどうか微妙だったので行きませんでしたが・・・映画観るのも時間なかったし。
とまあそんなこんなで内容の濃い旅行でしたが(今回本当に指輪関連のみの旅になってしまったので・・・(汗))、やっぱり一番楽しかったのはコンサートですかね。もともとコンサートが目的だったんですから当然ですが(笑)どこでどの楽器を使っているのか、とかそういうチェックができるのが嬉しくて。それでもよくわからなかった部分もありますが。
とりあえず準備でき次第、またぼちぼち写真を日記に載せて行きたいと思ってます。ま、今回あまり撮らなかったんですが。コンサートのレポートもなるぺく早くUPできるように頑張ります・・・(汗)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだいたりして・・・(汗)

2004年05月21日 | 旧指輪日記
なぜか日記を書いております。飛行機飛ばなかったんです。明日出発になりました・・・(汗)
というわけで日記書いております。
昨日15時過ぎに旅行会社から電話で連絡がありまして、その時は台風のせいだと思って、でも予報見たら大丈夫そうなのになあ・・・と思って今朝のニュース見ていたら、特にどこの飛行機も欠航してないではないですか。
旅行会社に問い合わせてみたら、なんか台風とは全く関係のないトラブル?で欠航になったんだそうで・・・なんか納得行かないぞー! ああ、やっぱりキャンセル待ちしてでもアエロフロートにすれば良かった・・・欠航の理由は明日チェックインの時にでも問い詰めてみようと思ってますが。
しかし、一日出発が遅れたことにより、コンサートはまあ大丈夫なのですが、22日のMeet Howard Shoreが・・・(汗)間に合うかどうかギリギリの線です。飛行機遅れたらoutです。間に合っても、時差ボケ睡眠不足ふらふら状態で会場に行くことに・・・(汗)
昨日のうちに航空会社変えるという選択枝もあったのですが、キャンセル料普通に取られるらしく、コンサートのためだったらとにかく行ってしまったかもしれないのですが、きっと何言ってるか内容もわからないはずのショアのイベントのためにそこまでお金かける気にもなれなかったので・・・まあ、なんとかサイン会には間に合うと思うのですが・・・。
荷物機内持ち込みできないかとか、今から色々考えてます。さてどうなりますか。
そんなこんなでバタバタしてますが、明日こそは出発してるはず(汗)なんか珍道中になりそうな予感がしていたのですが、初っ端からこれでは先が思いやれますなあ・・・(汗)
悔しいからRotK観に行くことにしました(笑)「飛行機飛ばなかったおかげでRotK1回余分に見られたし」と前向きになるしかないかなと(笑)
とまあそんな訳で一日遅れましたが、今度こそ行って来ま~す!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行って来ます!(行けるんだろーか(汗))

2004年05月19日 | 旧指輪日記
さて、いよいよ明後日渡英いたします。帰国は26日です。明日はまだ日本にいますが、明日からネット落ちいたします。
しかし・・・こんな時期になぜか台風が接近中。しかも明後日が一番関東に接近するのだとか・・・1965年の5月にやってきた台風は、房総半島に上陸したんだそーな(汗)うーん、こんな時期に飛行機飛ばなかったら、あまりの運の悪さに笑ってしまうしかないですね・・・(汗)
ま、出発遅れてもいいからなんとか出発できればこっちのものですが(?)もともと到着時間早かったから、5,6時間遅れなら問題ないっす(笑)
RotK上映ですが、近所のシネコンはとりあえず28日まではやることになりました。でも開始時間が微妙なので、行けるかどうか・・・新宿の方が早く着けるかな・・・
どうでもいいですが、さきほど「トリビアの泉」でRotKのサントラが2回ほどちょこっと使われてました。でもサブリミナル並みに一瞬しか使われなかったですが(汗)
出発前最後の話題が「トリビアの泉」ってのはどうなのかと思いつつ(汗)それでは行ってきまーす!(行けるんだろーか・・・(汗))
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画RotKで一番嫌いな場面は・・・

2004年05月18日 | 旧指輪日記
さて、この間映画RotKで一番好きな場面について書いたので、今日は嫌いな場面について・・・これも実は結構たくさんあるんですが(汗)
一番嫌いな場面は最初から決まってました。指輪の消え方です。というか、指輪と落っこちて行ったゴラムの消え方というか・・・(汗)幸せそうな顔で落ちていくゴラムはいいんです。その後なんですよ・・・(汗)
私はゴクリは最期は指輪と一つになって消えたのだから、幸せだったのだと思っていました。なので、指輪と引き裂かれて「あああ~っ」なゴラムを見た時は本当にガッカリしてしまいました・・・
だいたいリアリティないですよね・・・溶岩に落ちたら、触れた瞬間に黒焦げで即死だと思うんですけど(汗)
指輪が破壊されるところを映像でやりたかったのはわかりますけど・・・でも、指輪を持って幸せそうなゴラムが小さくなって見えなくなる、そういう消え方ではいけなかったんでしょうかね・・・
RotKでのゴラムには本当にガッカリしました。TTTでのあの可愛そうすぎるゴラムは何だったの?と。
特に許せなかったのは、例のレンバス事件で(汗)キリス・ウンゴルでのあの感動的な場面があのレンバス事件にすり替わったのかと思うと本当に腹が立ちますだ(怒)
それに、この間TTTのラストを見て気が付いたのですが、ゴラムは「二人とも殺す」と言ってますよね。RotKでも考えてみたら二人とも殺すんだって言ってたし。それがなんでまた急にサムは生かしておいてやる気になったのか。うーん・・・
妹が先日ようやく原作の「二つの塔」を読み終わったのですが、ずーっと「ゴクリがいつレンバス捨てるのか」と思ってたらしいです(汗)
キリス・ウンゴルの階段の、ゴクリがフロドにそっと触れる場面のことを聞いたら、「あれは悲しいよね」とうなずいておりました。そうですよね、なんであの場面がカットになったんだか・・・(涙)
あ、余談ですが、「二つの塔 下」を読み終わった彼女が一番気になっているのは「サムがいつまで指輪をはめてるのか」だそうです(笑)そーいえばはめたまま気絶してましたもんね。
8巻にはフロドとサムが出てこないと聞いて飛ばして読みたがってました。映画の展開は知っていても、ちょっと違うからどうなるのか気になるんでしょうね。
そんな感想を聞いていたら、初めて「二つの塔」を読み終えた時のドキドキ感がよみがえるような気がしました(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RotK15回目(多分ラスト)

2004年05月17日 | 旧指輪日記
昨日は多分最後になるRotK15回目に行って来ました。地元のシネコンだったのですが、未だに結構大きなシアターでやっていてびっくり。でも入りはそこそこという感じでした。22日以降やってくれるかどうかは微妙ですね。
どこの映画館も長くても28日までのようですね。帰国してから、上手くしたら28日に新宿かやっていれば地元に駆け込みで観られるかもしれませんが。地元でレイトショーとかやってくれると一番良いのですが。
今回はセオデンで来ましたね。時々そうなるのですが、たまたまその周期にあたったようで(笑)「And Rohan will answer」とその後のエオウィンの表情にグッと来たりとか、ローハン軍の突撃でセオデンが先頭を切っているのがわかる俯瞰図にウッと来たりとか・・・
そして久々にティンホイッスルをバックに滅びの山を這い登るフロドでボロボロ泣きました。初心に還ったような感覚でした。灰色港のガンダルフの優しい表情も、ビルボに優しいエルロンドも・・・
そんなこんなに感動しながらも、気になる場面のチェックも怠りなく(笑)黄金館でギャムリングのジョッキを蹴飛ばしていたのはやっぱりメリーでした~(汗)うーん、そりゃ馬鹿にして笑いたくもなるよね、ギャムリング・・・
でも、どうやらペレンノール野で戦死したっぽいギャムリング、メリーの活躍をしらないまま死んでしまったの? と思うとなんだか寂しいです。メリーのこと見直して認めて欲しかったなあ・・・(セオデンは観ててくれたと信じてます・・・)
あと、ピピンがパランティアを覗いた部屋で、やっぱりガンダルフのベッドの足元の奥から二番目に寝ていたのギムリっぽかったです。大きさから言っても。
でも幸い、ピピンがパランティアを覗いた後眠っている姿は確認できなかったので、映ってなかったけど起きてたんだと思うことにします~(汗)
一つ確認し忘れたことが・・・死者の道に入る前にアラゴルンがたいまつを持ってたかということ。この間友達に指摘されたのですが、中で持ってたあの松明はどこから出てきたのかなーと・・・
そんなこんなでのラスト鑑賞、見る前には「これで最後~!?」とあせっていましたが、観終わったらなんか気が済んだような感じです。サントラは全然覚えきらなかったですけどね・・・(汗)
さて、これからはコンサートモードに切り替えでございます(笑)とりあえず明日パスポートサイトのプレオーダーの結果発表ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画RotKで一番好きな場面は?

2004年05月14日 | 旧指輪日記
RotK上映もいよいよ終盤ですね。私はロンドン行きのおかげで? 明後日が見納めになりそうです。でも、あともう一回観に行けないかとあがいております(笑)
さて、いよいよ終盤なRotK、一番好きな場面は? と聞かれたら誰もが悩んでしまうと思います。人気投票好きな(笑)私もさすがに一つには絞れないなあ・・・と思っていたのですが、最近「これかな」と思うようになりました。
その場面とは・・・灰色港の馬車の中でのビルボとフロドです。指輪がもう一度見たいというビルボに「あれは失くしてしまったんです」と言うフロド。「それは残念」とフロドにもたれて眠ってしまうビルボ、そしてビルボに頬を寄せて目を閉じるフロド・・・実はこの場面で泣いたことは一度もないのですが、でも初めて見た時からすごく心に残っていました。まるでFotRを思わせる静かな美しい場面だと思います。ビルボが眠ってしまうあたりから静かに流れていた音楽が止まるのがまたいいんですよね。
なぜこの場面が一番好きという結論に達したかと言うと、まあ直感なのですが(汗)この場面が原作どおりだということなのかもしれません。原作にこのとおりの場面はありませんが、(裂け谷の会話が下敷きですが)全く原作どおりでなくても、原作の雰囲気を引き継いで、膨らませて美しい場面にすることもできるのになあ、と思わせる場面でもあります。
FotRにはこういう場面がたくさんあったと思います。だからFotRは好きだったんだなあ・・・
ここの次に好きなのは、冒頭のフロドとサムの会話です。フロドにレンバスを渡して自分は「レンバスはもう飽きちゃって」と言うサム、目顔で「サム」ととがめるフロド。そしてサムの「帰りの分です」という言葉になんとも言えない表情をするフロド・・・。ここはサントラも大好きでして。この場面は初めて見た時から、もうほとんど毎回泣いているのですが、ここも原作どおりなのが良いんですよね。
三番目は、滅びの山をティンホイッスルのメロディをバックに這い登り、そして力尽きて倒れるフロドの場面です。って、なんかフロドばっかりですねえ。
結局のところ、「指輪」の主人公はフロドなのだということ、だから本来の感動はフロドから与えられるべきものなんだなあと思う今日この頃です。PJ映画のフロド、色々とあれなんですけど(汗)やりようによってはもっと違ったフロドにできたのではないかと考えてしまいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

療病院にて

2004年05月13日 | 旧指輪日記
地元のシネコン、来週の金曜までRotKの上映が延びてました! しかも一日2回に増えてました!それも18時10分からと21時からのレイトショーで、完全に大人向け。それもそのはずで、大人の観客が多いんですよね。
しかし、上映時間が微妙なので、イギリス行く前に駆け込みでラスト鑑賞、はムリみたいです。ああ、あと一回かあ・・・。イギリスに行かなければ後2回見られたんですけどねー(笑)
さて、昨日は原作の療病院のところを読んでいました。SEEどんなかな、という予想も含めて、敢えて映画のキャストに当て嵌めて読んでみたのですが、ファラミアの目覚めの場面は、ネタバレ画像を見ていたこともあり、簡単に想像できました。ファラミアの目に認識と愛が灯る場面、デヴィッド・ウェナムでぜひみたいものです。
逆にエオウィンの場面はあまり上手く映画キャストで想像できませんでした。でも、ちょっと見てみたいなーと思ったのは、エオウィンが生きていると知って動揺したり、エオウィンが目覚めてボロ泣きしたりするエオメルだったりして(笑)カール・アーバンのエオメルはすごくカッコイイのですが、ずっとクールな感じなので、感情に揺り動かされる場面が見てみたいです。
あと、エオウィンが目覚めた後、メリーのことどうなったか心配してくれるかなー。映画では原作よりもメリーと仲良しになっていたので、メリーのこと何と言ってくれるのかちょっと楽しみなような、やってくれなかったらガッカリなような(笑)
そしてそして、メリーが目覚める場面を読みながら色々考えてしまいました。果たして映画のメリーはどうやって目覚めるのでしょうか。TTTを見ていた時点では、目が覚めたとたんに「おなかがぺこぺこだ」と言ったりはしないだろうなあと思ったんですが、ペレンノール野以降むしろ若くなっているメリーを考えるとあり得るかも??(汗)
でも、原作のメリーをドミニク・メリーで想像してみたら、とっても良かったんですよね(汗)特に、セオデンのことを思い出して「もうパイプは吸わない」と言う場面、映画ではあり得ないだけに、やって欲しかったなあと。
そして「思うに、自分が愛するにふさわしいものをまず愛するのが最善じゃなかろうか。どこかで始めなきゃならないのだし、どこかに根をおろさなきゃならないんだから。」のあの台詞も言ってくれたらなあ・・・ムリかなぁ・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加