BUCKLEBOX-BLOG

デジタルモノとかうだうだ

タイムボカン24 3話まで観て

2016-10-15 21:40:45 | アニメ・特撮
というわけで、タイムボカンからイタダキマンまでほぼリアルタイムで見ていて
その後の奴はほとんど見てない旧世代人間なんですが、
タイムボカン24というタイトルに妙な懐古趣味が降りてきて
とりあえず観てます。(以上、個人的言い訳)

昔のタイムボカンシリーズって、タイムトラベル要素が無い奴も昔話や歴史モチーフの回が多くて、
お宝情報で善玉側が現地に行ってゲストの主役格と出会うんだけど、これが元ネタと比べると
気が弱いとかドジだとかで、到底期待される話の展開が望めそうに無いという場合が多くて。

だけど善玉側のサポートで本人が勇気を出して困難を乗り切って
(その過程でお宝アイテムを悪玉側に奪われる)、
最後はメデタシメデタシとなるパターンが多かった気がします。
登場人物の成長が話の中心だったわけですよね(あくまで俺感想です)。

で、んじゃタイムボカン24はと言うと。

クレ夫とパトラ(もはや出オチ)
ナイト兄弟(兄弟とは言ってない)
鬼桃太郎(ばあちゃん怖い)

漫才コンビはそれなりに努力して優勝を勝ち取ったからまだいいとしても、
電球売りと悪徳アイドル商法はなにも教訓的な事してない。

主人公側は歴史が変わるのを容認し、3悪側は歴史書に載ってる歴史を維持しようとする。
従来の善悪逆転の発想は「おおっ!」となるのですが・・・・・
その真歴史という奴がどれもしょーもない物というのが何とも。
教科書にのってないめちゃくちゃ面白い歴史発見・・・・・・・・・そのまま「無かった事に」するのが一番かと。

いやいいんですよアニメだからね(引用:ザブングル)。
でも真歴史と全然違う、想像さえ不可能な歴史がなぜ定着したのかサッパリわからんのですが。

特にナイト兄弟。どう見ても彼(ら)が飛行機の発明者として記録されるのはありえないでしょ。
あの後誰かに歴史を捏造されるんじゃないかと思うんですが。
スミソニアン博物館の一派がきっと・・・と一瞬思ったけど逆だからなあ。

ここまで書いて思ったけど、あのドクロベェ様っぽいお方が裏で色々暗躍していてヘンテコ歴史の乱発も
織り込み済みとかだったらどうしよう。

と色々書きましたが、すべて前フリです(えー)

本当に言いたかったのは、主人公が中学生でヒロインが17歳でちょっとエッチなこすちうむ着用というのは
桂正和センセイの「ウイングマン」を連想しちまうなー
という俺はやっぱり旧世代の人間だなーという事なのです。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レベルアップライダーシリー... | トップ | ニチアサキッズタイム20161009 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。