グッドぐんま 2

ぐんま大好き! 群馬のちょっとイイものや身近な自然を再発見

かんな川水辺の楽校公開講座「危険な毒蛇を覚えよう」

2012年07月07日 23時29分42秒 | 自然観察
今日の午後、藤岡市美九里公民館で、かんな川水辺の楽校運営協議会主催の公開講座に出席。
今回は、(財)日本蛇族学術研究所の研究員、三保尚志氏をお招きして、「危険な毒蛇を覚えよう」というテーマで講演して頂きました。

群馬県内に棲息しているヘビは8種。そのうち毒蛇はニホンマムシとヤマカガシの2種です。

ニホンマムシ


ヤマカガシ


どちらも身近なヘビですが、その生態や咬傷を防ぐ方法、咬まれた時の正しい対処方法などは、私を含め一般人にはよく理解されていない部分もあります。事故を防ぐには相手を正しく理解することが一番です。

満員御礼の会場


ニホンマムシの実物も登場


マムシ咬傷は全国で毎年約3千件発生しており、5人前後が亡くなられているそうです。猛毒で恐れられているハブによる死亡例は数年に1人くらい。ハブよりもマムシの方が死亡例は多いというのは意外です。
かんな川水辺の楽校にもニホンマムシが生息しているので気を付けねば。


かんな川水辺の楽校便り



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
『群馬県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前橋七夕まつり | トップ | ぐんま昆虫の森 カブトムシ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。