カトちゃんのグンとやってみよう!(チャン・グンソクさん♡)  

チャン・グンソクさんをひたすら応援するブログ

「第4回いばらきショートフィルム大賞授賞式とノミネート作品上映」(6/18 @ iTSCOM会場)&グンちゃん手型

2017年06月20日 | チャングンソク 映画

第4回いばらきショートフィルム大賞授賞式とノミネート作品上映」(6/18 @ iTSCOM会場)
茨城県の魅力を国内外に発信することを目的に設立されたコンペティション「いばらきショートフィルム大賞」。その発表セレモニーが、今年もSSFF & ASIAで行なわれました。
橋本昌茨城県知事からの挨拶の後、応募総数86作品の中から今回ノミネートされた大川祥吾監督『水戸黄門Z』と、宮本秀光監督『食の黄門様~きっと,明日はうまくいく~』を上映!

上映後には、橋本昌知事とともに、審査員を務めるSSFF & ASIAの代表・別所哲也が登壇。栄えある第4回いばらきショートフィルム大賞は……『水戸黄門Z』に決定しました!
受賞監督となった大川祥吾さんは、「タイトルも作風もちょっとふざけた雰囲気ですが、茨城県のお墨付きをもらえて怖いものなしです」とユーモラスにコメント。もちろん、実際は、綿密に取材を重ねて3年の歳月をかけてつくりあげたそうです。それを受けて審査員の別所哲也は「次回は、私もミュージカル俳優としてオファーいただければ……、その際には検討させていただきます」とこちらも会場の笑いを誘いました。
続いてのフォトセッションでは、『水戸黄門Z』のキャスト・スタッフ、そして茨城のゆるキャラ・ハッスル黄門も加わって大盛り上がり。大賞の『水戸黄門Z』には賞金100万円、惜しくも奨励賞となった『食の黄門様~きっと,明日はうまくいく~』には、茨城県の名産メロン“イバラキング”が贈られました。

奇しくも、2つの受賞作品ともに水戸光圀公がモチーフでしたが、作風はミュージカル風、“食レポ”コメディと実にユニーク!茨城県の文化、食、歴史、人など、さまざまな魅力が凝縮されたショートフィルムを見ていたら、今すぐ茨城に遊びに行きたくなりました!(美明豚とか食べたいです)

PS:イベントのラストでは、あの韓国の若手俳優・チャン・グンソクさんのショートフィルム『偉大なる遺産The Great Legacy』を上映!実は、チャン・グンソクさんは、かつて主演映画『きみはペット』の記者会見を茨城空港で行うなど、茨城県と縁が深い方。上映後に展示された手形のモニュメントを一目見ようと、長い行列ができていました。

こちら←見てね

unao-zikzin‏ @kunikatu92 さんtwitter  6月18日
偉大なる遺産を観て来ました🏃
グンちゃんの手形を、茨城県知事が持って来てくれました😆 知事さん、ありがとう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

unao-zikzinさん写真アップ許可ありがとうございます




茨城空港‏@IBR_airportさんtwitter 2011年9月9日
返信先: @ibanavi_eventさん
この手形はちゃんとタッチできますよ!! みなさんチャン・グンソクさんとタ~ッチ(*^U^)人(≧V≦*)/ RT @ibanavi_event 韓流スターの手形にタッチ!?テギョンさんのもあるみたいだょ。

2階の施設詳細一覧
『チャン・グンソク』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 橋本塁(サウシュー&STINGRAY)... | トップ | 都塔免税店  »
最近の画像もっと見る

チャングンソク 映画」カテゴリの最新記事