SAIKOU DE SAIKOU NO 久利生キョンのブログ 武器はカード!!!

VG、遊戯王等をしてる久利生キョンです。
シャドパラ、アクフォ等を使用してます!
YouTubeで動画を更新してます

[大会レポ]色々わすれました。☆

2016-10-13 21:57:00 | カードファイト!ヴァンガード
Othersaidへ!!!!!

ヨーソロー!ヽ(・∀・)ノ

色々忘れてしまいました・・・。
ジェネシス回さないとなぁっと思った瞬間忘れた( ノД`)…
遊戯王も回したいデッキが( ノД`)…

ハラショー・・・・。

Gゾーン2枚足らないままDiabroで出陣!

場所
木乃美書房

人数
10人以上

形式
ダブルエリミネーション クランファイト

久利生キョンの使用デッキ
Diabro

【PRISM 勝利】
ダブクリからのVスタして勝利。
特に変わった動きはなかったです。

【てかちゅうさん アーシャ 勝利】
この間戦った結論。
引かせればいいんだ!
ってことになって引かせまくって、こちらも手札温存させて耐えててかちゅうさんがデッキOUT( ̄ー ̄)

【組長 グレートネイチャー 敗北】
なんだ!あの毎回クリティカルは!
G2クリティカル
G3→4 ダブクリ
最後クリティカル
ガード値が元々少なく、CB与えないようにしましたがもはやトリガーで解決された(笑)

結果
2勝1敗

2位

終わった後の遊戯王も楽しくて、最近はあらためて違ったことを考えるのが楽しいですね。

自分はしっかりメタとか色々考えて行きたいと思いました!

Y兄さんが色々考えて作るのを見習わないとダメだなぁっと思いました。

Diabroは次で行けるかな?とは思いますが今の段階ではPBDiabroで決めることを考えないほうがいいかもしれないですね。
クラレットをあらためて考えて見ようかなと思います。


ジェネシスは読まれるけど読まれない構築またはそれをケアする動きを考えるべきですね。

あとは体力!これしかない!マジで。

ジェネシスにしようかなぁー。

しっかり拾いたいし(笑)

今日のカード



ヴァンガード開発部からの一言!!

今日のカードは、明日10月14日(金)発売のタイトルブースター第2弾 『刀剣乱舞-ONLINE-』弐から、「今剣 特」「愛染国俊 特」と、11月11日(金)発売のブースターパック第9弾 「天舞竜神(てんぶりゅうじん)」収録、《エンジェルフェザー》の「黒衣の救済(ブラック・リリーフ) アラトロン」の3枚をご紹介。

カードリストはすでに公開済みだが、改めて、紹介するぞ。
「今剣 特」は、前回収録の「今剣」の誉能力を再現して登場。
その能力はシンプルで、自身をソウルインでカウンターチャージ1するというものだが、強さと汎用性は高い。
無条件でコスト回復なので、枠があれば、デッキに是非入れたいカードだ。
なお、「今剣」は今回、タイトルトライアルデッキ 「刀剣乱舞-ONLINE-」に再録されているぞ。

続いて、「愛染国俊 特」は、誉能力を持つヴァンガードがアタックした時に能力が発動! 自身をソウルインして同じ縦列にいるリアガードをスタンドさせる!
連続攻撃かつ自身のソウルを増やすことができるため、ファイトの序盤や終盤でも活躍が期待できるぞ。
パワーをあげて連続アタックで、一気に勝負を決めよう。

最後に、ブースターパック第9弾「天舞竜神」から、《エンジェルフェザー》の「黒衣の救済 アラトロン」を紹介!
【救援(レスキュー) 】能力をサポートするカードだ!

「黒衣の救済 アラトロン」は、救援能力の効果でドロップゾーンに置いたカードを、同じ縦列にコールできる能力を持つ!
「サージェリィ・エンジェル」などブースト能力を持つユニットと組み合わせると強力だぞ。救援能力を持つユニットをたくさん入れて、発動のチャンスを狙っていこう!

明日10月14日(金)発売タイトルブースター第2弾 『刀剣乱舞-ONLINE-』弐のカードリストが昨日公開されたので、是非チェックしよう。
本日公開予定の「週刊ヴァンガードコラム」第3回では、刀剣乱舞についてのコラムが更新されるので、お楽しみに

今日の久利生キョンのつぶやき
「今日Shadow verseの生放送しまーす。(時間は未定)」
Mr.S
愛が止まるまでは
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [SV]ダークネスエボルヴ環境☆ | トップ | 次の日曜日に!☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL