くらぶとろぴか

きもちはいつもボルネオを浮遊中。シパダン中心のダイビングとコタキナバルについての単なる旅の備忘録。終わらないトゥイート。

ホテルキャピタル

2016-12-07 21:56:28 | コタキナバル
昔からそこにあったホテル・キャピタル(1994年、はじめてKKに来たときには、すでに古臭い佇まいだった)。
安くて好立地なホテル・キャピタル(ウィスマ・ムルデカ向かい)。
でも、これまで見向きもしなかったホテル・キャピタル(誰も泊まってないくせに、ぼろいと噂だった)。
最近、色が変わったホテル・キャピタル(白かったものが、薄紫とクリーム色に!?)。
リノベーションしたぞ、ホテル・キャピタル。
そしたら、人気急上昇のホテル・キャピタル。
外観がダサくったって、安い・きれい・便利、もう使うしかないホテル・キャピタル。
KK-成田の直行便は真夜中の0時50分発、だから、帰る日におためしデーユースなホテル・キャピタル。

KKで大人気のイタリアンレストラン、「Little Italy」の横に入り口があり、チェックインはサインだけ。
パスポートはチェックするけれど、デポジットもカードギャランティーも要求されない。
ルームナンバーは201。

室内。



ベッドランプが、スタバにぶらさがっているランプみたい。

カーテン開けると…


正面はウィスマ・ムルデカ。

由緒正しきコタキナバルの、ザ・ショッピング・センター。

右手にはウィスマ・サバ(手前)とガヤ・センターホテル(奥)。

ガヤ・センターホテルの右端にちょこっと見えるのが、いまどきのショッピングモール「スリア・サバ」。

予約のときに、ViewはOceanみたいなことが書いてあったけど…

レトロなウィスマ・サバとウィスマ・ムルデカの間のとおりのむこうに、わずかに海面が見えるだけ…
ここは日本で言うところの3階だけど、たぶん上層階に行ったって、たかが知れてる。
でも、昔ながらの変わらぬKKの目抜き通りの景色が、妙に好きだ。

そういえば、ウィスマ・サバと言えば、ちょっと来ないうちに外壁が塗り替えられ、壁画までできていた。


ズーム!

左上にキナバル山、右上には「tanahairku」。
そして、ロボットみたいなのにも、一文字ずつ「t」「a」「n」「a」「h」「a」「i」「r」「k」「u」。
tanah air(motherland)、ku(aku 私)、私の祖国的な…
テレビらしきものから出ている「M」「Y」は、私のmyではなく、MalaysiaのMYかな?
コンセプトは愛サバなのだろうけど、いまいち理解に苦しむ構成。
ラパスの壁画のほうが、私は好きだな。

夜景byコンポジット撮影でまた失敗。


レトロな備品…

このサイバー時代に、レターセット。
しかも昭和を感じさせる、ジ・エアメールな封筒。
いいねー。

バスルーム
洗面。


トイレ。いちおうTOTO。

トイレットペーパーが、やたら高くて遠いところに設置されてる…。

シャワーブース。



建物が古いだけあって、なかなか温水にならない。
温水に変わるのに3分以上かかった…
でも、いったん温水になれば、熱いお湯が安定供給された。

コンプリメンタリーは、ミネラルウォーター500ボトル2本と、調整コーヒー2スティックとポットだけ。

シンプルすぎるほどシンプルだけど、ビジネスホテルと割り切れば、支払った金額を思えば、悪くない。
総括すれば、ホテル・キャピタルは、「予算を押さえたいお客様の強い味方!」
だって、ホテル代もさることながら、近くには庶民的な中華系レストランが目白押しで、KKの食を満喫するにはもってこい。
両替だって、ウィスマ・ムルデカの海側にある両替商のレートがKKで最も有利。

KK着が夜遅くなるシパダン前泊なら、今後はここだな。
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アコード リージェンシー サ... | トップ | KK食べある記(1) 2016/11/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。