小さなお山の先っちょで

毎日の生活の中の 興味や感動や楽しみを まったりと綴ります。

とげとげの雪

2017-01-25 | ネイチャーガーデン
気温が下がり過ぎて
柔らかいふわっとした白い精が
尖ってしまいました。(⋈◍>◡<◍)。✧♡

孤高のバラが砂糖菓子のようになって





朽ちかけの木の椅子でも





デッキのテーブルでも





フクロウさんでも



枯れ枯れの芝でも



色あせたアジサイの花でも


尖った雪が
冷たく輝く朝でした。





Kさんがフランス旅行での写真を
プロ級の腕で
たくさんの枚数、
ブログで見せて下さった。

それに引き換え
私も40年前に行ったことがあるが
カメラを持っていなかったのというぐらい
写真がない。( ´艸`)

これはルーブルかな?
友達が写してるよね。


今なら
自然や伝統的な建物を
丁寧に
撮るであろうに
当時の 興味関心は
人であったように思う。

異文化の人間そのものに目が向いており
記憶も
自分が写した少ない写真も
それを物語っている。

そして
ムーランルージュ
そこでテーブルのお世話をしてくれた
アランドロンに似た人も
生ガキの美味しい店(サガンの小説で見つけた)も
息子たちには通じない。( ´艸`)

価値観も固有名詞にも
40年の月日を強く
感じる。

みんな、どうしてるかな?

Kさんのおかげで
少し時空を旅することができました。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一生懸命さの輝き | トップ | 歩く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ネイチャーガーデン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。