手仕事の日々・・・春夏秋冬コツコツ手織

何気ない日々から生まれた手織りの帯は博多織。
作品を通して、たくさんの出会いがありますように。

久しぶりの実演、行ってきます

2014年04月21日 | 手仕事・工房の庭



アマドコロ(甘野老)

毎年、同じところで芽を出し、花を咲かせるアマドコロ。
目立たない花だけど、ぶらぶらとぶら下がって咲く様子が
鈴蘭のようで可愛らしい。

名前に「甘」とあるように
この花の若芽と根茎は、甘いのだとか。
山菜として食べられるというから、気になります。

食べられるほど芽が出たら・・・・・・・
やっぱり食べずに、眺めてそう。


明日より、催事で出張です。
行ってきます。






トラックバック (0) | 

機場の大掃除

2014年04月16日 | 手仕事・工房の庭


庭の緑が綺麗な季節。
初夏の陽気に、ツツジの花が満開です。

4月も半ば、今日は衣替えついでに大掃除。
機場の隅から隅まで、綺麗にしてから作業を開始。





トラックバック (0) | 

一年に一度

2014年04月14日 | 手仕事・工房の庭

朝から忙しい一日。
あっちへ行ったり、こっちへ寄ったり。
織りに関する色んな事が重なった一日でした。

4月14日。
嬉しい年ではないけど、ありがたい日です。

日頃、乱暴に扱ってる自分に、ちょっと優しくなりたい特別な日。
お誕生日おめでとう。


トラックバック (0) | 

今年最初の帯

2014年04月11日 | 手仕事・工房の庭

ようやく、今年最初の一本を、織り上げました。

管に巻いた緯糸も、きれいになくなり
残った管は、一本だけ。





最初で最後の、この一本。
あとは、広げて検品、房編みです。


トラックバック (0) | 

シャガ

2014年04月11日 | 手仕事・工房の庭


庭の奥まったところで咲くのは、シャガ(著莪)。
アヤメ科の植物で、Iris japonica。
別名、胡蝶花。





珍しい花ではないけれど
顔を近づけて、よくよく見れば、ハッとするほど綺麗な花。

わしゃわしゃと伸びる柱頭のおひげが、見事です♪


トラックバック (0) | 

工房の庭・・・白山吹

2014年04月06日 | 手仕事・工房の庭


山吹色した、八重の山吹は、私の好きな花。
白の一重山吹は、母の好きな花。
先月咲いた、庭梅と山桜は、父のお気に入り。

素朴な花ばかりの庭だけど
家族それぞれに、お気に入りがあって
花が咲けば、咲いた咲いたと、ちょっと自慢。

何てことない可愛い自慢。
毎年聞くけど、良いものです。


トラックバック (0) | 

工房の庭・・・山吹の季節

2014年04月06日 | 手仕事・工房の庭

山吹の花。

小さい頃から、好きな花で好きな色。
山吹色した、枝垂れ山吹。

頭の上から覆うように咲いて
風にゆらゆら揺れています。








トラックバック (0) | 

博多織帯、最初の一本、スタートです

2014年04月05日 | 手仕事・工房の庭


帯一本目、本番です。

管に巻いた緯糸が、織機の横で、綺麗に整列。
帯一本(約5メートル)分の緯糸です。

並んだ糸に、「いよいよだぁ!」
織りのスイッチ入ります。





試し織りはしているものの
最初の一本だけは、ちょっとドキドキ、緊張します。

糸の張り具合を何度も確認。
錘は? ハサミは? 継ぎ糸は?
汚れは? 埃は? 鏡は綺麗?

ジャガードの音も変じゃない。
油も差したし、糸切れもなし。

後は私で、気持ち整え、深呼吸。





紋紙、OK。 スタートです!






トラックバック (0) | 

曾祖母から祖母、母・・・

2014年04月01日 | 手仕事・工房の庭


母方の女紋の入った着物を出していたら
祖母の婚礼衣装や、掛袱紗が一緒に出てきました。
一年に一度、虫干しの時に見るくらいですから、久しぶりです。

祖母の婚礼の時に使ったという、鶴亀の掛けふくさは
祖母が自分で刺繍したものです。(1m×1m)
自分の結婚式のために、一針、一針。

反対側には、大きな女紋。
紋も刺繍で入っています。




70年以上前、結婚する前だから、21、22歳の頃に作ったもの。





丁寧な刺繍です。

幸せを願って、一針一針。
祖母の顔が浮かんできます。



こんなところも自分で。


打出の小槌と鶴を刺繍した、30僉30僂両さなふくさは
おめでたい時のお重に掛けたりしていたそうです。

こちらも祖母の刺繍で、もっと若い時のもの。







母が大事にしまっていた中には
曾祖母が若い時に作ったという巾着も。
106歳で亡くなった曾祖母の青春時代。

巾着のモデルは、若い公達、憧れの君?
こんな頃があったんだね・・・と、ふふっと笑う母。





曾祖母、祖母、母。
根気強さも、器用さも、芯の強さも負けてます。

何か一つでも、受け継いでいるところがあれば良いんですけれど・・・。


トラックバック (0) | 

4月の庭、花蘇芳

2014年04月01日 | 手仕事・工房の庭


4月です。
ちょっと動けば、汗ばむくらいの良い天気。

昨日、今日と、鶯が遊びに来ています。





満開の雪柳は、風に吹かれて、ユラユラ、ちらちら。
散り始めた雪柳の傍では、赤紫が綺麗な花蘇芳。

蝶形の小さな花が、葉のない枝にかたまって咲いています。





花蘇芳(ハナズオウ)

豆科の植物。
花の色が、スオウで染めた色に似ていることから、花蘇芳。

蘇芳色。
好きな色です。






トラックバック (0) | 

工房の窓の下・・・童話の花

2014年03月31日 | 手仕事・工房の庭


「スノーフレーク」は、小さな雪のかたまり。
スズランに似た花ですけど、ヒガンバナ科で
和名は、大待雪草(オオマツユキソウ)、鈴蘭水仙。

とてもよく似た花で、名前もスノードロップという花があります。
和名も似ていて、待雪草(マツユキソウ)。

「マツユキソウが咲いている〜♪マツユキソウが咲いている〜♪」
チェコスロバキアの民話、「マルーシカと十二の月」ですよね。

題は「森は生きている」だったかな?
「転がれ転がれ指輪よ〜♪ 転がれ転がれ指輪〜♪」
そんな歌だったような気がします。
小学生の頃、歌の大好きだった先生に教えてもらった歌です。

変な言い回しですけど
歌の大好きな先生が、大好きだったクラスの朝は
先生のオルガンに合わせての大合唱。
楽しい歌を、たくさん教わりました♪

工房の窓の下で咲くのは、大待雪草(スノーフレーク)だけど
この花を見ると、忘れていた童話や
大声を張り上げて歌っていた頃を思い出します。

スノーフレーク、スノードロップ、待雪草。
素敵な名前を持った花です。
トラックバック (0) | 

今度こその試し織りです

2014年03月30日 | 手仕事・工房の庭


  経継です。

  2月に機に仕掛けた経糸を、一旦切り下ろして
  新しい糸に、掛け替えました。
 
  一部変更でいくつもりでしたけれど
  どうにも気になり、色も柄もまるまる変更。

  昨年、それも早くにご依頼頂いた帯というのに
  すっかりお待たせしてしてしまって、もう4月です・・・。
  
  2日で経継を終え、新しい糸で試し織り。
  順調にいけば、紋紙が彫り上がるのに今週いっぱい。
  来週には本番に入れそうです。

  
  


トラックバック (0) | 

山桜桃梅か、庭梅か・・・

2014年03月26日 | 手仕事・工房の庭


山桜と桃の花の下では、ユスラウメが咲いています。
小さな花には、微かなぼかし。
淡いピンクが、可愛らしい。

ユスラウメ=梅桃、山桜桃、山桜桃梅、と書くそうです。
春を象徴する花の名前を全部持ってるんですから、何か凄い。

ずっとユスラウメだと思っていたこのお花。
もしかしたら、よく似た「庭梅」の方かもしれません。

どちらにしても、6月頃には、食べられる赤い実を付けるので
楽しみです♪





トラックバック (0) | 

雨歓迎の糸作業 

2014年03月26日 | 手仕事・工房の庭


曇り時々雨の昨日と、雨のち曇りの今日のお天気。
「糸合わせ」には、良い日です。

天気予報は、必ずチェック。
作業によっては、嫌いな雨も歓迎です。

今日は、本当に良い日です。

トラックバック (0) | 

作業場の音・・・糸繰り機

2014年03月24日 | 手仕事・工房の庭


朝から廻している糸繰り機。

「なんかいいよね。家から音がしてるのって。」
庭の草むしりをしていた母が、小さくポソッと、独り言。

何ヶ月かに一度、一日か二日だけ廻している糸繰り機。
ゴロゴロ、カタカタ、ゴロゴロ、カタカタ
確かに、落着く音がします。

流れる時間がいつもと違って
ゆっくり、ゆったり、過ぎてく感じ。

ゴロゴロ、カタカタ、時折キー。
おかしな音も混じってます。
油をささないといけないみたいです。


庭では、山桜の花が開き始めました♪
素朴で優しい、葉桜です。



トラックバック (0) |