春夏秋冬コツコツ手織

何気ない日々から生まれた手織りの帯は博多織。
作品を通して、たくさんの出会いがありますように。

ムカゴの季節♪

2015年09月03日 | 工房の庭


山でも田舎でもないけれど、庭は昔のままで田舎の庭。
夏の終わりにはムカゴが採れます。

最初に採れたムカゴは、天ぷらです♪
ゴロゴロっとまとめて揚げると
とっても美味しく、おやつのように食べられます。
もう一回採れるようなら、ムカゴご飯。

ムカゴ独特の香りには、好き嫌いがあるだろうけれど
お味は、素朴な山芋といったところ。

秋の楽しみ♪



この記事をはてなブックマークに追加

カンナ

2015年09月03日 | 工房の庭


ジリジリとした真夏の陽射しに負けない色。
暑さ増すような色で、炎天下に咲く熱い花。

今年の夏は短かったけれど
暑い盛りに咲き続けたカンナ。
8月いっぱい咲きました♪

嫌いじゃないけれど、夏にはちょっと暑かった。



この記事をはてなブックマークに追加

最後の収穫

2015年09月02日 | 工房の庭


最後の収穫。

4種類のミニトマト。
細長いトマトや、見た目がサクランボのようなミニトマトなど
ミニトマトにも種類がたくさん。
どれも美味しく、今年もほんとによく食べました♪

庭の夏野菜は、秋ナスとオクラを残して全部終わりです。
今年は夏が早く終わった気がして、ちょっと寂しい。



この記事をはてなブックマークに追加

梅干しの土用干し

2015年08月09日 | 工房の庭


本漬けの前に土用干し。
今年の梅干しを、日向で干します。

干さないで作った梅干しは、サッパリしていて若々しい感じ。
それはそれで美味しく仕上がるので
お味だけなら、干す干さないは、好みです。

太陽を浴びて、一度干した梅干しは
昔ながらの、梅干しらしい梅干しです。
日向の香りが加わって、ふっくら美味しく仕上がります。

日向干しの梅干したち。
可愛らしい♪



この記事をはてなブックマークに追加

立秋

2015年08月08日 | 工房の庭


立秋。

8月初旬というのに、午後を過ぎると
なんとなく、どことなく、お盆を過ぎた頃の夏の終わりの陽射しみたい。

空にはトンボ。
ツクツクボウシも今年は早くて、もう鳴いています。





庭に目をやると、もうムカゴ!
あっちにも、そっちにも、大きなムカゴ。

夏の盛りに秋の気配?
駆け足で過ぎていきそうな今年の夏。
気持ちがちょっと急いてます。



この記事をはてなブックマークに追加

夏も駆け足

2015年08月05日 | 工房の庭


下を向いて咲く白い花はシシトウの花。
今年植えたのは、長シシトウ、ジャンボシシトウ、万願寺シシトウ。
ジャンボシシトウは、ピーマンのように太って肉厚♪
これはほんとに美味しかったです♪





オクラの花。
気持ちだけ植えたオクラは、お味噌汁や天ぷらで。

オクラの花は、野菜の花にしては大きめの花。
何となく、芙蓉やムクゲの花に似ているので
そう言えば・・・と、ムクゲの木を見上げると
ピンクの花が咲いています。
夏の盛りから秋口まで咲く夏の花です。

庭の夏野菜もそろそろ終わり。
毎日採れていたニガゴリは、一日おきに1、2本。
お茄子は枝を切って、秋ナスのためにしばらくお休み。


お盆には少し早いけれど、今日はお坊様が来られる日。
お茶菓子に、庭のミニトマトはどうだろう♪
一瞬、本気でそう考えたけれど
庭のトマトを喜ぶのは、家族だからこそでした。



この記事をはてなブックマークに追加

梅雨明け

2015年07月31日 | 工房の庭

九州北部は遅い梅雨明け。
夏もいよいよ本番です。

庭の収穫、メロンとニガゴリ。

収穫には早すぎた庭メロン。
しばらくそのまま置いておいて
甘くならなければ、お漬け物行き。

ニガゴリは、ほとんど毎日採れるので
保存できる佃煮や酢漬けの他
味噌炒めやチャンプルー、サラダ、肉詰めやお肉巻きなど
色々作って、無駄なく完食。
夏ばて防止に、しっかりビタミン。

数種のミニトマトは、おやつです♪









この記事をはてなブックマークに追加

糸繰り

2015年07月28日 | 手仕事


予定よりかなり遅れての糸繰り作業。
ゴロゴロ、カタン、ゴロゴロ、カタンと
機場に響く糸繰り機の音も久しぶり。

次に織る帯の緯糸です。
糸繰りが終わったら、糸合わせ。

織り出し一本目は、8月中旬。
できれば、9月には別の新しい帯にかかりたいところだけど
うーん・・・・
今年、あと何本織れるかな。






この記事をはてなブックマークに追加

夏の陽射し

2015年07月09日 | 工房の庭


目覚めたら夏!
そんな感じの朝でした。

カーテンを開けると、昨日までとは違う真夏の陽射し。
蝉の声まで聞こえてきます。
初蝉の声♪

さぁ、覚悟を決めて夏をお迎え!

※姫向日葵(ヒメヒマワリ)




この記事をはてなブックマークに追加

甜瓜

2015年07月08日 | 工房の庭


何の花?
野菜の花で、瓜科です。

花の形や大きさは違うけれど、なんとなく、どことなく
瓜科の花は、よく似ています。

胡瓜(キュウリ)、甜瓜(メロン)、苦瓜(ニガウリ・ニガゴリ)、南瓜(カボチャ)
西瓜(スイカ)、冬瓜(トウガン)、糸瓜(ヘチマ)、真桑瓜(マクワウリ)

甜瓜と書いてメロン。
メロンの花です♪

庭の初メロン。
あまり期待はしていないけれど
せめてマクワウリくらいはあって欲しい。



この記事をはてなブックマークに追加

夏の楽しみ

2015年07月04日 | 工房の庭


庭の収穫、茄子、トマト♪

庭で作っている野菜ですから
ちょっと楽しむ程度の小さな畑・・・とは言いつつも
食べる気満々ですから真剣です。

丸いお茄子は水茄子です。
柔らかな食感とみずみずしさが、他の茄子と違うとこ。
生でそのまま、サラダで食べても良い感じ。
水分が豊富で、さっぱりしています。

初の水茄子は、まずは糠漬け。
口に入れると「おっ!おっ?おっ♪」
いつもと違う食感に驚きます。
実は柔らかくって、とってもジューシー。

ニガゴリ、オクラ、万願寺シシトウ、トマトにメロン。
ミョウガは、ミョウガ自身にお任せですけど
夏野菜はこれからです。

茄子の花





この記事をはてなブックマークに追加

エネルギー色

2015年07月03日 | 工房の庭


薮萓草(ヤブカンゾウ)
この時期に咲く花の中で、一番好きな花。
くしょくしょとした花が、魅力的。

春の若芽は、なかなか美味しい春の味。
庭のヤブカンゾウの若芽を食べることはないけれど
栃木の知人が、毎年摘んで送ってくれるので
我が家ではそれを、酢味噌で和えて頂きます。
花の蕾も食べられるのだとか。

万葉集など和歌にも登場する花で
和名は、忘れ草(ワスレグサ)。

憂いを忘れる草(花)で、忘れ草。
食用としてのその美味しさに心配事を忘れてしまう
花のあまりの美しさに憂いを忘れる・・・など。
花の色にも、そういう作用がありそうです。

今咲いている姫ヒオウギ水仙の花も同じ色。
元気をくれる色です。



この記事をはてなブックマークに追加

千両の花

2015年07月01日 | 工房の庭


千両の花。

嫌いじゃないけど、なんとも奇妙。
いつ見ても、何度みても不思議な形。

冬に赤い実をつける庭の縁起木。
6月、最初に咲くのは南天の花。
少しおくれて、千両の花。
これから咲くのは、万両と十両。

ぼーっとしてたら、あっと言う間です。





花言葉は、利益、裕福、富、財産、恵まれた才能、価値などなど。

この記事をはてなブックマークに追加

雨の後

2015年06月30日 | 工房の庭
雨上がりに咲く花、レインリリー。
別名ですけど、なるほどと思える良い名前。

長く眠っていた花が
雨に目覚めて、土から伸びをし、花開く。
「目覚めたね!」
そう思うと楽しい花です。



この記事をはてなブックマークに追加

サプライズプレゼント

2015年06月29日 | 工房の庭


ブルーベリーからサプライズ。
探さなきゃわからないような小さな実だけど
ちゃんとブルーベリーになって熟してます。

途中で諦めて落ちてしまうと思っていた三つ子の実。
一つは駄目だったけれど
残りの二つは立派に色づき、それらしい♪

ゆっくりと時間を掛けて育った実。
元気がいっぱい詰まってそうです。

後で美味しく頂こう。



この記事をはてなブックマークに追加