春夏秋冬コツコツ手織

何気ない日々から生まれた手織りの帯は博多織。
作品を通して、たくさんの出会いがありますように。

今年初めて、寒咲きアヤメ

2015年01月29日 | 工房の庭

今の時期にアヤメ? 
まさかね・・・・・なんて思っていたら
庭のすみっこに、ほんとにアヤメ。

思わぬところに、思わぬ花。
今日の今日まで、誰も気づかず
咲いている花を見て、みんなでびっくり。





寒咲き菖蒲、寒アヤメ。
数年前に植えた花が、今年初めて咲きました。
誰もがすっかり忘れた頃に。

水仙の花よりも早くアヤメを見るなんて、ちょっと変な感じですけど
春を告げる花が、庭にもう一つ。
楽しみ一つ、増えました♪


今年最初の帯・・・経継

2015年01月19日 | 手仕事


経継終了。

新しい帯の糸の掛け替え作業が終わり、いよいよ織り付け、織り出し・・・・・・・
そういけたら良かったんですけど、色糸の並びが、帯の柄と逆!

気づいてびっくり。
一瞬慌てたけど、とりあえず糸の本数に間違いはなかったので
経継作業はこれでおしまい。






紋紙の彫り直しに、もう一週間。
どんな帯になるのか、まだまだ分らず、まだ見ぬ帯の心配がもうしばらく。
頑張れ♪


織機の気持ち、糸の気持ち

2015年01月16日 | 作品・新作
昨年スタートさせた帯の最後の一本が、ようやく織上がりました。
全部で五本。
昨年のうちに織終えたかったんですけれど
残り二本というところで、急に織機がぐずりだし、糸は癇癪。
気持ち読めずに、四苦八苦。

経糸、緯糸、織機の調子。
それに加えて部屋の湿度と
なんだか全てのバランスが悪かったようです。

織り上がったばかりの帯は、しばらく休ませ
明日より、新しい帯の経継ぎです。

うまくいきますように・・・・。









春の香り、春の味

2015年01月15日 | 工房の庭

庭の蕗の薹。

蕗の薹が顔を出すのはいつも同じ所で、庭のすみっこ。
お正月が過ぎると、のぞきに行きます。

今年は、天ぷら♪
サクッと、ひと口。
春の香りが口の中に広がります。
ほのかな苦味がまた美味しい。

少しずつだけど、春の香りに家族も笑顔。
年に一度の庭のご馳走です。







糸繰り

2015年01月04日 | 手仕事



糸繰り作業。
次に織る帯の緯糸です。





今回は男帯で、しばらく使わなかった濃いめの色があと三色。

他の色で、紋紙の試し織りまではしたものの
この帯は、ちょっと冒険。
どんな帯になるのか、まだまだ分らず、かなり心配。
織に入るのは、もう少し先です。

2015年 新年

2015年01月01日 | 工房の庭


新年、明けましておめでとうございます。

元旦には珍しく朝から雪。
うっすらと雪がつもるくらいの
ちょっと嬉しいお正月。

今年は元旦から、初織、初作業。
仕事が楽しい一年となりますように♪

笑顔あふれる素敵な年にしましょうね!
今年もどうぞよろしくお願い致します。




難を転ずるの南天。
魔除け、厄除け、火災除けに植えてる縁起木です。

博多織帯、今年中にあと三本。

2014年12月20日 | 手仕事

今年も、後わずかとなりました。

新配色の帯は、二本目が織上がって
やっと三本目に入ったところです。
織はじめたばかりのこの帯を入れて、残りは三本。
今年中に織り上げるつもりで頑張ってますけど
他の作業も迫って、気持ち少々焦り気味。

集中して織れるのは半日です。
気がつくと、歯を食いしばって織っているから
集中してても、力みすぎ。
これじゃいけない・・・と、口角あげて織ってみると
顔が笑顔だと、力が入らない。

それでも、歯を食いしばって織るより良さそうなので
上手く力を入れながら、口角あげて織ることに。

あと11日。
休まずコツコツ頑張りましょう♪


帯の耳。

冬野菜

2014年12月09日 | 工房の庭
庭の冬野菜、大根と蕪。

ふろふき大根やおでんの大根にはまだまだですけど
間引きするのはこれが最後で、今このくらい。

葉ごと刻んで、じゃこと一緒に炒め物。
梅味噌や酢味噌で、さっぱり美味しい和え物に。
庭の梅で作った梅味噌も、ここで活躍。
まるまる全部頂きます。

かぶりつけるほど、大きく立派に育って欲しい♪


今年最後の帯、新しい年の最初の帯

2014年12月02日 | 手仕事
新しい帯の1本目が織上がりました。

12月。
意匠、染め出し、できたら整経まで・・・と
来年最初に織始める帯の準備をしながら
残り4本、今年中に織り上げます。

織って、汗をかく12月。
頑張りましょう♪






12月 遅い紅葉

2014年12月01日 | 工房の庭
庭の紅葉。

今年はあまり綺麗に色づかなかったけれど
紅、黄、緑・・・と、色も色々。

くすんだような赤茶けた色に、まだらな色。
毎年見てれば、そんな色でもまた楽しい。

一年過ごした最後の色づき。
今年だけの今年色です。


織道具

2014年11月28日 | 手仕事
畦竹(あぜだけ)。

山にとりに行くけど、畦竹いる?
一年くらい前に約束していた畦竹。

もう忘れてるんだろな・・・と諦めていたら
昨日届いて、ちょっと感激。

竹をとりに行くところから始まって
それを切って、焼いて、干して、削って
ロウを塗って、磨いて、つるつるに。
糸が引っかからないよう、塗ってこすって、塗ってこすって・・・・。

ありがたい。

大事な道具の仲間入り。
嬉しいな。




博多織帯・・・夏の新作

2014年11月20日 | 作品・新作

今年の夏に織った新作です。

四本織り上げ、一本は傷もの。
お太鼓の裏になる部分でしたけど
糸が飛んでしまって、悔しいけれど傷物です。

最初の1本目だったから、それはショックで引きつりましたけど
残り三本は、しっかり、きっちり織り上げました。





帯一本、頑張った厚みです。
おめでとう。

帯表は、また後ほど。






工房の干し柿

2014年11月14日 | 工房の庭


庭の渋柿。
甘柿以上に立派な渋柿。
これが甘柿だったらいいのに・・・と、ちょっと残念。

干し柿作りは一仕事。
あんまりたくさんなるので
今年は、ちぎっては干し、ちぎっては干しを繰り返しています。

その渋柿も、そろそろ少なくなってきました。
干し柿にする手間を考えると
差し上げたくても差し上げづらいのが渋柿なんですけれど
ご近所に配ったり、友達にもらってもらったり
欲しいと言って下さる方がいて、良かったです。


<干し柿の栄養>
干し柿は、干してしまうのでビタミンCは壊れてしまいますけど
生の柿同様、栄養豊富。
風邪の予防や疲労回復、身体を温めて胃腸を丈夫にしてくれるのだとか。
干したことで、食物繊維やカロチン、カリウム、ビタミンAなどは増え
生の柿とは違う効果が期待できそうです。

毎年、機場の窓には干し柿のカーテン。
食べられるまでには、もう少し時間がかかりますけど
手織り博多織工房、自家製干し柿、いかがですか♪    ・・・・・なんて。



いよいよ織り出し

2014年11月13日 | 手仕事


経継、終了。

新しい帯の糸と、前の帯の糸とを
ただひたすら結ぶという経継作業。
黙々と結んで、結んで、一日半。
ありがたいことに、一本の間違いもなく
4000本弱の糸を、ぴったり綺麗に結び終えることができて
ほっとひと息、一つクリア♪

無事に結び終えたところで
今度は、織つけ、織出し、よければ本番。

ここで気持ちよく、スムーズに本番に入れたらどんなに良いかと思うけれど
想い描いていた帯が、そのまま形になって現われるなんてことは
まだまだ先のよう・・・。

あんな帯、こんな帯と、頭に浮かぶ帯が形になる日。
いつか、いつかと、今はコツコツ頑張りましょう。


博多織帯・・・春向けに一本

2014年11月10日 | 手仕事


新しい帯の準備です。
次に織る帯は、来年の春に向けた帯で淡い色。

整経の終わった経糸を織機にかけて
せっせせっせと、経継作業。

糸の掛け替え、今日中に終わるかな。