やさしい雨が好き

マリ(ポーリッシュ・ローランド・シープドッグ)はいなくなったけど、私のボンヤリ日記は続きます。

弥五郎ドーナツ!

2013-03-29 22:45:55 | ごちそうさま
指折り数えた金曜日、
(こちらの都合で金曜日にしたんだけどね)

友がドーナツを買いに行ってくれました。



少し多めに買ったつもりだったけど、
我が家に来たのはこの2つ。

天然酵母のような香りの固くてもっちりした感じ。

左がレーズン入り、右がドライフルーツ入り

ほんのりの甘さがとってもおいしかった!

私的には、揚げてない方がいっぱい食べれるかも。
つくづく年をとったんだと思う(涙)

でも、また買いにいくからね。

最近いろんな所(県内ですが)で耳にする「ひよじ村」

なんか、面白そう!

今度、ひよじ村と獺祭のある三瀬川にも探検に行ってみたいな。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

八代へドライブ 奇跡の再会

2013-03-24 22:10:15 | Weblog
ぽかぽかの日曜日、
庭仕事してると、
友が噂の「弥太郎ドーナツ」を買いに行きたいというので、
八代へちょこっとドライブした。

ナビもない中、友の第六感で到着





私の好きな古民家だ!

今は商品があまりなくって・・・
と店内に案内され、いろいろ説明してもらう。





「モンサントの~」映画の話とかしてたら、
入り口で案内してくれたお母さんらしき人が入ってこられた。

「○子さんに似てるなぁ」と思ったら、まさに本人。
お母さんの○子さん、花粉症で目を細めたままで、別人の人相。
外で会った時は私の顔がよく見えなかったんだって。



で、こちらが弥五郎さんの奥さんの奈緒ちゃん。

私の従兄の娘です。

彼女が小さい時から会ってなかったんで、全然わからかったけど、

再会できて、超ハッピー。
久々の大ヒット!

弥五郎ドーナツを注文して帰りました。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

映画「モンサントの不自然な食べ物」

2013-03-20 22:41:45 | 映画・ドラマ
四国から帰って、
疲れからか、かなりブルーに暮らしておりましたが、

昨日急に映画のお誘いがありました。
休日外出困難者の私は一旦はお断りしてたんだけど、

外出許可が出たため、
急きょ見にいくことに。



「モンサントの不自然な食べ物」と聞いたって、
何のこっちゃ!でしょう。
アメリカ、モンサント社(除草剤ラウンドアップが有名)の遺伝子組み換え作物を取材した
フランスのドキュメンタリー映画です。

私も食の安全の話だろうというくらししか知らなくて、
ふらりと行ってびっくり。

効率のいい農業→除草剤の使用→
除草剤に負けない作物の品種改良(遺伝子組み換え)→
高額の商品(除草剤と苗、種のセット販売)→
農地を手放しただの作業員となる農民、または借金のため自殺→
既存の苗も交配により汚染され、遺伝子組み換え汚染が拡大されていく・・・

大きな企業が津波のように、農家だけでなく、国をも呑み込んでいく、
そんな怖い映画でした。

そんな衝撃をうけたものの、
小さな市民ホールには若い人がいっぱいでした。
市民団体主催で、宣伝もしていないのに、
ホールは8割がた埋まっていて、

何か明るい気持ちになって帰りました。



映画を見に行って、百姓の塩と百姓のにがり、そしてフルーツのようにおいしい人参をゲット。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三回忌

2013-03-20 22:19:54 | Weblog
行く前は、引き出物のことや、
帰省の支度(何分、暑さ寒さに弱いもんで)なんやかんやで
なかなか準備が進まず、
気持ちばかりが焦っていたけれど、

家に着くと、
義母の話し相手(?)というか、
「○○はどうなってるの?」という質問が永遠に続きながら、
家事に追われ(うそ)
たった2泊3日なのに、ただただ慌ただしく終わりました。

法要のあった16日は天候にも恵まれ、
遠方からも兄弟が来られて無事終わりました。

義父のおかげで、親戚の人たちとも縁を深めることができ、
こうしてみると、
年1回くらい、親戚が集まって忘年会や花見をしたらいいのに・・・
なんて、変なことも考えてしまいます。



義父の墓地はみかん山の中腹にあります。



帰る直前収穫したレモン



車窓からの景色



波もなく、穏やかな瀬戸内海を渡って家路につきました。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

留守番マリゴン

2013-03-20 22:02:54 | Weblog
3月15~17日、義父の三回忌の法要の為、
八幡浜へ帰省してきました。

マリを訓練所に預けるのはあきらめて、
自宅に置き去りにすることに・・・
と言っても、夕方義妹のお迎えで、
私の実家にお泊りです。

実家では弟も泊まりに来てくれて、
母と3人(?)で寝たそうです。

おかげで、マリの声は枯れることなく、
無事に過ごすことができました。





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ゆく河の~

2013-03-10 22:57:22 | 本、絵本、まんが
もう少し、方丈記がマイブームなもんで、
ここで復習です。

ゆく河の流れは絶えずして、
しかも、もとの水にあらず。





淀みに浮かぶうたかたは、
かつ消え、かつ結びて、
久しくとどまりたる例しなし。



ずいぶん前の懐かしい写真を探してみました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

方丈記

2013-03-03 23:19:46 | 本、絵本、まんが
今日、おつかいものがあって、
友が勤めている絵本屋さん(ほるぷ館)に行った。

絵本は大好きだけど、子供がいないんで、あまり触れることがないせいか、
もう、宝箱みたいだ。

お祝いにあげる本を決めたあと、
何となく見てたら、
ズドーンとくる本に遭遇。



本のタイトルは「方丈記」ではなく、
「ゆく河の 流れは 絶えずして」

この本を幼稚園のころから音読するんだって!



意味がわからなくても。絵がすべてを語ってくれている。

この豪快な挿絵。
よく見れば、発見がいっぱい!

鴨長明が連れていた犬が途中で死んで、別の犬と暮らしている。

解説に、無常(常でないこと)を河の流れに例えていることが、ヒットの要因とあるが、
私の好きなユーミンの歌にもこんなくだりが満載だ。

実家に行くと、
父の物がまだそのままあって、
父だけがいない。
そして、私たちもいつかいなくなる。

だけど、それは無情ではなく無常なだけだ。

この本をきっかけに方丈記を検索してみたら、
震災後にかなり読まれたり、研究されてるみたいだった。
もともとこの方丈記が当時の震災後に書かれていたというのも、初めて知った。

本との出会いも、摩訶不思議。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マリと練習

2013-03-03 23:12:24 | わんこ・どうぶつ
来る16日の義父の三回忌に備えて、
マリのお泊りの練習をした。

今の計画では、日中は我が家で一人(一匹)で留守番。
夜は実家へお泊り。



寝つきはいいんだけど、
やっぱり朝4時50分に起こされた。
おしっこだ。
はてさて、足の悪い母が面倒みれるかしら・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加