KENさんのいつまでも青春!日記

2016年3月、慶応義塾大学通信教育課程法学部(甲類)を卒業しました。次は???(笑)

福翁自伝!

2017年04月25日 | 読書
1階のPCは図書館通い用に常時リュックの中へ。

1階にPCは無いので、僕がTVを付けたりコンポを鳴らさなければ、とても静か。

タブレットは持っているけど、家に居るときはWIFIでつなげと、離れて暮らしている奥さんから厳しくプレッシャーをかけられているので、あまり使わない。

従って、「福翁自伝」をゆっくり読める。

諭吉が塾長をした緒方塾の書生の生活を記述した部分は、なかなか面白かった。

「自身自力の研究」から「大阪書生の特色」まで、当時なかなか洋書は入手出来ないですから、あれば貪欲に勉強していたし、どこかにあると聞けば見ずにおれないという蘭学を学ぶ書生の気質が書かれていて、少々遅いけど、頑張ろうという気持ちになった。

「当時の書生の心の底を叩いてみれば、おのずから楽しみがある。これを一言すれば、ー 西洋日進の書を読むことは日本国中の人に出来ないことだ、自分たちの仲間に限ってこのようなことができる。貧乏しても難渋をしても、粗衣粗食、一見見る影もない貧書生でありながら、知力思想の活発高尚なることは王侯貴人も眼下に見下すという気位で、ただ難しければ面白い、苦中有楽、苦即楽という境遇であったと思われる」。。なんていう記述がある。

読み終えたときに「独立自尊」という言葉の意味が実感として理解出来るような気がする
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨夜は久しぶりのバンド練習... | トップ | やれば出来る!!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。