guitarbuddha's diary

guitarbuddha(ギターブッダ)の日記です。ギターや音楽のことを中心に日々思うことを書きます。

今日はただの日記です。

2006-09-07 03:13:28 | 世間話
昨日の エビちゃんシスターズ の写真なんだけど、
あれを見て
「かなり恐~い
って思った人がいたみたいだね。
特に 3歳 の時の写真のことだと思うけど…。(笑)

確かに エビちゃん の方はちょっと恐いかもね。
でもさ、2人とも赤ちゃんの時から
目元はほとんど変わっていないように思うよ。(笑)

実は、昨日ちょっと用事があって本屋さんへ行ったんだけど、
CanCam の前を通りかかった時には
正直言ってかなり心が動いたよ。(笑)
でも、買いませんでした。

先日、H さん が ViVi をくれるって言ってたから、
これからはそれで我慢しようかな…。
もらってみたら意外とそれで良くなっちゃったりしてね。(笑)

つーか、
要らなくなった
CanCam
をくれる人、
募集中です!
このブログの読者で
なおかつ CanCam 読者の方がいらっしゃいましたら、
何卒よろしくお願いいたします!

(注:これはマジです。(笑))




一昨日飲んだ Caviar Wodka(キャビア・ウォッカ)のボトル。
スチールギター用のスライドバーとしては
これが実に非常に良い感じでした。
たぶん今までで一番使い易いかも…。

Suze(スーズ)のボトルよりも少し重量があって、
そのおかげでサスティンも稼げるし
ガラス製なのでふくらみのある暖かい音がします。
しかも、けっして重過ぎることもないので操作性もバッチリ!
無色透明だからフレットの位置も確認し易いよ。(笑)

ハワイアン風のクリーントーンには
やはり普通のトーンバーの方が良いかもしれないけれど、
歪ませた音でロックな感じに弾くのなら
Caviar Wodka のボトルはお勧めかもね。
長さもあるので8弦のスチールギターでも使えると思うよ。



男児をご出産ということで良かったですな~。
でもね、僕としてはそのことよりも
秋篠宮さまの白髪の多さ
が気になってしまって仕方がありません。(笑)
僕と2歳くらいしか違わないのにね。
余程ご苦労でもされているのでしょうか…。
ちょっと心配しちゃうよ。(笑)



昨日もサッカーを観ました。
ところでさ、
オシム監督になってから日本チームって変わったかな?
これまでの試合を見ている限りでは
今のところあんまり以前と変わりがない気がします。
残念ながらね。(笑)

参考までにこちらを見てみてよ。↓
http://blog.nikkansports.com/soccer/sergio/
なかなか手厳しい批評をしているよ。
ま、セルジオ越後 さん はいつも辛口だけどね。(笑)

あ、そうそう、昨日テレビを見ていて
なんだかピッチの幅が狭い気がしたんだけれど、
実際に狭かったらしいです。(笑)
普通のピッチの大きさは縦 108 mで横 68 mなんだけど、
昨日のピッチは横幅が 64 mくらいしかなかったみたいだね。
国際基準ギリギリらしい…。

芝生がデコボコなのは見ていても良く分かったよね。
しかも、ボールも古い奴だったでしょ?(笑)
どうやら昨年のW杯アジア最終予選までの公式球だった
「ロテイロ」(アディダス製)
を使用していたようです。
ドイツW杯で使用された新デザインの
「+(プラス)チームガイスト」
はイエメンでは未導入で、
試合を仕切る同国協会が旧型を指定したんだって。
オイオイ!(笑)

もうアジア杯本大会への出場権は獲得できそうだけれど、
2006/11/15 に行われるホームでのサウジアラビア戦には
是非ともスッキリ勝ってほしいよね。
それまでにオシム流サッカーが浸透して
今までとは違う納得の強さを見せてくれたらと思います。

だってさ、サウジアラビアにも勝てないようでは、
とてもじゃないけれどヨーロッパや南米のチームになんて
勝てないと思うからね。(笑)



つーわけで、今日はまたただの日記でした。
悪しからず…。(笑)




では、今日はここまで。





僕のホームページもよろしく!
こちらです。⇒ guitarbuddha's homepage




LIVE Schedule
今のところ未定です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イクラを好きなだけ食べるには… | トップ | できれば綺麗なお姉さんと… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む