趣味の音楽とブログ

日々の日記とギター・マンドリンに関する情報

大根の一生(2)

2017年02月18日 08時35分15秒 | 日記

大根の保存方法は、雪国などでは土に埋めたりする。
我が家では、これなら簡単かなあと思った方法が・・・
洗って、 尻尾の部分を切らずに、 頭の部分はほんの少し葉を
残してチョン切る



上の写真は、保存後2か月経っています。
本体は全く問題ないが、 頭の部分の切り落としは少し長すぎた
ようで、葉っぱが伸びてしまった。
それを黒いビニール袋に入れて冷暗所に保存



ビニールの口は縛らなくても光が入らなければOKのようだ。
ダンボールに入れる必要はないと思うが、余っていたので・・・
大根を立てて保存する方法と、横に寝かせて保存する方法の両
方を試してみたが違いはなかった。
いずれも2か月後までは問題なく食えた。
まだ保存が継続中です。
漬物用の大根は、昼間は外に出して日光や風に当てる。
それが正しいやりかたかどうかは不明ですが自己流の判断で。
外に干した大根は、夕方になると物置に移動



水分があると凍ってしまうため。
切り干し用のスライスした大根も同じ。
切干大根は、 ある程度水分が抜けると、 思った以上に量が少
くなったので更にスライスして増やした。
買ったほうが簡単なのは言うまでもないが、趣味の家庭菜園に
目覚めてしまったので

中央マンドリン楽団のページへリンクします。

群馬中央ギター学院のトップページへリンクします。

フランク永井鉛筆画前橋展示室のページへリンクします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大根の一生(1) | トップ | 大根の一生(3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。