趣味の音楽とブログ

日々の日記とギター・マンドリンに関する情報

知識不足

2016年11月26日 08時49分52秒 | 日記

以前のブログに、ほうれん草を蒔いたら、芽を出したまでは
良かったが全て消えてなくなったと書いた事がある。
この場所です



ちらほら小さいのが見えるが、やがて全滅した。
ここは風がもろに吹き抜ける場所で家庭菜園には向かない
だろうと思い、アスパラガスだけが植えてある。
ある時、 知り合いの家庭菜園愛好家に聞いたところ、 蒔く時期
が早すぎると溶けてしまうんだと教えてもらった。
種の袋には蒔く時期が書いてあるが、平均的なもので同じ群馬
でも地域によって相当の温度差があり、 その年によって気温や
天候も違うので考慮するんだと言う。
多分、忘れてしまうので書いて保存してある
ついでに、他の野菜の蒔き付け時期も聞いておいた。
ほうれん草が溶けた理由はてっきり種が悪いのだと思って
いた。
100円ショップさん、疑ってゴメンナサイ
気を取り直して再挑戦することにした



味まさりほうれん草と豊葉ほうれん草の2種類。
茶色いほうの種は下手にさわるとトゲが刺さる。
これは日本製の種で、緑の種は西洋の種らしい。
2種類を分けずに、ぶり蒔いたら



今度は大丈夫だろう。
やはり蒔く時期が早すぎたのが原因だった。
暮れから来年にかけて食いきれない程の収穫が期待できる。
寒い時期なので虫もほとんど付かない

群馬中央ギター学院のトップページへリンクします。

中央マンドリン楽団のページへリンクします。

フランク永井鉛筆画前橋展示室のページへリンクします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やれやれ | トップ | 訪問演奏 ケアパートナー高... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。