GSゲルマニウム原人の退屈な日々

見わたせば、気になることばかりなり・・

ブルースセッションでもどう?

欲しいよね~

2016年10月14日 09時21分24秒 | 徒然なるままに
ノーベル賞w

子供の頃、ノーベル賞もらったら一生困らないとか聞いて「いいなぁ~欲しいなぁ~」っておもったさ♪

まぁ割と大人になってから考えれば「ノーベル賞」をもらうレベルになって居る人は「さほど困っていない」状況になって居るって事に気がつくんだけれどね

もちろん研究者とかで「清貧」的な取り上げられ方をする人も居るけれど、たぶんその人達は「研究」自体が好きでいわゆる「浮き世離れ」しちゃっているタイプだろうからあんまりお金にはこだわらないんだろうなぁくらいなイメージ

今回の文学賞…ボブさんw

ノーベル賞好きな人には「割と前評判はあったよね」なんでしょうが一般的には「へぇ~?!」ですよね…かつて歌い手がもらったケースって有るのかな?無いんだろうな♪もちろん彼の場合「詩人」の部分でもらったんだろうけれど

ノーベル賞の選考をしている基準ってなんとなく「大衆向き」なものを若干気に入っていない感があるね、あくまでイメージだけれど日本だったら「直木賞よりは芥川賞」的な(^^;)チョイス?

まぁね…毎年のように名前の挙がる日本の作家さん…正直一回も読んだこと無いのでどういう事を書く人かも知らないけれど写真とかで見ると「権威っぽく無い」印象があるからもっと苦虫タイプの方がノーベルチームは好きってことなのかねw

ボブさんもビートルズと同じで、個人的には「超有名」な数曲しか知らない♪TVとかラジオとかで取り上げられるやつ♪
「60年代フォーク・ロック黄金時代」みたいなコンピレーションアルバムに必ず入っていそうなやつくらいしか知らんもん

唯一知っているのはワタシの「GS」の語源…二人居るけれどカントリーブルースシンガーのギターショーティさん

その人の古いアルバム(シングル盤を集めた物)のバックでハモニカ吹いているのがボブさんだという話は40年ほど前に聞いたことがある♪

あとは大好きなクリス・クリストファーソンとジェームズ・コバーンが主役の「ビリー・ザ・キッド/21歳の生涯」っていうサム・ペキンパー監督作品に出てたなwっていうくらいの記憶♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和56年 | トップ | 待ち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。