【陶のぐい呑や】店長の日記

全国にあるやきものの窯里で創られる酒器ぐい呑を専門に通販する【陶のぐい呑や】店長の仕事や体験を紹介します。

日本の原風景・・・小鹿田焼の窯里

2017年05月26日 | 伝統文化

大分県日田市の山里には、小鹿田焼があります。 福岡県の小石原焼と隣接していて江戸時代に小石原焼の陶工を招いて開窯したのが起源とされています。 それ以来、十軒の窯元が一子相伝で現在まで伝承しています。 
日本原風景が残る窯里に入るとリズムカルな音があちらこちらから聞こえてきます。 唐臼と云われる川の水を使いやきもの土を突く装置の音です。 その後の製陶工程も、人力作業、登り窯焼成など現代の機械・装置などは使っていませんので、近代化する窯業の雰囲気を感じることができます。
陶芸館で小鹿田焼の歴史や特徴を学んだ後、民芸調のやきものを窯元一軒ごと品定めして回るのも楽しい体験になります・・・


【陶のぐい呑や】店長の運営サイト :


  * 全国の酒器ぐい呑専門の通販店   * 陶のぐい呑やYahoo店   * 陶のぐい呑や楽天商店   * 新・陶の酒器 探索

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手捻り朱泥の夫婦カッパぐい... | トップ | 六古窯産地が日本遺産に認定 ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む