ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

かくしおふろ絵盃

2017-05-14 | Weblog

大江 志織

1985 京都市生まれ
2008 京都精華大学芸術学部造形学科陶芸分野卒業
2010 京都精華大学大学院芸術研究科博士前期課程修了

5/13~28 京都伏見「酒の器Toyoda」で<夏衣と陶  ー夏の秘密ー> 開催中の
メンバーの一人です

かくしとあるようにお風呂に入っている絵が描いてあるのですが見えにくいです・・・
針で削って描いてそこに釉薬が掛けてあり、そこだけが盛り上がっています
(6.2×H4.5)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金彩盃 Hokusai | トップ | 志野ぐい呑 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
器とそれから・・ (さざなみ)
2017-05-14 22:14:34
シンプルな白いぐい飲みとても良いですね。
でも、バックはその反対で凝りまくってますね〜。
毎回 器の後ろも気になってます。
バック (棚)
2017-05-15 08:10:38
さざなみさま

お久しぶりです

シンプルイズベストだと思うのですが・・・・

最近時々バックで遊んでいます~ ^^;

ありがとうございます。 (toyoda)
2017-05-15 18:19:49
連投でご紹介、感謝致します。
先日は、皆様お世話になりありがとうございました。
この作品、写真に撮るのが難しいと思いましたが、さすが棚さまです。
白の中に白 (棚)
2017-05-15 22:12:34
Toyodaさま

やはり写真に撮るには難しいですね ^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL