ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

銀彩ぐい呑

2017-05-11 | Weblog

藤岡 貢

1977  大阪市生まれ
1998  大阪美術専門学校 美術工芸学科 陶芸専攻修了
1999  大阪美術専門学校 芸術研究科 陶芸専攻修了
    舞洲陶芸館にて研修生として入館以降3年間勤務
現在 信楽にて制作

5/10~15 大阪高島屋7階催会場の「タカシマヤ日本酒祭」にて「wad ミニBAR」を開催
wad BAR営業時間12:00〜20:00(ラストオーダー19:30)

酒器に酔うセット(日本酒1合、肴3種盛り)1620円(作家のお好みのぐい呑で・・・)

横では作家の酒器の販売も行っています(そこで戴いたぐい呑です)

(7.8×H5.2)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丹波 蛇織部ぐい呑 | トップ | 金彩盃 Hokusai »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL