ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

極地のひかり酒盃台セット

2017-05-27 | Weblog

鍾雯婷(ツォン・ウェンティン)

1984 台湾生まれ
2010 台湾台南芸術大学陶磁器専攻修士課程修了
2014 金沢卯辰山工芸工房終了
2017 東京芸術大学美術研究科博士後期課程修了、博士学位取得

大丸心斎橋の「現代陶芸サロン桃青」にて「ツォン・ウェンティン 作陶展」開催中
(7.1×H6.5盃台共)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士山高杯

2017-05-26 | Weblog

加藤 美樹

1980 神戸市生まれ
2001 嵯峨美術短期大学美術学科陶芸コース卒業
2006 京都府立陶工高等技術専門校成形科終了

5/24~30 高島屋京都店美術工芸サロンにて「加藤 美樹 展」開催中です

イッチンの技法で細い線を絞り出して富士山に太陽と雲が描かれています

杯ですが浅く切れ込みが有り多分お酒は飲めません・・・・^^;
(9.1×H6)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

備前 窯変蒼ぐい呑

2017-05-24 | Weblog

馬場 隆志

1983 馬場祥輔の長男として備前市に生まれる
2006 東京芸術大学彫刻科卒業
2007 京都市産業技術研究所工業技術センターで1年間学ぶ
備前伊部に在住

5/24~30 阪急梅田本店にて「備前 馬場隆志展-蒼い窯変-」開催中

蒼は自然の発色の為にとれる作品は少ないそうです
(6×H6)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぐい呑

2017-05-22 | Weblog

水野 しづ

1973 名古屋市生まれ
1996 武蔵野美術大学陶磁専攻卒業
現在(公)美濃陶芸協会会員、工芸美術日工会会員

(6.7×H5.2)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

備前酒呑(伊部手)

2017-05-19 | Weblog

荻野 雅也

1972  兵庫県姫路市に生まれる
1992  備前陶芸センターを卒業
      備前焼作家太田富夫に師事
2003  牛窓寒風にて初窯
2007  牛窓寒風にて独立

5/17〜23 阪神百貨店梅田本店にて「備前焼 荻野雅也 作陶展」開催中

今年4月の窯出し分に何故か分からないけどオキに埋もれた部分に赤色に
発色した所が出たそうです

出たのは今回が初めてだそうで次回に出るかは不明との事でした
それは戴いておかなければ!!(今回だけに弱い私です ^^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金彩白金彩襷文盃

2017-05-18 | Weblog

富田 啓之

1977 大磯生まれ
1998 さいとう工房にて金属造形を学ぶ
2000 陶芸家伊集院真理子に師事
2007 伊勢原市にて独立

5/8~21「京都瑞宝堂」で「富田啓之展 -金彩・銀彩のうつわ-」 開催中です
(8.9×H3)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ぐい呑(積層彩磁)

2017-05-17 | Weblog

高間 智子

1980  大阪生まれ
2003  大阪芸術大学芸術学部工芸学科陶芸コース 卒業
2005  大阪芸術大学大学院芸術制作研究科修士課程造形表現 卒業
2006  大阪芸術大学大学院芸術制作研究科研究院 修了
2011  滋賀県立陶芸の森スタジオアーティスト

現在 信楽在住

5/17~23 高島屋京都店にて「高間智子 陶展」開催中です
(7×H4.7)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄瀬戸ぐい呑

2017-05-16 | Weblog

和田 和文

1949 岐阜県土岐市に生まれる
1969 多治見工業高校窯業専攻科を卒業
    窯元四代目として家業「桂山窯」へ入る

2017年4月に美濃陶芸協会より美濃陶芸の発展に貢献した人や優れた陶芸家に贈る「第35回卓男賞」受賞

私が今まで見たことの無い釉調の黄瀬戸ぐい呑に惹かれました
(7.8×H6.4)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

志野ぐい呑

2017-05-15 | Weblog

山口 真人

昭和53年 西山窯6代目として生まれる
平成12年 加藤裕重(霞仙陶苑)に師事
瀬戸市西窯町 西山窯にて作陶

作品名に風志野としてありましたので多分
卯の花垣風(写し)ということだと思います
箱書は普通に志野ぐい呑となっています
(6×H5.2)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かくしおふろ絵盃

2017-05-14 | Weblog

大江 志織

1985 京都市生まれ
2008 京都精華大学芸術学部造形学科陶芸分野卒業
2010 京都精華大学大学院芸術研究科博士前期課程修了

5/13~28 京都伏見「酒の器Toyoda」で<夏衣と陶  ー夏の秘密ー> 開催中の
メンバーの一人です

かくしとあるようにお風呂に入っている絵が描いてあるのですが見えにくいです・・・
針で削って描いてそこに釉薬が掛けてあり、そこだけが盛り上がっています
(6.2×H4.5)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

金彩盃 Hokusai

2017-05-13 | Weblog

高橋 亜希

1976 京都市伏見区生まれ 
1999 佐賀県立有田窯業大学卒業 
2001 作陶活動を始める

5/13~28 京都伏見「酒の器Toyoda」で<夏衣と陶  ー夏の秘密ー> 開催中です

<陶>大江志織・岡安真美・高橋亜希・田中美佐・丹下都・内藤加奈子・矢島操
<染・扇子>斎藤洋
<バッグ>久木友子
<ジュエリー>中家明子

北斎にヒントを得た絵付けになっています
(6.4×H6)
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

銀彩ぐい呑

2017-05-11 | Weblog

藤岡 貢

1977  大阪市生まれ
1998  大阪美術専門学校 美術工芸学科 陶芸専攻修了
1999  大阪美術専門学校 芸術研究科 陶芸専攻修了
    舞洲陶芸館にて研修生として入館以降3年間勤務
現在 信楽にて制作

5/10~15 大阪高島屋7階催会場の「タカシマヤ日本酒祭」にて「wad ミニBAR」を開催
wad BAR営業時間12:00〜20:00(ラストオーダー19:30)

酒器に酔うセット(日本酒1合、肴3種盛り)1620円(作家のお好みのぐい呑で・・・)

横では作家の酒器の販売も行っています(そこで戴いたぐい呑です)

(7.8×H5.2)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丹波 蛇織部ぐい呑

2017-05-10 | Weblog

清水 万佐年

1984  丹波立杭に生まれる
2007  京都市立工業試験場終了
2008  京都府立陶工高等技術専門校卒業
     京都 市川博一氏に師事
2010  丹波立杭に戻り現在に至る

5/10~23大丸心斎橋店「現代陶芸サロン桃青」にて「清水万佐年 作陶展」開催中です

蛇織部とは蛇窯で織部釉を掛けて焼成された為の名前で
本来ならば緑に発色する織部釉の緑が飛んで赤味がかった発色になっています
(5.8×H5.1)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄瀬戸久以呑

2017-05-09 | Weblog

各務 賢周(かがみ まさかね) 

1973 岐阜県恵那市に生まれる
1990 父・各務周海(故)に師事し、本格的にやきものづくりを始める
2010 恵那市岩村町に倒炎式薪窯を築窯、工房を移転

(6.3×H4.6)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぐい呑 Pisa

2017-05-08 | Weblog

角居 康宏

1968  石川県生まれ
1993  金沢美術工芸大学 美術工芸学部産業美術学科     
    工芸デザイン専攻卒業

傾いています!   その名はPisa! 

錫のぐい呑はお酒を美味しくするそうです
(4.7×H5)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加