木戸佑兒グッホー日記

小豆島愚放塾の暮らし・・・感じるままに、心のままに、生きるがままに

不登校や休学生の、君らが口にする「本当にしたいこと」とは何だろう?

2017-05-19 15:22:06 | 教育一般
したいことをしてないのか?
 
 「本当にしたいことを見つけたい」、これは入塾にあたって不登校、休学生がよく口にする言葉だ。もっとも塾生でなくとも、私たち万人に共通する願いかもしれない。しかしながら、私たちにおいても、ほとんどのしたいことはすでにしてしまっているのではないか。

スポーツをしたければ、種目にかかわらず相応の施設がある。読みたい本があれば本屋さんまで足を運ぶこともなく、インターネットからすぐ取り寄せることができる。絵を描きたいのなら、働きながらでも夜間にカルチャーセンターに行くこともできるし、それでもの足りなければ休日に絵画塾とステップアップして腕を磨くことも可能である等々。 
  
【続きを読むには、ここからお入りください】
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 休学生、不登校生らが知って... | トップ | 大学不登校生や大学休学生に... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL