車で行く寺社仏塔とA級B級すぽっと!
車「MINI&ボルボV40&コペン」で行く、おきらく寺社巡り。仏塔、駐車場、紅葉、仏像、庭、花、建物、歴史、絶景など!
 



 3月4日~5日、珍しくJRのツアーで大分へ行ってまいりました。第一目的は「臼杵石仏」ですが、それはこのツアーになく自由行動で行ったもので、とりあえず行った順に書いておきます。まずは「青の洞門」。小学校のころ、菊池寛の「恩讐の彼方に」のマンガ版を読んで、それから小説も読みました。でもマンガ版のほうが今でも強く印象に残っています。行ってみたいとは思ったものの、当時としてはあまりにも遠いので本気で考えなかったところです。今では一泊旅行で行けるのですよね。小倉駅まで新幹線で、それからバスに乗り20人のツアー。1日目のみ添乗員さんが案内してくれます。駐車場は結構あります。紅葉の時期は大渋滞するそうですがこの時期は空いていました。

 

禅海和尚らが手彫りのみで掘ったというトンネル。岩盤なのでスコップではなくてノミと槌だけなので、一種の芸術作品です。ノミの跡などが残っています。元のトンネル部分は144mで30年かけてのもの。すごいですよね。自分なら2,3堀したらあきらめるでしょう。

 

明り取りの窓と、(像がある場所は)方向を間違えて堀った跡とか。

 

それよりも驚きなのは、その昔通行人が通っていてよく落ちたという!道。こんな高いとこ!今でも通る人がいるそうです。

 

ちうなみに、青の洞門の「青」とはこのあたりの地名(青地区)ということです。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 織田の菩提所... 大分2/宇佐神宮 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。