車で行く寺社仏塔とA級B級すぽっと!
車「MINI&ボルボV40&コペン」で行く、おきらく寺社巡り。仏塔、駐車場、紅葉、仏像、庭、花、建物、歴史、絶景など!
 



 建仁寺(けんにんじ)。20年以上前に来た時はあんまり庭園などにも興味がなく、「何もなかった」という印象だった。今回はちょと違った。

 

まず、「堂内撮影OK!」これは素晴らしいこと。少し前に入ったところとは180度違う考え方で、世界的な流れに乗っているお寺と言える。襖絵も近代的なものと伝統的なものが揃っていて清涼感と緊張感がある。

 

  

さて、このお寺の寺宝としては俵屋宗達の「風神雷神図」が超有名ではあるものの、本物は現在、京都国立博物館にあるので、こちらで展示されている2点は複製。それよりも金澤翔子氏の書。これは「宗達が降りた!」と称賛されるもので、それはご本人が「風神雷神図」を見たことがなく書いたのに、ほとんど同じ構図だった!という鳥肌モノ屏風。

 

庭園は枯山水を含め多様できれい。

 

法堂も入ることができ、天井には小泉淳氏の「双龍図」。

 

暑い日でも、ゆっくり休憩しながら庭園や襖絵を拝観できた。やはり若いころと年をとってからは見え方が違うね。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 空也上人の寺... シートの隙間... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。