おばぁ犬頑張る

病気なんて吹っ飛んでけ~今日も頑張ろう

七夕の生き抜いて駆け抜けた珠緒 最期の日2

2017-07-12 19:47:25 | てんかん・脳疾患

 七夕の生き抜いて駆け抜けた珠緒 最期の日1の続きになる

 

こちらをお読みされる前に再度お伝えいたします

珠緒の最期の日は、この記事で全てお伝えできます

しっかり見届ける思いで、最期の最期まで記録となっております

心が弱くなると閉じ込めたい出来事は、記憶が薄れてしまう、逃げてしまう、その事だけに捉われてしまう、それも様々

健全で明るい毎日を送るに、楽しい思い出だけ残すのもひとつの方法

誰かの為でもなく自分自身の為にではありますが、全部抱きしめて進んでゆきたい

それはこれからの

もしかしたら必要になった時の自分の為でもあり、皆様に繋がるならば嬉しいです

最愛のコと別々の道になられた方や、現在同じく闘病されてる方には、お辛いかも知れません

ページを閉じて下さいね

 

 

お外で少しでも歩いた珠緒を見て

正直にいうと驚いた

発作が頻発しているのに、何処までわんぽ命なのだろうって

そうだね、おばぁ珠はいつの時だってわんぽ命さん

食事よりも大好きなわんぽだものね

意識がある限りは歩いていたようなコだった

脳症状が進行してからは、わんぽへの合言葉はなかった

しかしお家でハーネスをつけると、たちまちウロウロコ

静かになってるが理解していたのだね

その様子でわんぽって分かっているのだと感じたし

飼い主が外出着に着替えると、意識があれば匂いだけで寝ていたコは起きていた

喜びの舞のルンバちゃんは見られなくなってきたが、おばぁ珠は何も変わっていなかった

 

意識障害が多くなり、表現の仕方というのだろうか

表情など、仕草や反応も鈍くなる

お家ではそんな様子が増えてきた

意識低下は24時間ある訳でもない

 

合言葉はなかったのだけど、例えば飼い主が離席をしていたとする

スト珠りんは気が付いて起きるとすると、途中でぐるぐる徘徊(発作)になってしまったりする時があるが

ある時はキッチンにいると『ぅわんっ』一声聞こえてきた

寝室にいるとお布団にはいないじゃないか

狭い隙間にはさまっていたよ

『ぅわんっ』で助けてよみたいな クスクスしながら、はいはいお待たせってね

常に挟まれる状態ではなかった

おばぁ珠にとってキーワードは、やはり意識障害(発作)の有無だった

意識がクリアに近い時は、狭いところでも後退したり転回は出来ていた

旅立つ日も夕方までは呼びかけの『ぅわんっ』があったが、良いタイミングでの意識良好みたいな

前記事でそんな1枚の画像が抜けていた

16:59のおばぁ珠だ お散歩から帰宅して

焼き鳥をパクンパクンってしてくれた後だ

食べたあと片づけにキッチンにゆき流し台にいた飼い主

『ぅわんっ』と聞こえて振り向くと、おばぁ珠

呼ばれてしまった飼い主みたいな

なんやなんやーみたいな、嬉しかったからねカシャッ

すぐ抱っこして窓際に行ったのだよね 風しゃんってしたのだよね

隙間からなら脱走は出来ていたが、ポールからの脱走は出来なくなっていた

これを乗り越えれば行ける、その思考はないのか?グルがなければこの場所でいつも待っていた

 

話を戻して夜のわんぽから帰宅した

帰宅してのおばぁ珠は抱っこ中に意識障害

落ち着いて見えるが呼吸は早く目頭は痙攣



21:32寝ながら発作おんっおんっ


21:42起き上がる

わんわん、はぁはぁ、ぐるぐるうろうろ、寝るをリピートして繰り返す

21:53力が抜けるように横になる 

発作後の脱力と似た感じだ

口が開いてきた

舌の色が気になり早々に酸素を与えようとしていたが嫌がられていた



21:55 の様子


21:57 起き上がりうろうろしようとする

ちっちが6時間なく、トイレに連れてくが

立ちながらパンティングをしていた、飼い主はそのまま圧迫排尿をする

立ち姿でちっちが出た 色はいつもと変わらない色だった

抱っこすると腕の中で、直後に吠えた

するとまたクテリ珠になり

21:55と同じ呼吸動画の様子になる

22:25のおばぁ珠

腹動作が小さくなるが、呼吸浅く早い

お腹の動きが小さく感じ始めたのは、夜ではこの時間が初めてになる

小さな老犬おばぁ珠

いつの時も頑張るんばちゃん

愛おしい 目に入れたいよ

身体ごと飼い主の中に取り込みたい

苦痛を苦痛と思わせる事なく過ごす事、過ごして頂く事は難しい

必要なのはうろたえる事なく、冷静に毅然と受け止める事ではないだろうか

愛おしいコが苦しんでいると、変わってやりたいとも思う

そう思われるのは自然な気持ち

だけど飼い主はそう思う事はあまりなかった、いやしちゃいけないんだって努めた

決して冷たいからとかではなくて、客観的な視点で冷静さを保つのだろうか

うまく言葉が出てこない

大丈夫か?しっかりしろよに、オロオロしたりして感情が入ると、うろたえたり不安を感じさせてしまう

そばにいるものは耐えられる痛みであっても、不安となり過剰に反応してしまうのではないだろうか

気持ちの持ち方次第で、痛みが増すか和らぐのか?も、感じ方が違うのだと思う

それと同じような事で、意識の持ち方というのだろうか、心の在り方が大事なような気がする

そんな気持ちから、いつの時もどんな状況でも

穏やかに毅然と冷静に、そうおばぁ珠に接してきた

そうであれるように努めてきた

不安は不安を呼ぶ 飼い主の口癖であり

笑顔や穏やかな声は安心となりお薬にもなれる

おばぁ珠はひとりじゃないよ、いつも傍にいるよ

珠緒に伝えた

空に還るならば、七夕におゆきなさい

物忘れが得意な飼い主でも、七夕だったら一生覚えてるよ

美沙の弟の誕生日でもあり、珠緒の卒業でもあれば

こんな目出度い事はないよって夜になりお話した



23:15 呼吸変化

起きてハッハッハッ


23:18 荒くも弱い呼吸になってきた

舌も薄ピンクになってきた

大丈夫 大丈夫よ 怖くない ここに居るからね

あなたが苦しさで闘うならば、わたしの闘いは強い気持ちでしっかりと毅然に受け止める事

お互い負けないよ、おばぁ珠から目を背けないよ

もう残された時間は僅かだと分かった

手をとり でこちゅーをたくさんしていた

満たされるような優しい気持ちを注ぎ、おばぁ珠の癒しとなれ

時間よ止まれと思うものが、お迎えであれば早く連れて行ってあげて下さいって

初めて思った瞬間でもあった

負けるなわたしの心 このコは頑張っている

楽しかった、珠緒と出逢えて最高に幸せだ

もう少しでお迎えが来るからね

珠緒が行きたい時に、行けばいいって伝えたけれどね

やっぱり七夕にしてね

わたしの事がまだ心配?わたしなら大丈夫

早くしないと七夕が過ぎて、忘れちゃうよ?





嫌だわんっ

23:27弱い呼吸ながらわんわん、早くなってくる、舌も白い


舌にも血色の変化が分かるように

身体の細胞も準備がされていた

23:30たまらなくて起き上がる、激しい息遣い

23:31最期の声

この状態でよくぞって程に、一生懸命絞り出したね

ぐぅっ あたちそろそろだわんっ

見てて、傍に居ててね

息遣いが荒くて辛そうなのだけど おばぁ珠の顔を覗き込んだ時

わたしの顔を舐めた こんな時に

え、偶然かい?珠ぺろぺろって言うと また舐めてくれたね

そっかそっか分かったよ 全て通じた

ハッハッハッの荒い息が止まった

そして力が抜けてきて崩れそうな所にわたしの腕を出した

寄りかかるおばぁ珠

わたしのかわいい、かわいいおばぁ珠

とくん…とくん…鼓動も弱く間隔が開いてきた

息継ぎも間隔があいて、止まりそうで止まらない

ぱくんっ・・・・・・・・・・・・・・ぱくんっ・・・・・・・・・・・・

お迎えがきてくれたのだね

23:46 消えそうな命の灯火


じっとじっと見つめて沢山話しかけた

話しかけながらその時を待った

愛しのコ わたしの宝物

声を震わせながらも、明るく笑顔で優しく優しく

声と心と同時で語り掛けた

17年と3ヶ月の間、わたしは幸せだったよ

珠緒も幸せだったね

うちに来てくれて、見つけてくれて

出逢えてありがとうね、感謝しかないコだよ

病気よりたくさん楽しい事あったよね

いつもいつも護ってくれて、素敵な笑顔をたくさんありがとうね

わたしの事は心配ないからね、珠がしてきた事を繋ぎ頑張るから安心してよ

珠の体も細胞もよく踏ん張ってくれた、ありがとうね

珠、珠 大好きだよ

いつかまた別の時代でも必ず会おう

必ずだ約束だよ

珠緒はわたしの誇り、自慢のコ



小さく顔を上げて、ふぅーっと短く息を吐き引き取った

2017.07.07 23:53 永眠

約束した通り、七夕の空へと わたしの腕の中で犬生を終えた

わたしの大切な宝物 愛おしいコ

今は卒業して安らかに眠る

わたしと珠緒の記録 生きた証

がんばルンバちゃんの細胞さんに

↓応援ポチッとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
 
PVアクセスランキング にほんブログ村 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あたち! | トップ | 卒業式を翌日に控えてのおば... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ハリーママ)
2017-07-12 22:08:13
珠ちゃん、痙攣もなく穏やかなお別れだったんですね。
最後まで、ぐぅさんにお話してるようです。
きっと「ありがとう、幸せだったよ」と言ったんじゃないかな(涙)
今は虹の橋で遊んだり、ぐぅさんのそばに寄り添ったりしてるのかな、珠ちゃん。
Unknown (みぃむぅ)
2017-07-12 22:49:00
たまちゃん、たまちゃん。本当に本当に立派な立派な犬生だったね!!!ぐぅさん、たまちゃん、お互いに全身全霊で愛し愛され、本当に本当に幸せだったね!!
たまちゃんの立派な姿、しっかり見届けたよ!

ぐぅさん、たまちゃんは私達の誇り!!

もぅ、ぐぅさん!!たまちゃん!!お2人の絆に号泣してしまいました!!
これからもずっとずっと2人の絆は続いていく
もんね!!
ずっとずっと繋がってる!!

ぐぅさん、お辛い中、本当にありがとうございますm(_ _)m
ぐぅさんも珠ちゃんもお疲れ様でした。 (あいぷぅ)
2017-07-13 02:30:08
珠ちゃん卒業式お疲れ様でした。
ぐぅさん
歌聞いてくれてありがとうございます。
ぐぅさんの笑顔、その志は珠ちゃんにとっての最大のお薬だったと思いますよ。
私も笑顔を、忘れず今いる子達と向かいあおうと思います。
珠ちゃんの最後のおしゃべりはきっとぐぅさんへの感謝の気持ちの一声だったと思います。
2人の絆は永遠ですね。
2人ともお疲れ様でした。
Unknown (チヨのママ)
2017-07-13 03:31:47
読みながら号泣してしまいました。
最期の最期まで、珠ちゃんはぐぅさんのことを想い、お空に還る挨拶を最後の力を振り絞ってワンワン言ってしてくれたんですね。
しかもお別れのチューまで。
本当に珠ちゃんとぐぅさんの絆の強さを感じ号泣です。

珠ちゃん、ぐぅさんのコになってこれ以上ないってくらい幸せだったね。

最期の数時間前まで、わんぽに行ってたなんて珠ちゃんらしい。本当に凄いコ!
今頃はお友達と走り回って、にぱこちゃんなんだろうなー。

珠ちゃん、チヨのところに来てくれたの分かったよ。お仕事行く時、お空に向かって珠ちゃん行ってきます。よろしくね!って言って仕事に行き、帰ってきて玄関開けると、チヨが久々にキュンキュン言ったの。耳も聞こえなく、目も見えにくくなってるのでずっと気づかなかったのに...
珠ちゃんが来てくれてて、もう帰ってくるよって教えてくれたんだね。本当に嬉しかったー。ありがとうね。
Unknown (けんたろう)
2017-07-13 13:11:09
珠ちゃんの勇姿しっかりと見届けさせてもらいました。ぐぅさんの七夕のお願い通りにお空に帰って健気で本当に可愛い珠ちゃんですね。。涙
去年、ひまわりが危険なときに獣医さんに言われたのですが、その時がきたら飼い主さんの方がオロオロしてしまうと。。。ぐぅさんの様にしっかりと強い心持ちで向かいあいたいと思えるようになりました。ぐぅさん、珠ちゃんありがとうございます!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL