おばぁ犬頑張る

病気なんて吹っ飛んでけ~今日も頑張ろう

意識レベルが悪い中での底力

2017-07-06 23:59:55 | てんかん・脳疾患
気圧 緩やかに上昇中 夜1008hpa


昨日7/5からの記録

台風3号は深夜1時頃に最も近くに接近した

ピーク1000hpaで済んだか、速度のある台風で上空には雷が鳴り響く

ギリ直前で踏ん張るおばぁ珠には、大きな影響がきた


眠り姫のようなおばぁ珠


深夜から寝返りはしないのは勿論の事

あんなに動いては発作のこは動かず

目は開いたまま


水分を含むペースト食事を、薬シリンジを

ゆっくりゆっくりごくん

拒否なる仕草が見られ、完全な昏睡状態ではないようだ


首が疲れるだろうとアイス枕をとるが

身体はぐにゃりこだからね

取る際にズレた首はそのまま床に

眠り姫


呼吸に変化がきた

呼吸が荒く


暫くすると落ち着く


昏睡状態になると

僅かな動きも無理だろう

主治医からの獣医ガイダンスによると、口からのシリンジも出来なくなり

ごくんもしなくなるだろうとの事

呼吸も早くなったり、浅くなったりが見られるかも知れない


体勢を少し変えてやるが眠り姫

珠緒ちゃんはかなり意識の状態が悪く、いつ昏睡状態になっても…に見受ける

時々ビクンと身体が弾む

お薬は可能な限り飲ませて、昏睡状態になれば鼻カテ拒否もしないだろう

その際に鼻カテーテルをする事になる

珠やまだお散歩するならば、目覚めると良い

納得したならば、いつでも良いよ


呼吸を静かに見守りながら

脱水をしないように注意

眠り姫になって、いつものシリンジ量はできない

口動きが本当にゆっくりで、途中で止まる

負担のない範囲で、皮膚弾力と相談しながら与える

余談だが脳ヘルニアは、ヘルニア発症箇所により症状も違う

脳ヘルニアにも種類があり、種類によっては重篤な症状が出ない場合がある

おばぁ珠の場合は、症状から恐らく脳幹にも影響があり重篤なタイプだ

尿崩症なるおばぁ珠でもある

尿崩症にも原因がいくつかあるが、中でも中枢性からのものは

脳にできた脳腫瘍が原因の場合もある

最近は可能な時間に記事を作成で、お勉強はしてるものの

記事にするまでの余裕がなく…書き留めておく

多飲多尿過ぎる事に腎臓以外にも、注意だね


シリンジしても起きなくて

辛うじて弱い力での嚥下


両腕で抱きしめ

でこちゅーしながら添寝をしていた

あたちはチャージ中よって伝わるが

いつ起きるのだい


腕を外しても動かぬコ

この状態まで行くと、あれだけあった頸部硬直のような動きはなかった

ガバっと起き上がる事も勿論なくて、おねしょもなかった


腕を外してキッチンに行き、シリンジの用意をして戻ったの

へんてこりんな歌を歌ってね

珠やごぱーんっ


するとこの日、初めて頭が上がったのだよ


何事もなかったように、お座りまでしちゃってね


なんやなんや珠〜って言いながら、さすさすしてね


すぐコクン…コクンだった


珠はまだいかないんだね、そんな気持で撫でてると、顔が上がった


抱っこわんぽして


寝んねこりん

ひとたびお目覚めすると、意識状態がいくらかマシのようで


頸部硬直がきた

脳が働くとそれが刺激になり、発作が来るのかもね


落ち着いたり落ち着かなかったりだ

抗てんかん薬について

例えば痙攣なるてんかん発作には、抗てんかん薬が効くらしいが

脳ヘルニアによる頸部硬直発作には、抗てんかん薬は効かないのだって

難しい話になるから、結論だけにするが

おばぁ珠が症状として出る、頸部硬直や目頭痙攣なる神経症状は

抗てんかん薬では改善しにくいらしい

2:19呼吸変化


荒い、早め、浅い、無呼吸など

呼吸の変化がきやすかった






朝は傾眠強しやっとシリンジ終了

シリンジ中にね鳴くの

合言葉のぅわんっも聞かなくなったのに

拒否しながら、わん!ぎゃんぎゃん!って

薬シリンジの時に鳴き、舐めてみるとビリビリ刺激がきた

錠剤を飲めなくなり、その分もシリンジだが…西洋薬は劇薬だね

薬シリンジ中の鳴き


この鳴きは食事シリンジにはなく、薬のときだけで

目覚めてから見られるようになる

終われば鳴きはなくなるし、あやす事でも落ち着いてくれた


太い大きな声で

嫌だって訴えていたね

脳症状の進行もあり、鳴き発作に近いように見受ける


昨夜目覚めてからは、いくらかマシな意識

よく起きて、起きたら発作だけどね…

良し悪しでもあり複雑な心境になる

傾眠ならば発作が少ないので、飼い主にとって傾眠の注意はあるが

苦痛がないならばと思うと、決して悪ではないとも言える

なので複雑とも




ぷっぷがなく2日目になる

お目覚めした時に


ミニわんぽに連れてゆく


歩けなくても良いよ、おばぁ珠

自宅では、リードによる吊り上げがないと、コケまくりだ


意識レベルが悪いようで発作もしていた

散歩中の発作



29度のおばぁ珠地方

湿度はあるが木陰の東風は気持良かった


腕の中でもぞもぞ珠

意識がマシになったか?


っと歩き出したよ

ヨタつくが頑張るんばちゃん


昨日目覚めなくて、いよいよか?と思わせたコには見えないよ

主治医にも経過連絡したりしていた






どこから出るのおばぁ珠の力


何度もふきかえすおばぁ珠に


飼い主は錯覚しそうだ


おばぁ珠は不死身で永遠の命

みたいな


そんな訳がないのだけどね


そんなこともあるかもと夢見そう






普通に元気な様子に見えるおばぁ珠


目覚めたが脳症状は確実に進行している


器や、手のひらからはもう食べれない


食べようとして、口を開けるが開きは小さいか

本犬は開いてるつもりか知れないが、開いておらず咥えられない


舐め取ろうとして、舌を出すが力がなくて


咥えるのも舐める取ることも出来ない


食べ物に反応してもゼンマイ切れになる


わんぽでひと時の意識戻りは奇跡


そのくらい意識レベルが悪い


おばぁ珠 鼻くんくんとして

見上げて映るものは、見えていたあの頃の空かい




弱った脚でもズンズン


顔を上げて前に進みなさい




笑顔よ


笑顔よ


笑顔が大切だわんっ




みんな笑顔でいてわんっ




いつもそうなのだけどね

今日もその笑顔をしっかり焼き付けたよ


そして散歩姿は嘘のように傾眠なコ


わんぽに力を注ぐコだよ


昨日程寝たきりではないが、発作がよく来る

18:11

2日目にて自宅ぷっぷ 真っ黒尻もち珠

頑張って力んだね 下血3日目だ

と、言っても…便秘状態だ

排便日で下血日のカウントは曖昧だね

夜のステロイドを休薬してみる事に

休薬で症状が悪化する目安は

休薬時間帯に意識障害が増すこと

今ならばシリンジ中に寝る事はないが、傾眠傾向が増す事になったり

目覚めが悪い、震えが出る、歩行が更にままならない等は、ステロイドをやはり与える方が良いとなる


構えのまま固まりゼンマイ切れしていた

洗面で綺麗綺麗して寝かす


そろそろ常夜薬Timeだよ


美味し美味しいの食べますかぁ〜♪

反応あり、おばぁ珠


指ぺろしてくれたね


枕向こうに薬シリンジを用意して与える

また薬シリンジ中に吠えるコだ


今迄は鳴きなく我慢できたのにね

我をコントロール出来なくなってきた証だろうか

もしかしたらきっかけとなり、夜鳴きも来る?


鳴きから落ちつかせ寝んね


呼吸が早めだ




昨日から常にの呼吸になりがち


0:11より無呼吸頻発



弱い呼吸から無呼吸がくる

早く短く吐き出すように、吸い込みが大きめになったり

浅く弱い呼吸になったりだ

意識状態が悪いと無呼吸が来やすい…て事は、ステロイド休薬が影響か…

1:45にレベチラ予定だ

それまでステロイドを保留にしよう



頑張り過ぎる程に頑張るおばぁ珠

唯々、苦痛なく少しでも穏やかに穏やかに

優しい祈り玉に包まれて、過ごす事を願う

同じく仲間達もそうでありますように

がんばルンバちゃんの細胞さんに

↓応援ポチッとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
 
PVアクセスランキング にほんブログ村 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 眠り珠が | トップ | どうか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

てんかん・脳疾患」カテゴリの最新記事