神の探求スタディーグループ千葉

エドガー・ケイシーの最大の業績と言われる「神の探求」のテキストをもとに、自らの霊性向上を学ぶ勉強会を開催しています

第72回 勉強会のお知らせ

2017年03月27日 | 開催のお知らせ

次回の勉強会は下記の予定で開催いたします。


内 容 神の探求 I 第9課「神とともに」

日 時 2017年 4月23日() 8:45 集合
     

開催時間 9:00~12:00

(タイムテーブル)
8:45   開館・集合・準備
9:00   はじめの祈り・黙想
9:10   訓練課題を応用した報告
9:30   テキストの輪読と話し合い
10:50  休憩
11:00  訓練課題の検討
11:15  訓練課題の発表
11:30  瞑想・終わりの祈り
11:45  閉会(次回の日程・司会の確認)
~12:00   後片付け・退室


場 所 千葉市生涯学習センター 小会議室
     交通:JR千葉駅より徒歩10分 →会場HPリンク

費 用 見学者は1回600円、継続参加希望の方は「コースの残回数」×600円

持ち物 「神の探求 I (販売先リンク)」、ノート、筆記用具、飲み物(必要なら)

 

勉強会の主旨・ご案内記事 → 「BOOK1 コースご案内

毎月  第4曜日に開催
 (2017/8月~第3曜日に開催予定)



参加(見学)ご希望の方は下記までご連絡ください。


【代表】 まつなが 
【メール】 Study.G.Chibagmail.com 
              (を@にかえてメールをお願いします。)


この記事をはてなブックマークに追加

BOOK I コース(3巡目)のご案内

2017年03月27日 | 「神の探求スタディグループ千葉」とは?
エドガー・ケイシー「神の探求」勉強会 
BOOK I コース(3巡目)のご案内

エ ドガー・ケイシーは、「神の探求」をテキストにした少人数の勉強会(スタディー・グループ)が、個人の成長を促す上で非常に有効であると述べました。「神の探求」は2巻からなり、それぞれ12章で構成されています。 このBOOK Iコースでは、この2巻のうち、1巻目の「神の探求 I」の全12章を学びます。

 

コースの特徴

エ ドガー・ケイシーはただ単に霊的な知識のみを求めることに対し、強く警告を発しています。人が経験で得てきたものをどのように応用するかということが、その人を成長させもすれば、退歩させるものにもなるのです。ですから、このコースは、霊的知識を実生活へ正しく応用させていくことを意図したプログラムとなっています。

このプログラムに真摯に取り組むならば、神の導きや祝福をしばしば実感し、神についての体験的理解を深め、それに伴って、普段の日常生活や人間関係も調和のあるものとなっていくことでしょう。

 

コースの日程

①定例会 (場所 千葉市生涯学習センター → 会場HPリンク)

2016年8月~2017年9月 月1回 / 全14回
2016/8/28(日) 9:00~12:00 特別会議室
2016/9/25(日) 9:00~12:00 アナウンスブース

10月以降は下記を予定
毎月第4 日曜: 9時~12時
2016年:10/23, 11/27, 12/25
2017年:1/22, 2/26, 3/26, 4/23, 5/28, 6/25, 7/23

(タイムテーブル)
8:45   開館・集合・設営準備
9:00   はじめの祈り・黙想
9:10   訓練課題を応用した報告
9:30   テキストの輪読と話し合い
10:50  休憩
11:00  訓練課題の検討
11:15  訓練課題の発表
11:30  瞑想・終わりの祈り
11:45  閉会(次回の日程・司会の確認)
~12:00   後片付け・退室

 

②特別イベント (定例会とは別に開催予定)

2016年12月 クリスマス会
2017年 8月 瞑想会
※①定例会及び特別イベントの予定は、変更となる場合があります。

 

対象者

霊的法則について学びたい方
自分の人間性、霊性を高めたい方
日常生活や人間関係をより良いものにしたいと願っている方
生きる目的や意味について理解を深めたい方

 

参加の主なルール

1. 基本的に毎回の定例会に出席可能な方
2. 勉強会を進めていく上でのルールを守れる方(詳しくは「勉強会のすすめ方」参照
3. 宗教、宗派、政党、組織を問わず参加できますが、ケイシーのリーディング及び聖書に抵抗がある方は参加をご遠慮ください。
4. 新しい参加者、コースの途中からの参加者は、1回見学参加した上で、コースに申込するかどうか決めてください。

 

費用

8,400円(全14回)初回参加時にお支払いください。
見学者は600円/1回
途中申し込みの場合、 600円×残り定例会回数

 

上記の内容PDFをダウンロードできます→ 「BOOK1コースのご案内PDF

勉強のすすめ方・ルールの簡易冊子PDF → 「2つ折りパンフレット(両面)PDF
 
どんな勉強会?なにが期待できるの? → 記事へ 

使用テキスト → 「 神の探求 I   

音声学習用CD → 「 神の探求講座CD

エドガーケイシーについて → リンク(ケイシーセンターHP)

 


申込・問い合わせ先

代表:まつなが  
Eメール Study.G.Chibagmail.com  
を@にかえてメールをお願いします。)
電話 :ケイシーセンター代表03-3465-3285 
(ケイシーセンターを通してお問い合せ下さい)

 


この記事をはてなブックマークに追加

BOOK2コース(3巡目)のご案内

2017年03月27日 | 「神の探求スタディグループ千葉」とは?
エドガー・ケイシー「神の探求」勉強会 
BOOK 2 コース(3巡目)のご案内

エドガー・ケイシーは、「神の探求」をテキストにした少人数の勉強会(スタディー・グループ)が、個人の成長を促す上で非常に有効であると述べました。「神の探求」は2巻からなり、それぞれ12章で構成されています。
このBOOK2コースでは、この2冊のうち2巻目の「神の探求2」の全12章を学びます。

 

コースの特徴

エ ドガー・ケイシーはただ単に霊的な知識のみを求めることに対し、強く警告を発しています。人が経験で得てきたものをどのように応用するかということが、そ の人を成長させもすれば、退歩させるものにもなるのです。ですから、このコースは、霊的知識を実生活へ正しく応用させていくことを意図したプログラムと なっています。

このプログラムに真摯に取り組むならば、神の導きや祝福をしばしば実感し、神についての体験的理解を深め、それに伴って、普段の日常生活や人間関係も調和のあるものとなっていくことでしょう。

 

コースの日程

① 定例会 (場所 千葉市生涯学習センター → 会場HPリンク)

原則として毎月第3 日曜日: 9時~12時
2017年8月~2018年9月 月1回 / 全14回

2017/8/20() 9:00~12:00 研修室1
2017/9/17() 9:00~12:00 特別会議室

10月以降は下記を予定
2017年:10/15, 11/19, 12/17
2018年:1/21, 2/18, 3/18, 4/15, 5/20, 6/17, 7/15, 8/18, 9/16

(タイムテーブル)
8:45   開館・集合・設営準備
9:00   はじめの祈り・黙想
9:10   訓練課題を応用した報告
9:30   テキストの輪読と話し合い
10:50  休憩
11:00  訓練課題の検討
11:15  訓練課題の発表
11:30  瞑想・終わりの祈り
11:45  閉会(次回の日程・司会の確認)
~12:00   後片付け・退室

 

② 特別イベント (定例会とは別に開催予定)

  8月 聖書勉強会もしくは瞑想会
12月 クリスマス会

※①定例会及び②特別イベントの予定は、変更となる場合があります。

 

対象者

霊的法則について学びたい方
自分の人間性、霊性を高めたい方
日常生活や人間関係をより良いものにしたいと願っている方
生きる目的や意味について理解を深めたい方

 

参加の主なルール

1. 基本的に毎回の定例会に出席可能な方
2. 勉強会を進めていく上でのルールを守れる方(詳しくは「勉強会のすすめ方」参照
3. 宗教、宗派、政党、組織を問わず参加できますが、ケイシーのリーディング及び聖書に 抵抗がある方は参加をご遠慮ください。
4. 新しい参加者、コースの途中からの参加者は、1回見学参加した上で、コースに申込するかどうか決めてください。

 

費用

8,400円(全14回)初回参加時にお支払いください。
見学者は600円/1回
途中申し込みの場合、 600円×残り定例会回数

 

上記の内容PDFをダウンロードできます→ 「BOOK2コースのご案内PDF

勉強のすすめ方・ルールの簡易冊子PDF → 「2つ折りパンフレット(両面)PDF
 
どんな勉強会?なにが期待できるの? → 記事へ 

使用テキスト → 「 神の探求 Ⅱ   

音声学習用CD → 「 神の探求講座CD

エドガーケイシーについて → リンク(ケイシーセンターHP)

 


申込・問い合わせ先

代表:まつなが  
Eメール Study.G.Chibagmail.com  
を@にかえてメールをお願いします。)
電話 :ケイシーセンター代表03-3465-3285 
(ケイシーセンターを通してお問い合せ下さい)

 


この記事をはてなブックマークに追加

第71回 勉強会開催報告

2017年03月27日 | 開催報告

以下のとおりミーティングを開催しました。

日   時 2017年 3月26日() 9時00分~12時00分
場   所 千葉市生涯学習センター 研修室2 
参加者 千葉、神奈川からの参加
費   用 600円(会場費・コピー・名札代等)


内容
(1)第7課「忍耐」の課題に取り組んだ体験報告
(2)第8課「扉を開く」の輪読
(3)第8課「扉を開く」に取り組む課題の設定
(4)祈り・瞑想
 など


★メンバーがそれぞれ設定した課題に取り組んだ体験報告の概要は以下のとおりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第七課忍耐では「70回赦す」を目標に実生活を過ごしていた。その「赦し」も落とし込みにまでは至らず、少々歯がゆい思いだった。その反面、生活の乱れを払拭するため「断捨離」と称して部屋の片付けに着手した。家族の同意を得ず、勝手に身体が動いてしまい、迷惑をかけたところは大いに反省すべきところだったが過去の自分との決別ができた。「多くのパソコンや器具類はいつか役に立つ!」との根拠ない自信からくるエゴの塊であるからこそ「収集してしまう」。それらが手元にあるうちは成長なし!と潔く捨てる覚悟を決め、次のステージに行く「お膳立て」として意識できた。「シンプル」が一番よいと実感。次回「第8課 扉を開く」では「70回赦す」ということ、もう一つは「信仰」による自分の自我を解放させ、幹を太くして行きたいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第七課忍耐では『自己観察、知っている事を実践する、不親切な言葉を口にしない』と課題を立て毎日を過ごした。日々、反省や後悔することが多くあり、自分は物事を厳しく判定したがる性格なのだと改めて気がついた。第八課扉を開くでは課題を文中にあった『主の御心が叶いますようにと常に祈ること、培ったものを実践すること』を課題として心に持ち実践していこうと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・体操の大会があった。主にお願いしたところ無事に予定していた事が出来た。みんな驚いていたそして喜んでくれた。主に感謝した出来事だった。
・特に感情が爆発するようなことはなく日々を過ごすことはできたが、喜びと充実のある忍耐を行うことは出来なかった。
仕事は順調であり趣味も楽しんでいるが忍耐に関しては納得できるものではなかった。競争を走ることに関してはある程度やってるかな。という感じです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下のような課題を立てて今回の1ヶ月を過ごした。

・主のみが裁く(自分では裁かない)
・功過格表を続ける
・聖書を読む(信仰を深める)

報告
霊的な視点で物事をみるようになってきた。日常の出来事に対して霊的な法則を感じる。
ケイシーセンターの聖書講座を通してケイシー流解釈で聖書を読む事で、以前よりも一層信仰が深まり主への感謝の気持ちが強くなった。
以上のような理解が心に染みてきたのか、自分では裁かずに流れに委ねるという事が度々あり、そのような気持ちで物事に取り組んだ時の方が結果が良いものになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この記事をはてなブックマークに追加

第71回 勉強会のお知らせ

2017年02月27日 | 開催のお知らせ

次回の勉強会は下記の予定で開催いたします。


内 容 神の探求 I 第8課「扉を開く」

日 時 2017年 3月26日() 8:45 集合
     

開催時間 9:00~12:00

(タイムテーブル)
8:45   開館・集合・準備
9:00   はじめの祈り・黙想
9:10   訓練課題を応用した報告
9:30   テキストの輪読と話し合い
10:50  休憩
11:00  訓練課題の検討
11:15  訓練課題の発表
11:30  瞑想・終わりの祈り
11:45  閉会(次回の日程・司会の確認)
~12:00   後片付け・退室


場 所 千葉市生涯学習センター 研修室2
     交通:JR千葉駅より徒歩10分 →会場HPリンク

費 用 見学者は1回600円、継続参加希望の方は「コースの残回数」×600円

持ち物 「神の探求 I (販売先リンク)」、ノート、筆記用具、飲み物(必要なら)

 

勉強会の主旨・ご案内記事 → 「BOOK1 コースご案内

毎月  第4曜日に開催予定



参加(見学)ご希望の方は下記までご連絡ください。


【代表】 まつなが 
【メール】 Study.G.Chibagmail.com 
              (を@にかえてメールをお願いします。)


この記事をはてなブックマークに追加