夢見るOLと現実の狭間

モデル業とわんちゃんにまったりライフ

ほとんど全部の財を没収されるかわりに

2016-09-19 23:16:20 | 日記
自己破産という法的手続きの特徴は返済不能の認定を受理した借り手が保持しているほぼ一切の私財(生存していく上で最低限不可欠なものは保持することを保証されている)を接収される一方で、すべての借金が取り消しになるのです。自己破産を行った後稼いだ給金や手に入れた財貨を借金返済に充当する必要性、支払義務は存在せず債務を負った人の再生を促進するために作られた法制度ということになっています。借金弁済の問題を背負う方々がよく背負っている不安には自己破産手続きをすることへの漠然とした不安があるといえるでしょう。勤務先に噂が伝わり以後の社会生活に良くない影響をこうむるのでは?というように不安に思う破産希望者がなぜか多いのですが事実としてそういった不利益はありません。自己破産手続きは複数からの借金返済能力を超えた借金によって悩んでいる債務者を助けることを目指して国で整備した枠組みです。自己破産をした者に関して後の生活の中で支障をきたすような不利益は極力ないように定められた法的制度と言えるでしょう。その一方で自己破産というものを実行するには満たしておかなくてはいけないような事があることに注意しましょう。それは何かと言うと借入金をどうしても返還することが出来ない(支払い不能状態)になってしまったという司法的な裁定です。借金の額、そのときの手取りの収入を参考にして申し立てを行った人が返却不能状態というように司法機関から認定されたときに自己破産を行うことが出来るのです。仮に自己破産を望む人の借金総額が100万円の一方で月収は10万円。そのような事例では返済がとても困難なため債務の返済ができない状態と見なされ自己破産を実行出来るようになると定められています。一方で定職に就いているかどうかということについてはあまり重視されず、自己破産申立ては今までのように継続して給料を得たとしても返却が難しい状態でなければならないという要件が存在しますので働ける状況である上に働ける状態であるということであれば借金の合計が200万円に届かない場合、申立てが突き返されるということもあり得ます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作成することができます | トップ | これまでにないサプライズ必... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。