ライブもやる峠の食堂すけあくろう

 県道61号ひとつぎ峠からの風景

 訃報

2017-07-20 | 日記
 音楽仲間の松村勝史さんが、昨夜11時55分に亡くなられました。

 通夜は、7月20日(木)19時
 本葬は、7月21日(金)10時30分
 庄原市内の平安祭典にて行われます。

 故人のご冥福を心よりお祈りします。 合掌
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  東京家族 | トップ |  「ゆっくりがええ」‥が、え... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (guy)
2017-07-22 10:46:33
春の風の丘LIVEではダンシングオールナイトを歌われ、度肝を抜かれた。
演奏される姿は微笑ましく聞く立場の僕は嬉しくなってしまう。
すけあくろうのライブでは毎回会っていたが、この方と直接話をした事は無い。
ここ何回かのライブでは歌う力も無く、それでも毎回足を運ばれていたが..
このお方は「歌は唄いたいものを唄いたいようにやればええ」と僕に教えてくれたような気がする。
勇気を貰った。
今度逢ったら声をかけますよ。
そうですね (店主)
2017-07-22 11:57:47
 guy殿、

 わしもえっと教わりました。

 「淡々と生きると云うことを考えてみようと思います」と、晩年云われていたこと、印象的です。

 もチィと生きて、”唄いたいものを唄いたいように”唄うていきたいのう。
 
淡々と生きる.. (guy)
2017-07-22 18:21:33
あれが欲しい! これが食いたい!
あそこに行きたい!
そんな風に思うとるうちはダメなんじゃろう..
なんでもない日常に幸せだと、感謝出きる..
それが人間になるという事で、最後の目的なんでしょうねぇ
そんな風になれるんかなぁ
なりたいと思う事さえ、いまだわからず。
Unknown (店主)
2017-07-22 18:50:36
 guy殿、

 痛みがある、痛みがつづく、激痛をモルヒネで抑える‥と云う話しを目の前でされながら、「わしの淡々と生きると云うことを考えたい」と云われました。
 「人にはそれぞれの淡々とした生き方があるでしょう」と前置きされた後のことばでした。

 香典返しの中の「ごあいさつ」の中で、娘たちより‥として、ここにあります。
 次回是非、ご覧ください。

 分からんまんま、分からんまんまでここにおります。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。