進め!Gucchan号!

房総半島をメインフィールドに、マイボートで大物を追いかけています。たまには陸っぱりも。釣りがメインのブログです。

KenKenリベンジマッチ!やっぱりこいつは凄かった!

2017年05月30日 | NEO390 釣行記

  ←ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 

5月27、28日の土日、5月第4週です。

4月3日、初NEO-Gucchan号乗船時に10年ぶりの船酔いをして、

ほとんど釣りにならなかったKenKenことKen君。

リベンジの申し込みです。

Ken君が船酔いでグロッキーした記事はこちらから。

Ken君の希望は27日の土曜日でしたが、天候や海況を考え28日にリスケしました。

この日は12:19がド干潮。

AM9:00~PM4:00くらいまでボートを上げるのが難しくなります。

朝一勝負という手はありますが、朝から夕方まで1日頑張るという作戦に出ました。

昼から穏やかになって釣りやすくなるという予報があったからです。

 

ぐっちゃんには自信がありました。

今週は釣れるはず!

その根拠は、

2014年第4週週末。I君とわずか2時間2人で10本以上キャッチ。

2015年第3週週末。確変突入でヒラマサ、ヒラメ、イナダ。

2016年第4週週末。小太郎さんと2日連チャン、1日目2人で7本、2日目は一面鳥山祭り。

つまり、どんな年でも5月下旬に大爆釣があるんです。

そして今年はまだ爆釣がないまま、残すところこの週末だけ。

ここで釣れないなら1年中釣れない!という日でした。

 

5月第4週週末、

相棒は最強ジギンガーKen君、

そして朝まづめから夕方までの長時間釣行、

条件は揃いましたね。

 

現地着は4:00少し前。

既にダダノさんのNEOタダノ艇でダダノさんとビル・ジャックさんが出航した後でした。

久々にNEO450で参戦のカワノさん、

ケンマリーンボートとホープボートのFRP勢。

例年なら祭りモードで大盛況でもおかしくない時期なのですが、

この日は意外に空いていました。

前日午後からかなり強い風が吹いたのと、最近の貧果が原因かと思われます。

 

AM4:30出航、10分ほどでジギングポイントに到着です。

この日はかなり大きな移動も覚悟していて、

このポイントで釣果が無ければ、今まで行ったことがない方面への遠征も視野に入れていました。

水温は眉唾ぐっちゃん魚探の水温計で18.5℃。けっこう上がりましたね。

魚探反応は…、

ムムム…。

岩礁帯で駆け上がりになっているこのポイントで、ごらんの無反応…。

これは厳しいか?

なんとか魚の反応のあるポイントを見つけて、とにかくジギングスタートです。

 

AM4:50。

「おっ、あたった!」

最初のひと流し、しゃくってフォールさせるを3回ほど試した時でした。

期待を良い方に裏切るファーストヒットはぐっちゃんに。

軽く合わせてファイト開始。

「おお、やりましたね!マサですか?」

とKen君。

しかし、引きが弱いです。

緩めのドラグを鳴らすこともなく簡単に巻き上げられます。

「根魚かな?」

なんて油断した次の瞬間、

「ジジジジジジッーーー」

突然暴れだしドラグを鳴らす敵。

「おお、これは青物だ!」

「ランディングしましょうか?」

「大丈夫、自分でできるよ、余裕余裕♪」

それほど大きくありませんがヒラマサです。

必要以上にもたもたしながらゆっくりネットイン、と思いきや、

最後にひと暴れするヒラマサ君。

「あわわ…」

慌てて体勢を取り直しましたが、

「あっ!」

なんとフックアウトしてしまいました。

サイズ的にそれほどの大きさではなかったので舐めていました。

最後にテンションがかからなくなって、痛恨のフックアウト。

半分ネットに入っていただけに超ショックです。

「トホホ…、最近こんなのばっか…」

 

その直後、ついに最強ジギンガーが覚醒します。

「ヒットォ!」

「え、おいらバラしたばっかりなのに…」

「おー、引く引く、楽しーい」

Ken君は592SSというぐっちゃんよりも柔らかめのロッドですが、

ドラグは6kgとぐっちゃんよりもはるかに締めた設定。

ほとんどドラグは鳴りませんが、ロッドは激しくしなり、弧を描きます。

「ネットお願いします!」

「あいよ!」

Ken君、開始10分でリベンジ達成!

ナイスサイズのヒラマサです。

この男のブツ持ち写真、本当にかっこいいんですよ。

ちなみにジグは自作品だそう。

やりますねー。

ちなみにこの時ぐっちゃんは根がかりでまたしてもジグロスト。

リーダーが残ってくれたので救われましたが、先週からのロスト癖が抜けていないようです。

 

とにかく、今日は大遠征の必要はなさそうです。

続いて2流し目…。

またしてもKen君にヒット!

激しくやり取りをするKen君。

ファイト姿も決まっていますね。

あっという間に2本目ゲット。

 

次の流しではようやくぐっちゃんにヒットです。

沖の尺アジ釣りを終えて戻ってきたタダノさんとビル・ジャックさんの目の前でファイト開始。

強烈なパワーで緩めのドラグが鳴りまくりです。

けっこうなパワーで最初は写真のようにロッドの尻をお腹に当てて耐える場面もありました。

「ぐっちゃん船長、ドラグ緩すぎでしょ」

「なんだかすごく重いんだよ。朝一よりははるかにでかそう」

そんな会話をしながら少し時間をかけて寄せてきました。

ようやくリーダーに入り、魚が見えました。

「よし、見えましたよ!あれ!?」

「んん?」

意味不明の会話をしながらランディング。

そのわけは、

おめーじゃねーし!

まだまだメタボなワラサゲット。

しかも、ホホ部分にスレでかかっていたためものすごいパワーだったんですね。

まあ、5kgくらいはありそうな立派なサイズだったので、

このワラサはそのまま近くで見ていたタダノさんに押し付けました(笑)

 

続いてAM6:30ごろ、

「ヒットォ!」

「こっちもヒットォ!」

「なぬっ?」

なんと、超久々のダブルヒットです。

ぐっちゃんも何とかヒラマサをゲットしましたが、Ken君は早くも3本目。

出航2時間、2人で早くも青物5本です。

いったい今日はどれだけ釣れてしまうんだろう…。

 

そんな心配は無用でした。

この後、長ーい空白の時間が始まります。

 

ちょっと沖の散策をしてみようということになって、

水深60m、80m、120m、150m、180mとチェックしながら進みます。

外房は遠浅なので、水深200mまで行くとほぼ5海里の沖です。

水深160mくらいのところで下層と中層に何か反応がありました。

中層がサバ、下層がイカではないかと思われます。

試しにジグを落としてみましたが、潮流が速すぎて200mラインを出しても海底に届きません。

その頃には魚探の反応は消えています。

さすがにこの水深でジギングは難しいね、という結論になり、

また最初のジギングポイントに戻りました。

このころから東風が急に強くなり、海上はけっこうな波が立つようになりました。

AM11:00まで頑張りましたが、魚の活性がゼロなので、一時帰航して休もうかと出航場所へ。

 

なんと、潮が引いて堤防周りの水深もとても浅くなっていて、

係留することすらできません。

もう一度出航しなおして、西側のポイントへ。

比較的近場のトップポイント、ジギングポイントを順番に流しますが、

ベイトが少なくアタリも皆無でした。

PM1:30、もう一度帰航し、唯一係留できるポイントにボートをつけて、

堤防の上で1時間ほど仮眠しました。

 

PM2:30、仮眠を終えて再出航。

この1時間の休憩は非常に効果的でした。

前日の睡眠時間は2時間余、

休むまでは体力の限界でいつ寝落ちしてもおかしくない状態でしたが、

この昼寝で生き返りました。

やる気満々でジギングポイントへ。

天気予報通り、風も弱くなってきています。

 

ひと流し、ふた流し…。

ピンポイントですが魚探の反応は悪くないです。

そして、ここからKen君の独走が始まります。

 

「ヒットォ!」

やや小ぶりですが、Ken君この日4本目のヒラマサゲット。

最初の3本(うち1本はぐっちゃん)をキープしているので、

このヒラマサは即リリースです。

 

続いてのヒットもKen君。

強めのドラグ設定なのでラインは出ませんが、

明らかに今までの中で一番の引きです。

「これは大きいか~?」

「はいはい、おいらがすくわせていただきますよ」

なんと、今度はナイスサイズのワラサでした。

丸々太っていてうまそうに見えましたが、お土産はキープ済みなのでこれもリリース。

あっという間に終了予定時間のPM4:00です。

ぐっちゃんはお触りがあったもののまだ午後はボーズ。

ここは必殺、

「泣きの延長」

Ken君快諾。

 

そしてPM4:30、最後のひと流しで、

またしてもKen君に、

「よっしゃー!」

しかし今回はぐっちゃんも、

「こっちもきたーっ!」

だがしかし、

ぐっちゃんは大アワセを食らわせたもののすっぽ抜け!

この日2回目のダブルヒットと思いましたが、女神はKen君だけに微笑みました。

フッキングせず、

ボートのシートに倒れこむぐっちゃん。

鼻歌混じりでやり取りするKen君。

この日最小のヒラマサをゲット&リリース。

 

これにてストップフィッシングです。

PM4:50帰航。

途中1時間休んだものの、朝の出航から12時間以上経過しています。

ハンディGPSが電池切れになってしまい、ログは残っていません。

休憩前で走行距離45km、最高速39.9km/hでしたから、

走行距離はおそらく55kmを超えたでしょう。

25リットルのタンクをフル満タンにして臨みましたが、

ほぼこのメインタンクが空になりました。

NEO-Gucchan号史上最高の航行距離と消費ガソリン量でした。

 

Kenくん、ヒラマサ5本、ワラサ1本、バラシ無し。

ぐっちゃん、ヒラマサ1本、ワラサ1本、バラシ1本。

あたりは数回ずつありましたね。

この差は完敗と言っていい大差です。

Ken君はやっぱりすごかった!

いや、ぐっちゃんの負のスパイラルがすごいのか…(泣)

 

 

「ヒラマサとワラサ釣ってぶつぶつ文句言ってるのぐっちゃん船長くらいですよ」

とKen君は言いますが、

自分の船、自分の海域で、条件も変わらない中でのこの大差は…。

「やっぱりおいらは下手なのか?」

 

冗談はさておき(冗談じゃない?)、

Ken君、さすがです。

ようやくその実力をGucchan号で発揮してくれました。

前回以上にNEO-Gucchan号を気に入ってくれたようです。

 

ヒラマサは1本ずつ持ち帰り。

もう1本は駐車場管理の親父さんに押し付けました。

現地出発がPM5:30、館山道の渋滞も解消しかける時間でしたが、

事故渋滞でちょっと時間をロスしてしまい、

帰宅はPM8:00でした。

完敗したとはいえ、当初の目的であった、

「Ken君にNEO-Gucchan号でヒラマサを釣らせる」

という目的は十分すぎる結果で達成となりました。

道中の車内は一部自虐ネタも含め大いに盛り上がり、楽しい帰り道となりましたよ。

 

やはり5月第4週は凄かった。

来年、5月第4週に外房を訪れてボウズを食らってもぐっちゃんは何の責任も取りません(爆)

Ken君、また乗ってくださいね。

I君と3人乗船も面白そうです。

おいらだけ釣れないという可能性がかなり高いですが…。

 

さあ、来週はノルマ有の釣行になります。

好調が続いているといいなあ。

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベタ凪の外房で想像以上の大苦戦 | トップ | 3人乗船数打ちゃ当たる作戦!... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たーさん)
2017-05-30 05:57:20
楽しい釣りになったみたいで何よりですね。
各地でたまに大型も釣れてるみたいなので
しばらく期待出来そうですね。
外房でトップを封印してましたが次回やってみます。その頃シイラだらけになってなければいいんですけどね(笑)
すんげ~! (ビル・ジャック)
2017-05-30 06:42:01
Ken君のリベンジ釣行お疲れ様でした♪

朝一から絶好調、中畑清でしね(古!)
ミッション達成おめでとうございます(^^)

ぐっちゃんのファイトを観戦した後、近くでKen君のシャクリを見ていましたが流石ですね~。
実は僕の掛けたヒラマサはKen君のシャクリを真似していた時にヒットしたものです。
やはり上手い人の真似をするというのは鉄則なのでしょうか?

次回もミッション達成お互いに頑張りましょう!
Unknown (JBB280)
2017-05-30 07:19:59
すご~い! の一言です。
5月第四週の予言はぐっちゃんの長年にわたるビックデータ蓄積IoT活用型魚群解析手法でしょうか?(何のこっちゃ)
今度そのデータをハッキングさせてください。😁
私も前日出したのですが港に到着時どなたもおられず、顔がハニワ状態でした。( ̄○ ̄)
結局私含め3艇でした。
why?
予報悪く朝9時頃までの勝負と思っていましたが結局穏やかな海況でやっぱ現場に行かなきゃですね。
やっとエンジン復活しましたので春マサはあと少しのようですが宜しくです。
ではでは🙋
たーさんへ (ぐっちゃん)
2017-05-30 08:36:43
たーさん、コメントありがとうございます♪
でかいのもいますが小さいのもいます。
引っ張り漁師が絶好調なのでトップも期待できますが、釣れるサイズは小さいですよ。プラグは12センチくらいの小さなヤツでスローシンキングが正解みたいです。
でかいのがいるのは間違いないでしょうが、先にコマサがアタックしてくるんじゃないかと。
後はこの好調がいつまで続くのか?
ちなみにトビウオはたくさんいましたが、シイラはいませんでした。
サイコーに楽しかったッス🎵 (kenken)
2017-05-30 08:40:00
ぐっちゃん船長、ありがとうございました😆
前回のリベンジしっかり果たせました。ぐっちゃん船長の経験と読み、操船技術、ゲストへの配慮、そして往復の運転から終日の操船&ジギングをこなしてしまう超人的な体力のお陰です❗️あと、自虐的なネタの連発で終始楽しくシャクレました(笑)
NEOのすばらしさと快適さも改めて実感しましたー。
次回はIさんと3人でやりたいですね☺️三者三様のジギングスタイルなので、いろいろ検証できて面白そうです。
そうそう、来週あのジグ使ってみて下さいね。あれはあのシャクリ方がベストです。もちろん、いつもあのパターンが効くとは限りませんし、自虐ネタのブログも読みたい気もします(笑)

またよろしくお願いいたします。
ビル・ジャックさんへ (ぐっちゃん)
2017-05-30 08:42:59
ビル・ジャックさん、コメントありがとうございます♪
タダノさんとタンデムしているとは…、海信丸は外房まで運んだだけだったわけですね。
賑やかな釣果だったみたいでなによりです。
Kenkenしゃくりを真似てみましたか?彼はいろいろ試しながらその日のアタリしゃくりを探ってましたね。パターンつかんだら連続でした。
魚探を見ながら釣るぐっちゃん、魚探を見ないで頑張るKen君。この日の差はそこがポイントでしたね~。
JBB280さんへ (ぐっちゃん)
2017-05-30 10:08:33
JBB280さん、コメントありがとうございます。
土曜日は週中まで大荒れ予想でしたから、みな自粛したのではと思います。我々の翌日にリスケしましたしね。前日くらいから何とか浮けそうな予報になりましたが、夕方まで沖上がりできない潮まわりを考えると、午後から風が吹く予報の土曜日は厳しいとの判断でした。
JBB280さんのでっかいヒラマサ、ステキチさんからのLINEで見ましたよ。顔つきがデカマサでしたね。おめでとうございます。
船外機が復帰していよいよ本領発揮ですね。また海でお会いしましょう!
㊗爆釣 (sai)
2017-05-30 10:17:36
爆釣おめでとうございます!
それにしてもkenさん、凄いですね?
気象状態は毎年違うけど、魚は同じ時期に同じ所に回遊するのでしょうか?
一度ジギング船に乗って色々な人のシャクリを
見てみたいです。
引き出し増やせれば、また楽しみが増えるような気がします。
KenKen君へ (ぐっちゃん)
2017-05-30 10:18:47
Ken君、お疲れ様でした。
体力勝負の朝まづめからの一日通しジギング、本当に楽しかったですね。朝はまだなんだかんだ言ってもそれなりにおいらもファイトしましたし、ネタ程度の自虐だったのですが、本命と思っていた午後の流しではマジで凹みましたよ。自分なりに反省点がいくつかありますが、結局は信じてしゃくることができるか否かですね。
ほんの少しですがNEOも操船して、ゴムボートとの違いを実感できたのではと思います。
昼前後はけっこう風や波があってボートが左右に揺れましたよね。遊漁船とは異なる筋肉を使ってのジギングになりますから、今日あたり相当な筋肉痛になっているのでは?
自作ジグ、ありがとうございました。早速試してみますね。
またNEOに乗りたくなったらいつでもリクエストしてください。今度はおいらがリベンジしますよ!
saiさんへ (ぐっちゃん)
2017-05-30 10:38:20
saiさん、コメントありがとうございます。
5月の後半は高確率で良い思いをしています。過去記事を見ていただければ傾向ははっきりしますよね。この好調が長く続く年が当たり年で、1~2週で終わってしまうのがハズレ年です。今年はこれまでがあまりよくありませんでしたから、どちらかと言えばハズレ年ですね。
ジギング上達のコツはうまい人のしゃくりをマネすることだと思います。僕の周りではI君、Ken君、小太郎さんなんかが良い見本ですね。上手な人の良い点を取り入れながら自分のスタイルを築ければと思いますが、そんなに甘くはないです。
今回の爆釣、Ken君だからかもしれません。おいらの釣果はいわゆる、「いつも通り」の域を超えていませんから(爆)

コメントを投稿

NEO390 釣行記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL