進め!Gucchan号!

房総半島をメインフィールドに、マイボートで大物を追いかけています。たまには陸っぱりも。釣りがメインのブログです。

爆睡野郎は今日も絶好調!?

2017年06月13日 | NEO390 釣行記

 ←ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 

外房春シーズンのヒラマサは、5月第4週頃にピークを迎えると書きました。

先週も3人乗船でヒラマサ3本、ワラサ2本を釣り上げましたが、

明らかに前々週に比べ海は渋くなっていました。

例年ですと6月になると食いが鈍り、徐々に釣れなくなってきます。

今年はシーズンインが遅かったのでピークも後送りされるかと思いましたが、

やはりそんなに甘くはないようですね。

 

6月11日日曜日、前回釣行でついに爆睡野郎の称号をゲットしたI君と釣行しました。

土曜日の強風でうねりが残っていそうですが、風は時間とともに納まる予報。

「先週は失礼しました。今回はちゃんと仕事します!」

というI君。

果たしてどうだったのか?

 

まずはI君の様子を先に見せますと、

予想通りの大活躍でした。

この男は期待を裏切りません。

周りの人は、先輩に対してこの態度のI君にそろそろお灸をすえた方がいいと言いますが、

ぐっちゃんは心優しいのでそんなことはしませんよ。

だって彼にはとても重要な仕事があるんですから。

それだけでも存在価値はあるというものです。

 

それでは釣行記です。

さすがにI君、この日は寝ていませんで、

迎えに行ったらすぐに出てきました。

AM3:50に現地着。

ビル・ジャックさん、ステキチさん、NEOカワノさんとそのお友達、NEOタダノさん、

JBB280さん、トレーラブルRAIJINさん、トレーラブルホープボートさん等々、

先週ほどではありませんがけっこうな数が集まりました。

 

意外に風があります。

天気も昼くらいまでは曇りで太陽は出ないでしょうから、

けっこう寒いかも。

今回ぐっちゃんは厚手の新調したレインウェアを着込みました。

 

空が曇って暗いので、日の出時間を過ぎてから出航。

AM4:30頃です。

定番ジギングポイントについて早速ジギング開始。

ただし、魚探画面は、

無ですね。

今日も厳しい戦いになりそうです。

ジギングポイントにはミニボートがかなり集まりました。

ちょっと離れた位置でしゃくるステキチさん。

こうやって見るとけっこう波がありますね。

 

タダノさん、カワノさん、ビル・ジャックさんはさらに沖のイカポイントへ。

今日はジギング組とイカ組に別れました。

ちなみに近場のアジ場には全くアジがいなかったそうです。

前日の荒れ模様でベイトが散ってしまったか??

 

頑張ってしゃくりますが反応が薄いです。

I君に一度お触りがありましたがフッキングせず。

時間だけが経過します。

そしてまたこの時が来ました。

「さ、寒いです」

「は?」

「後ろ行っていいですか?」

「今日は寒いって言ってたじゃん」

「でも、服は薄着のままなんですよ~」

「……」

AM5:40頃から、この体勢で眠りに入るI君。

おいおい、まだスタートして1時間しか経ってないぞ!

しかもぐっちゃんの背もたれに寄りかかってクーラーを椅子にしています。

どうも、このスタイルが非常に座り心地が良いと気づいたようです。

 

1人でしゃくり続けるぐっちゃん。

小さな移動をするぐっちゃん。

まだI君は寝ています。

またしゃくるぐっちゃん。

しかし、魚からの反応はなく…。

「今日はやばいかもしれないなぁ」

そんな心配をよそに、ぐっすり寝続けるI君。

 

AM6:30、ついにぐっちゃんは大移動をする決断をします。

ピークシーズン、鳥山やナブラが起きやすい西のポイントへ。

「I君、大移動するよ」

なんて言いませんよ。

だって彼は爆睡中ですから。

 

西へ移動中に、ちょっと気になって後ろを振り向きました。

I君はこの姿勢のままです。

ちなみに、後ろの船外機が出す波をご覧ください。

この時のNEO-Gucchan号は25km/h出ていました。

I君、特異体質なのか大物なのか…、

結局、移動時間の20分ほど、彼は一度も目を覚ましませんでした。

 

西のポイントについて、流し場所を決めてしゃくり始めます。

しばらくしゃくってると、I君がのそのそと動き始めました。

「どうですか?アタリありました?」

「… まだないよ!」

「あれ?ここどこですか?景色が違う…」

「西のポイント」

「えー、このボート、瞬間移動できるんですか!?」

「もう読者も飽きてるよ、この展開…」

 

実は移動したのは上げ止まりだったから。

しかもこの日は大潮なのに全く潮が動かない不思議な日でした。

AM7:30頃、ついに均衡が破れます。

「ヒットォ!」

I君にアタリです。

「うりゃー!!!」

大アワセ。

そしてやり取り開始、とその後に、

「ありゃ?」

なんと、この日もファーストヒットはフックアウトでした。

「トホホ…」

 

次のヒットはぐっちゃんでした。

「よっしゃ、キターッ!」

緩めのツインパワーのドラグが鳴ります。

「ジジジジ…」

ただ、オオマサというわけではありません。

軽ーくいなしながら取り込みにかかります。

I君にランディングを…、と思っていたら、彼は動画撮影していました。

その時の動画はこれ。

 

自分でネットインさせて獲ったヒラマサがこれです。

既に釣り開始から3時間以上経っています。

ようやく魚の活性が上がったか?

それにしても、魚探反応は薄いまま、

突然ヒラマサが通りかかったという感じでした。

 

でも、これが時合のスタートだったことは間違いありません。

その後、AM8:10頃に、

「かかったぁ!」

I君にヒット!

続いてぐっちゃんに

「グオンッ」

というアタリが。

「こっちもヒットォ」

なんと、この厳しい状況でダブルヒットです。

群れが通りかかったのでしょう。

I君、2時間も寝ていたのに、これで6戦連続のヒラマサゲット!

Gucchan号でも3連勝です。

I君はこの日魚を持ち帰らないというので、このヒラマサはリリースしました。

 

ぐっちゃんにも2本目。

ダブルヒットは何度やっても気持ちいいですね~。

 

そのあと、今度はI君に強烈なアタリ!

ぐっちゃん、このアタリの一部始終を見ていました。

「グゥアンッッ!」

という感じですごいパワーが一気にI君のロッドを襲いました。

これに瞬時に反応するI君、怒涛の大アワセ!

「ガンッ!」

とロッドに重みがかかった次の瞬間、

「ブァチィィン…」

いやーな音が…。

なんと、リールのドラグが大パワーに追いつかずに、

リールのベイル部分辺りから高切れです。

PE3号ですよ。

ボーゼンとするI君。

「あれはマグロだったのでは?」

と主張しますが、

「サメだろ、サメ」

とぐっちゃん。

とりあえず中層だったので地球ではなさそうです。

「いや、あのパターンはマグロですって!」

「何言ってんだよ、きっと潜水艦かウミガメだよ」

PEラインもまだ新しく、傷がついていたとは考えにくい場所でした。

「釣れなかった魚はでかい」

はヒラマサやマグロ釣りでは真実ですから、ここは彼を立てておきましょう。

わずか30分弱の時合でしたが、ここまで頑張った甲斐がありました。

あ、頑張ったのはぐっちゃんだけですけどね(爆)

 

時合が終わり、また静かな時間が…。

既に2本釣って満足のぐっちゃん、急激に眠気が…。

「おいら休む」

 

寝ているわけではありませんよ。

少し横になって休むと、また頑張れるんです。

1人じゃ危険でできませんが、1級船舶を持っているI君がいますからね。

とりあえず15分ほど休みました。

ぐっちゃんが復帰すると今度はI君がバウで爆睡。

ぐっちゃんはまたジギングを再開します。

AM11:20ころ、

またしてものそのそと起きだしたI君、

ふらふらしながらしゃくり始めました。

と、

「ガンッ!」

「ヒットォ!」

なんと、寝起き即ヒットです。

I君、面目躍如の2本目。

というか、起きてすぐのゲットです。

この男、釣り時間はぐっちゃんの3分の1くらいなのに、同数ゲットですよ。

もちろんこのヒラマサもリリースです。

 

その後移動しながら実績場所を叩きますが、結果が伴わず。

この日も昼前後の2~3時間は大潮のド干潮でボートが揚げられません。

正午頃に一旦休憩としました。

堤防にボートを係留して1時間半ほど休憩です。

ビル・ジャックさんやステキチさんは帰り支度をしています。

RAIJINさんやJBB280さん、ホープボートさんも沖上がり。

彼らと情報交換をしている隙に堤防では、

口を開けて寝る爆睡野郎I君。

少し遅れてぐっちゃんも横で寝ましたが、

I君のいびきがうるさくてなかなか寝付けませんでした。

 

PM1:30起床。

I君はまだ爆睡中。

I君のクロックスサンダルを蹴って、

「起きろよ、再出航するぞ!」

「むにゅむにゅ」

「おら、早く起きろ!」

「むにゅむにゅむにゅ…」

「こらー!」

「あ、ここどこ?今何時ですか?」

「PM1:30」

「ゲッ!もう…?」

今回はやめておこうかと思いましたが、我慢の限界です。

この爆睡野郎が!

 

 

PM1:40再出航。

先週いい思いをしたポイント、

さらに岸寄りのキャスティングポイントを叩きますが不発。

 

そして朝一頑張った定番ジギングポイントに。

PM2:40、上げ5分くらいになったときに、

「ヒットォ!」

ぐっちゃんにアタリです。

少しドラグを強めに締めたので、全然鳴りませんでした。

「ちいせー」

ちょっとサイズダウンした、60cmあるなしの小ぶりなヒラマサでした。

もちろんこれはリリース。

午後の部も1本獲れて、大満足です。

海もご覧のようにとても穏やかになって、無風状態に。

反面、ボートがほとんど流されずにひと流しに時間がかかるようになりました。

時にはこんな反応も出るようになりましたが、

残念ながらその後の追加はなし。

ちなみに午前午後と数回のお触りがありました。

I君もぐっちゃんもバラシを1回づつ経験しています。

あ、I君は推定2メートルのサメ(「マグロだってば!」by I君)もかけましたね。

海況の割には頑張った方だと思いますが、

やはり長時間労働が釣果のポイントでしょう(笑)

途中1時間半ほど休憩したものの、

AM4:30に出航して、PM3:50沖上りですから、

実釣時間約10時間、合計11時間20分の釣りでした。

そのほとんどを2人かもしくは1人(理由はわかりますよね)が

必ずジグをしゃくり続けたわけです。

 

10時間を過ぎるとハンディGPSが電池切れになります。

この日もログはありません。

最高速は35km/hくらい、

休憩時に30kmくらいの航行距離でしたから、

40km強は航行したのではないかと思います。

ガソリンの消費は15リットルくらいでしたね。

 

ボートをトレーラーに乗せるときに、

ぐっちゃんが操船してトレーラーに近寄り、

I君がトレーラー側でウインチストラップとボートを接続します。

そう、爆睡野郎I君はこのためだけ?に外房に来ているのです。

 

ヒラマサは1本だけ持ち帰り。

このヒラマサ、今シーズンイチの美味さでした。

 

NEOカワノさんからスルメイカをいただきました。

イカは奥さんの好物なので感謝感謝です。

この日はイカ組はけっこうな釣果があったようです。

ジギング組はおそらくGucchan号以外は大苦戦だったかと…。

2人で5本あげておいて「渋い」とは言いづらいですが、

よほどポイントを熟知していないと、この日は釣果にありつけなかったと思います。

それ以上に運がよかったんでしょうね。

来週、再来週とあと2回出航チャンスがありますが、

だんだん厳しくなっていくでしょうね。

今春はまだ大物を上げていないので、なんとかサイズアップを目指したいです。

難しいかなー。

次回も爆釣野郎は期待を外さないと思います!

 

それではまた おやすみなさい

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3人乗船数打ちゃ当たる作戦!... | トップ | GARMIN eTrex 30x買ってみま... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sai)
2017-06-13 11:04:47
釣行お疲れ様でした。
動画を見てムラムラしてます(笑)、ぐっちゃんだけ釣れてるという事は、やっぱり何か違うんでしょうね?
ジグの種類、大きさ、ポイントかな?一番は経験値かな?
Unknown (ステキチ)
2017-06-13 11:09:10
先日の釣行お疲れ様でした。

あの厳しい中アッパレとしかいいようがありませんね。
交通事故とおっしゃりますが立派な当たり屋です。
当たり屋で生活できますよ(笑)

ぐっちゃんが釣るもんだから全敗中の自分は後に引けないかんじですよ。
残りわずかですがやる気を絞り出して行きます!
saiさんへ (ぐっちゃん)
2017-06-13 12:11:36
saiさん、コメントありがとうございます。
ノウハウはちょこっとだけありますが、決定的な差はジグをしゃくっていた時間でしょうね。
アタリが無くても、いつか時合が来ると信じてしゃくり続けることができるかどうかだと思います。
ジグの種類や大きさは好みでいいと思うのですが、しゃくり方とポイントとタナに関しては、いつも同じでなくいろいろと試されるのが良いかと…。
毎度同じことを言っていますが、一番のノウハウは「釣れるまでやめない」です(笑)
ステキチさんへ (ぐっちゃん)
2017-06-13 12:16:42
ステキチさん、コメントありがとうございます。
しかしステキチさん、ジギングに運がないですね。なんだか実力差ではないような負の要素を感じてしまいます。
僕らが釣らないと、外房ヒラマサの情報が発信できないと思って必死でやってるんですよ。全員釣れないと釣れなかった人には慰めになりますが、誰か釣っていれば再チャレンジの投資が湧くというものですよね。
僕からしたら泳がせやタイラバの方がずっと難しいように思います。結局はどれだけ信じて続けられるかだけなのかもしれませんね。
まだチャンスはあります。全敗回避の一発を期待していますよん。
ダメな大人です(>_<) (爆睡野郎)
2017-06-13 12:21:41
毎回ヒラマサを釣らせていただき、感謝してます‼釣果はせんちょに依存しますからね。

今回も記事の主役にしていただき、ありがとうございます?

ぐっちゃん号でのお昼寝は本当に気持ちがいいんです!なので止められない(笑)
遊漁船では、殆ど昼寝しないんですが…

コイツなめた野郎だなとお叱りを受けそうです。皆さん優しいから口にしないだけで。
あと、昼寝ネタはマンネリ化してきて読者の皆さんも飽きてくる頃かと思いますので、違うネタ用意しますね(^^)d
Unknown (JBB280)
2017-06-13 12:29:07
すごすぎです。
しゃくり方真似たつもりでしたがやっぱ結果違うし、ライフジャケットは暴発するし。(トホホ)
今度二人羽織状態でしゃくり方教えて下さい!(笑)
でもまだまだ頑張ります。
ではでは。
🙋
爆睡野郎I君へ (ぐっちゃん)
2017-06-13 13:57:23
爆睡野郎I君、コメントありがとうございます。
これで釣れなきゃバカにもできるんですが、ちゃっかり釣ってますからねー、そこがまた憎たらしい(笑)
 
みんなI君を舐めた野郎なんて思ってないですよ。いいコンビだと思われているような気がします。爆睡ネタは新鮮味が無くなってしまいましたので次回から封印しましょう。
ここは一発、大物ゲットのマジネタで勝負したい、かな(爆)
JBB280さんへ (ぐっちゃん)
2017-06-13 14:00:18
JBB280さん、コメントありがとうございます。
しゃくり参考にしていただきましたか?それでも同じボートに乗っていなければ、細かいところまでわからないでしょうし、そもそもロッドの特性も違うと思うので難しいですよね。
ライフジャケットご愁傷様でした。ちゃんと作動することが分かってよかったかも(笑)
今の頑張りが将来の釣果につながるはずなので、くじけることなくしゃくり倒してくださいね。
Unknown (ビル・ジャック)
2017-06-13 17:47:00
お疲れ様でした♪

今回はイカ狙いだったので4,5回様子見でしゃくりましたが厳しい海でしたね。
そんな中でもしっかり結果を残すところは流石に情報発信源の主ですね(^^)

次回もイカ狙いの予定ですが沖に行けなければヒラマサ参戦します!
Unknown (ぐっちゃん)
2017-06-13 18:41:46
ビル・ジャックさんコメントありがとうございます。
実際にあの海で釣りをしていた人は、この日がかなり厳しい日だったことを実感されていると思います。
釣果情報だけだととても高活性に感じるかもと思い、さんざん渋いと連発しましたが、一緒に浮かんだビル・ジャックさんなら理解いただけるのではと思います。
次回もイカでお願いします。もちろん僕の分も獲って来てください。よっぽどジギングで心が折れなければ、我々はイカ場まで行かないでしょうからね~。よろしくお願いします!

コメントを投稿

NEO390 釣行記」カテゴリの最新記事